10899件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東海市議会 2019-12-17 令和元年12月定例会 (第5日12月17日)

2の専決処分の概要でございますが、相手方の右サイドミラー修理費8万5,724円を大府市在住の個人に賠償するものでございます。  事故の概要でございますが、令和元年9月11日午後3時30分ごろ、加木屋町北鹿持地内で発生した救急事案の現場に到着した際、職員が下車しようと救急助手席ドアを開けたところ、左後方から直進してきた普通乗用車のサイドミラーと接触させたものでございます。  

東海市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会 (第3日12月 5日)

PHRとは、パーソナル・ヘルス・レコードの略であり、個人健康診断結果、服薬履歴、日常生活情報などの健康医療情報を電子化して正確に把握・活用するための仕組みです。具体的には、個人の活用による健康に対する意識の醸成、また、医療関係者の活用による医療の質の向上、そして、研究での二次利用による保健医療の進歩に向けて保健医療情報を活用していきます。

東海市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第2日12月 4日)

最近は、宅配業者や金融機関を装ってショートメールを無作為に送り、添付のURLにより偽サイトに誘導し、ログインや登録などの名目で個人情報を入力してしまうと、スマートフォン等に不正アプリがインストールされ、パスワードやクレジットカード情報が盗まれてしまうというフィッシング詐欺等も増えております。  

東海市議会 2019-12-03 令和元年12月定例会 (第1日12月 3日)

第9款第1項1目地方特例交付金1,133万3,000円の追加は、減収補てん特例交付金(個人住民税分)で、住宅借入金等特別控除適用者数の増等によるもの。  12ページをお願いします。  第15款県支出金、第2項4目商工費県補助金500万円の追加は、元気な愛知の市町村づくり補助金で、ひかりの観光資源創出事業が新たに補助採択されたことによる新規計上。  

小牧市議会 2019-11-25 令和 元年11月25日議会運営委員会−11月25日-01号

国民健康保険システム修正委託料は、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるオンライン資格確認が導入され、世帯別の管理から個人単位の管理に対応するなどのため、システム改修をするものであります。  返還金は、平成30年度の精算に基づく愛知県国民健康保険特定健康診査特定保健指導事業費負担金の返還金であります。  17ページをお願いします。次に、債務負担行為の補正であります。  

小牧市議会 2019-10-30 令和 元年10月30日議会改革委員会−10月30日-01号

そうすると、個人的にはUSBが挿せるタブレットのほうが、皆さん絶対楽だと思いますし、タブレットは現在リースなので、これが例えば、議会で購入したもので、また新しいタブレットを購入するとなるとお金がかかるからもったいないという感覚があると思うんですけど、基本リースですので、皆さんが使いやすいものに変更していくということも考えていかないといかんのかなと。  

小牧市議会 2019-10-21 令和 元年10月21日委員長会−10月21日-01号

委員個人から要求される資料の取り扱いについて、これも局長より説明をいただきます。 ◎事務局長   資料要求についてでありますが、そちらも皆さん既に御存じのとおりでありますが、委員個人から直接理事者に要求はできないということとなっております。これは、委員会の開会・閉会中にかかわらず、議員個人的に担当課へ資料提供をお願いできないということであります。

小牧市議会 2019-10-16 令和 元年第 3回臨時会-10月16日-02号

個人的な交友関係を公表するつもりはないし、法に触れる行為もしていない」。今年2月、3期目の当選を受けて、「誠実に、懸命に、責任を果たしてまいります」とホームページで綴った山下市長。小牧市民の目に、これが“誠実に責任を果たす”姿と映るのだろうか。  こういう内容の記事でした。そこで、お尋ねをいたします。  ア、この記事は事実なのか、事実経過の説明を求めます。  

東海市議会 2019-10-08 令和元年 9月定例会 (第6日10月 8日)

4点目は、マイナンバー制度における個人番号カード交付事業と証明書コンビニエンスストア交付事業について、これらの事業は利便性が感じられず、個人情報の漏えいも懸念されることなどから、中止及び廃止を求めるべきである。以上の理由から、不認定討論とする。  認定討論。少子・高齢化が進行し、人口減少社会におけるさまざまな行政課題への長期的な取り組みが必要な中、経済の先行きは引き続き不透明な状況が続いている。

扶桑町議会 2019-09-26 令和元年第5回定例会(第7日 9月26日)

最初に、住民課より個人番号カード交付事業費補助金の中で、マイナンバーカードの取得状況について、資料の説明がありました。その後、当常任委員会に付託されました議案等の審査に入りました。  最初に、議案第42号 令和元年度扶桑一般会計補正予算(第4号)(所管部分)を議題とし、補足説明はなく、質疑を行いました。  主な質疑は次のとおりです。  

岩倉市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第 7号 9月26日)

このルールというのは、不文律でありますけれども、私は私個人議員の矜持上、このわがままをお許しいただきたいというふうに思います。  以上、報告を終わります。 ○議長(梅村 均君) 報告が終わりました。  これより質疑を許します。                   〔挙手する者なし〕 ○議長(梅村 均君) これをもって質疑を終結します。  次に、討論を許します。  14番木村冬樹議員

東郷町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-09-26

私は3月の時点の附帯決議のときには、ちょっといませんでしたので、そのところの議論の会話を引用されているということであればまた話が違ってきますし、私がそのときを知らない質疑と答弁をしている中でありますので、これが絶対ですよということではなくて、私個人としての質疑と答弁を聞いている中での、あれっと、何かなという印象でありますので、傍聴されていたと思いますが、そんなに大きくずれているとかそういうものではなくて

みよし市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号 9月26日)

本市の歳入は、個人市民税、法人税は順調に増額となっています。そこで、歳出について指摘していきたいと思います。  まず1点目、公共交通推進事業です。利用者の拡大が進んでいません。地域交通会議ではニーズの調査や住民懇談会など開かれていて、課題を整理しているとのことです。しかし、弱者と言われている障がい者や高齢者に対して支援が少ない状況であることを指摘しておきたいと思います。  

犬山市議会 2019-09-19 令和元年建設経済委員会( 9月19日)

せっかくの補助制度でございますが、市全体から見ると、効果の部分で廃止を求めて見直しの時期にあるのかなと、個人的には感じておりますが、継続できるよう期待を込めまして、現在、市民に対してどんな手段で周知を行っているのか。また、今後、何か新しい周知方法を考えてみえれば、合わせてお示しをいただきたいと思います。 ○委員長(水野正光君) 髙木環境課長

犬山市議会 2019-09-19 令和元年民生文教委員会( 9月19日)

ちょっとその用途については、今各地区、かなりバラエティーに富んでいるということで、私のほうでは把握しているんですけれども、民生委員の任期が3年で1期ということになっておりまして、最後、交代時に余った金額を繰り越している地区と、ある程度ちょっと個人のほうに分配しているという地区があるということを聞き及んでいます。 ○委員長(吉田鋭夫君) 三浦委員。

犬山市議会 2019-09-19 令和元年総務委員会( 9月19日)

○委員(畑 竜介君) 見て本当にきれいになってきているなというところがあるんですけれども、私個人的な意見としては、まだ整備するところもたくさん残っていると思うんですけども、同じように今後も継続的に竹林の整備を行っていくんでしょうか。 ○委員長(岡村千里君) 答弁を求めます。  井出企画広報課長。 ○企画広報課長(井出修平君) 質疑にお答えいたします。  

みよし市議会 2019-09-19 令和元年予算決算委員会( 9月19日)

次に、狂犬病予防接種事業で、予防注射実施数の数値は市が実施している注射のみか、動物病院個人で持ち込まれている数値は含んでいるか、また、予防接種をしていない人への対応はとの問いに、動物病院個人で持ち込まれている数値も含んでいます。予防接種をしていない人へは、本年度から予防接種の案内を再度送る予定ですとの答弁でした。  

東海市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第5日 9月18日)

2点目として、マイナンバー制度における個人番号カード交付事業についてです。  マイナンバーカードの交付枚数率は、全国で13.5%と横ばい状況です。東海市の交付率は14.9%で、市民はカードの必要性・利便性がない、個人情報漏えいなどの不安があり、カードをつくらないと考えられます。医療機関でマイナンバーカードを用いたオンライン資格確認が盛り込まれた医療保険関連法が成立しています。