運営者 Bitlet 姉妹サービス
2103件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 犬山市議会 平成30年 9月定例会(第7日 9月14日) 対象は個人市民税で、滞納している法人、これは特別徴収義務者になりますが、この法人が倒産し、事実上再開が見込めないケースが3件、外国人が滞納したまま帰国して戻る見込みがないケースが3件となっております。  以上です。 ○議長(ビアンキ アンソニー君) 玉置議員。 ○1番(玉置幸哉君) 答弁ありがとうございます。 もっと読む
2018-09-13 大府市議会 平成30年第 3回定例会−09月13日-02号 企業などの障がい者雇用が進む中、虐待に対する意識の高まりを受けて通報が増加し、また、事業所の倒産により、賃金の未払いが多く発生したことも響いたとの見解を示しました。  そこで、お伺いいたします。  3点目、企業における障がい者に対する差別及びパワハラ等を防止するための対応をどのように捉えているか、当局の御見解をお聞かせください。  以上で、壇上からの質問を終わります。 もっと読む
2018-09-13 春日井市議会 平成30年  9月13日 文教経済委員会-09月13日−01号 人の確保ができないために倒産をするという事態も今後予想されるといわれておりますので、ぜひこうしたマッチングというものにも力を入れていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  続いて10款教育費に移りたいと思います。1項3目教育指導費8節報償費です。主要な施策の57ページでございます。 もっと読む
2018-09-06 尾張旭市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−02号 後から、何か起きてからやればいいわということで、もし、これ、企業でしたら、リスクヘッジができてなくて、下手したら倒産だよというような状況だと思います。そういうことも考えて、行政は、今、このときに、何にお金を使うとか、今、何をしなければいけないという、今、今、今ではなくて、今後、投資的見地、投資的要素から、今後を見詰めなければいけないと思います。 もっと読む
2018-08-30 岡崎市議会 平成30年  9月 定例会-08月30日−13号 ◎建築部長(中根康明) 所有者が不明、不在であるケースとして、所有者が亡くなっていて相続人もいない、相続人がいても全員が相続放棄の手続をしている、不動産登記簿に住所、氏名は記載されているが、戸籍がなく生存や所在が不明、倒産した法人が所有しているといった事例がございます。 もっと読む
2018-06-27 知立市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月27日 閉会日) 議案第46号 知立市国民健康保険税条例の一部を改正する条例では、特例対象被保険者などはどのようなものかとの問いに、倒産や解雇、雇止めなどにより離職した方、雇用保険の特定受給資格者及び特定理由離職者として求職者給付を受ける国民健康保険の被保険者のこととの答弁。  陳情第9号、第10号につきましては、自由討議なく、挙手少数で不採択とされました。主な討論は次のとおりです。   もっと読む
2018-06-25 蒲郡市議会 平成30年  6月 定例会-06月25日−04号 答 倒産や解雇など非自発的な理由により失業した者で、平成27年度に94件、28年度に81件、29年度に98件の申告がありました。  以上、質疑の後、討論を行い、起立採決の結果、第38号議案は、起立多数により、原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第39号議案、蒲郡市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について御報告申し上げます。 もっと読む
2018-06-20 蒲郡市議会 平成30年  6月 文教委員会-06月20日−01号 ◎川畑明義保険年金課長   特例対象被保険者でございますけれども、倒産や解雇、雇いどめといった、自分の責によらない非自発的な失業者を指します。  国民健康保険の加入者でこの対象になる方については、前年の給与所得を100分の30としてやっております。  以上です。 ○鈴木基夫委員長   大向正義委員。 もっと読む
2018-06-19 一宮市議会 平成30年  6月 経済教育委員会-06月19日−01号 まず、第1点は今回経常利益が赤字になったということになっておりますけれども、これの理由は倒産だということなんですけれども、どんな状況でこの事業所が倒産をしたかお伺いしたいと思っています。 ◎農業振興課長(大野猛君) 今回の卸売市場のほうからの収支報告といたしましては、赤字というふうに報告を受けております。その中で主な原因といたしましては、平成26年に卸売業者が破産をしたということでございます。 もっと読む
2018-06-19 長久手市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月19日) ○16番(伊藤祐司君) 代執行ということでやるということで、市の税金を使ってやるということは、それはそれでやっていただければいいんですが、業者が途中で倒産したり、何らかの形で逃げていく、表現が悪いんですが、この現場の行為を中断してしまうようなことがあると思うんです。 もっと読む
2018-06-18 一宮市議会 平成30年  6月 福祉健康委員会-06月18日−01号 国保税の課税の特例、つまり、倒産や解雇、雇い止めなどによって離職された方に係る軽減の申告において、マイナンバーにより雇用保険の受給資格情報がオンライン上で把握できれば、雇用保険受給資格 証明書の提示が不要になるものでございます。ただし、受給資格情報が把握できない場合は、従来どおり雇用保険受給資格証明書を提示していただくことになります。   もっと読む
2018-06-18 知立市議会 平成30年市民福祉委員会( 6月18日) ○国保医療課長   特例対象被保険者というのは、倒産や解雇、または雇い止め等により離職された方、雇用保険の特定受給資格者、特定理由離職者として求職者給付を受ける国民健康保険の被保険者のことを指します。 ○佐藤委員   雇用上ハンデを負った方たちに対して、従来求めていた証明書類は必要ありませんということですね。 もっと読む
2018-06-15 尾張旭市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月15日−02号 それから、出店者の方に対しても、そこで大事なアンケートがとれたりとか、それからいろんなテストができるものですから、今後、起業するときに、起業して5年、10年で会社が倒産したりお店屋さんがなくなっちゃったりするというのはかなり、たしか10年で起業して4%しか会社って残らないんです。20年だと0.4%と言われているぐらいですから、かなり厳しい数字だと思うんです。 もっと読む
2018-06-14 豊橋市議会 平成30年  6月 福祉教育委員会-06月14日−01号 本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、通称番号法に基づくマイナンバーの情報連携に伴い、条例で定める申告の必要書類を整理するもので、具体的には、企業の倒産、事業の縮小など、みずからの責に帰さない非自発的な要因により職を失い国民健康保険に加入することとなった、特例対象被保険者等の国民健康保険税減額のための申告時に義務づけております、雇用保険受給資格者証等の提示を原則不要 もっと読む
2018-06-14 稲沢市議会 平成30年第 3回 6月定例会-06月14日-02号 それから、もう一つの働き方改革として、先日テレビ報道で、就労支援A型事業所で補助金を給料ではなく、事業運営に使うよう指導があったところ、安易な事業で補助金の一部を給与に充てていた事業所の運営が立ち行かなくなり倒産、多数の障害者を解雇、給料も未払いのままで経営者が雲隠れするという報道がありました。 もっと読む
2018-06-04 岩倉市議会 平成30年第2回定例会(第 1号 6月 4日) 3点目は、倒産や解雇など、事業主の都合による離職や雇いどめなどにより離職された非自発的失業者が国民健康保険税の軽減を申請する際に、個人番号の情報連携により把握することができれば、雇用保険受給資格者証の提示を不要とするよう改めるものでございます。  附則としまして、施行期日として、この条例は公布の日から施行し、30年4月1日から適用するということ。改正後の適用区分についても定めております。   もっと読む
2018-05-15 日進市議会 平成30年  5月 臨時会(第1回)-05月15日−01号 ◎(川本健康福祉部次長兼地域福祉課長) 65歳未満で、解雇や倒産など、会社の都合により職を失った方が国保に加入される場合、保険税が軽減される制度を利用する際の申告になります。 ○議長(小野田利信) 山田議員。 ◆2番(山田久美) これは、一旦通常の金額で計算をして納めた場合ですよね。その後、例えば申請するのを忘れていた、後から提出した場合でも、この金額というのは安くなるのでしょうか。 もっと読む
2018-03-23 豊田市議会 平成30年 3月定例会(第6号 3月23日) 今回14園もの保育所等の給食を調理していた民間調理会社の倒産という事態となっても保育所給食のあり方そのものの検討がされていない点は問題であります。  加えて、これまでも給食センターのPFI方式に対しては、福祉や教育部門などに採算性や利益を追求するため、その事業自体がゆがんでいく危険性を指摘してまいりましたが、これらの点から本議案には反対すべきであります。   もっと読む
2018-03-23 知立市議会 平成30年 3月定例会(第7日 3月23日 閉会日) 第6期では5%を超える大幅な引き下げとなり、介護事業所の倒産が全国的にも起こったわけであります。今回の引き上げは、こうした事業所の窮状を打開するには不十分な介護報酬引き上げの内容であります。しかしながら、報酬単価引き上げは給付費と連動し、保険料を押し上げるものであります。事業所、被保険者の相反するこの問題を解決するには、国の定率負担を引き上げるしかないではありませんか。 もっと読む
2018-03-19 尾張旭市議会 平成30年  3月 総務委員会-03月19日−01号 私が社会人になる前なんかは銀行が倒産するということもなかったんです。ですから、時代が変わってくると、今の常識が将来の常識でないことになると思いますので、行政としても何らか手を打って、お金を使ってでも、例えば1億使って5億入ってくるというようなことも今後考えていかないといけない時代になってきているんじゃないかなと思います。 もっと読む