運営者 Bitlet 姉妹サービス
551件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-15 知立市議会 平成31年全員協議会( 2月15日) 改正の内容といたしましては、まず貸し付けを受ける者の任意により保証を立てることができることとするとともに、保証の保証債務の範囲を指定するものであります。  次に、貸し付けに係る利率について、従来の3%の固定利率であったものを、保証を立てる場合には無利子とし、保証を立てない場合には3%とするものであります。 もっと読む
2018-09-26 春日井市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月26日−04号 例えば,高齢者の人が古いアパートから立ち退きを迫られても,次のアパートに入る保証がいないと,こういったことで困るケース。また,身寄りのない高齢者などが介護施設に入所したり,病院で入院したりする際など,身元保証を求められて困るというケースもございます。このような高齢者を支える身元保証サービスを社会福祉協議会で行うことについての質問であります。   もっと読む
2018-09-07 尾張旭市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月07日−03号 税の保証や連帯責任について。  税には保証も連帯責任もない。したがって夫名義の滞納で、妻の財産が差し押さえられることはありません。しかし、相談窓口では妻に相談することが要求されることがあります。仮に夫婦間で話し合い、妻の協力が得られることがあるにしても、言い方によっては人権侵害となり、相談者を傷つけることになります。この場合、どのように対応すべきと考えているのでしょうか。お答えください。 もっと読む
2018-06-15 みよし市議会 平成30年経済建設委員会( 6月15日) ○(日置孝彦副委員長) 契約不履行なんかの保証なんかもついとるわけですか。 ○(渡邊郁夫委員長) 道路河川課長。 ○(加藤道路河川課長) 契約保証金ということで、うちのほう、納付していただくことになりますので、そちらのほうからいただくことになるかと思います。 ○(渡邊郁夫委員長) 日置委員。 ○(日置孝彦副委員長) さっきの10分の1という金額。それと違う。 もっと読む
2018-06-15 長久手市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月15日) 相手方が支払いを怠った際の担保、保証はどのようかとの問いに対し、ともにないとの答弁でした。  返済期間中に債務者が死亡した場合はどうなるのかとの問いに対し、一般的には、債務は相続人が引き継ぐことになるとの答弁でした。  その他、質疑、意見もなく、議案第53号訴訟上の和解については、採決の結果、賛成全員で原案のとおり可決することに決しました。  以上で、くらし建設委員会の報告を終わります。 もっと読む
2018-06-01 豊明市議会 平成30年6月定例月議会(第4号) 本文 次の、無料低額宿泊施設を確保できるよう取り組んではいかがでしょうかっていうことですが、無料低額宿泊施設は、生活困窮のために無料または低額で宿泊できる施設で、その多くは保証がなくても受け入れ、敷金、礼金もなく、相談があったその日から入居可能で、低額な料金で食事も提供されます。本市では、被保護者の住居がすぐに見つからない場合は、緊急的な措置として無料低額宿泊施設への入居を行っております。 もっと読む
2018-05-15 半田市議会 平成30年  5月 臨時会(第2回)-05月15日−01号 利用条件に、保証を求めないことや担保物件の評価額の制限がないことが特徴的で、利用者が多く、長く続いている要因となっていました。  自宅不動産を生かして自宅で日常生活を送れることは、在宅福祉だけでなく、生活保護に陥る抑制にもつながると考えていました。また、不動産寄附の基金を設置しており、貸し倒れや不良債権化するリスク管理ができていました。 もっと読む
2018-03-23 半田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月23日−07号 とに対し、連帯保証を1名にするなど入居要件を緩和することで、入居率を高める狙いがあります。とのことでした。  その後、討論を省略し、採決した結果、委員全員をもって原案のとおり可と認めることに決定しました。   もっと読む
2018-03-15 尾張旭市議会 平成30年  3月 福祉文教委員会-03月15日−01号 ◆委員(大島もえ) 例えば、住居を借りかえるときとか、要するに引っ越しのときとか、もしくは新しく住居を借りるときとかというのは、保証とかの問題が、支払い能力のほかに保証がいないと借りられないとかという課題もあるかと思うんですけれども、そういうこともここでは対応してくださるのか、どうしてこのケースは住みかえられたりとかはあったのかなと。 ○委員長(芦原美佳子) 答弁を。  福祉課長。 もっと読む
2018-03-14 半田市議会 平成30年  3月 建設産業委員会(予算審査)-03月14日−02号 入居条件の緩和ということで、具体的に連帯保証が2名から1名ということで、緩和することによって入居率がふえるというメリットと、当然反するリスク等もあると思うんですけど、高まるということもあると思うんですけど、今まで2名だったから取りっぱぐれもなかったよみたいな話なのか、1名になってもリスクはそんなに想定できないんだよ、ありませんよという、心配はないのかというその点だけお願いします。 もっと読む
2018-03-14 知立市議会 平成30年市民福祉委員会( 3月14日) ○福祉課長   住宅入居等支援事業は、基本的に賃貸住宅、一般のアパートにお一人で暮らされるということを前提とした事業になっておりますので、例えば長期入院さえている方、福祉施設におられる方がアパートに入居するに当たって、入居の手続だとか、保証だったり、そういったことをもろもろ支援する事業になっておりますが、現実的に今、知立市で相談員等に聞いても、そこを目標として支援すべき人というのが見当たらないというのが もっと読む
2018-03-01 豊川市議会 平成30年 第1回定例会(3月)-03月01日−04号 借りる人は、連帯保証、父か母のどちらかをつけて、そして保証、4親等以内を立てるか、保証機関に保証料を払うかを選びます。保証料は、奨学金から差し引かれます。2016年の末現在で、410万人が返還しております。 もっと読む
2018-02-27 半田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月27日−02号 本案は、市営住宅において、公募状況をより迅速に周知するための公募の方法の追加、入居率の向上を図るための連帯保証に関する入居要件の緩和、公営住宅法の改正に伴う家賃決定に係る認知症患者等の収入申告義務の緩和、廃止する住宅の部分削除のほか、関係法令の改正による該当条文の条項ずれ等に伴う一部改正を行いたいとするものであります。  条文について御説明申し上げます。   もっと読む
2017-12-12 岩倉市議会 平成29年第4回定例会(第 3号12月12日) ひとり暮らしのために、手術、入院時の保証になった人に病院からその医療費、手術、入院費の請求が来るわけですが、分割で払う相談を今していますというふうに答えていました。 もっと読む
2017-12-07 知立市議会 平成29年12月定例会(第3日12月 7日 一般質問) 私が視察で訪れさせていただきました川崎市では、高齢者がそういった民間賃貸住宅を借りる際、家賃の支払い能力があるにもかかわらず保証が見つからない場合において、川崎市の指定する保証会社を利用し、あわせて市の施策により居住を支援し、家賃の支払いや入居後の病気、事故などの家主が抱く不安を軽減いたしまして、入居機会の確保と安定した居住継続を支援する制度をつくっております。 もっと読む
2017-12-06 尾張旭市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月06日−03号 こういった場合について、もし賃貸契約の保証について相談があった場合などにおきましては、身元保証を行っているNPO法人を紹介するなどの対応を行っています。  公的機関だけでは対応できないケースもあることから、さまざまな民間のサービスを活用することも必要と考えています。今後も、調査研究を進めてまいりたいと考えています。  以上です。 ○議長(片渕卓三) 再質問があれば受けます。  大島もえ議員。 もっと読む
2017-12-06 豊川市議会 平成29年 第4回定例会(12月)-12月06日−02号 その際には、連帯保証が2名必要となります。家賃3カ月分の敷金を納付していただいた後、入居指定日から1カ月以内に申し込み家族全員に入居していただき、転居手続後の入居状況を確認しております。  以上でございます。 ○山本和美議長 平松八郎議員。 ◆平松八郎議員 市営住宅における入居資格、入居者の選考方法はわかりました。   もっと読む
2017-12-06 長久手市議会 平成29年第4回定例会(第4号12月 6日) そういったケースで、割と管理会社、仲介業者でブロックしてしまうパターンが多いんですけれども、最近は高齢者住宅財団による取り組みですと、月額の何%とかで保証を代行して高齢者を入居させていたりだとか、またどうしても空室を埋めたいんだとか、仲介したいという不動産業者は余り懐を確認せずに入居させてしまうというパターンがふえてきております。 もっと読む
2017-12-04 豊田市議会 平成29年12月定例会(第2号12月 4日) 例えば、債権発生時に源泉徴収票などによる所得確認、返済不履行時の財産調査同意書、保証などの人的担保の確保などの債権確保の措置を義務づける等の措置が必要であると考えております。  そのため、これまで以上に債権管理課が債権を所管する各課と連携し、全庁一体となって債権の適正管理に取り組むことが重要であると考えております。  以上です。 ○議長(三江弘海) 岩田議員。 もっと読む
2017-12-04 安城市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月04日−02号 この制度は、連帯保証を確保できないために入居を拒否される高齢者や障害者などの皆さんを支援するものです。  市指定の保証協会が家賃の滞納や死亡時の退去などにかかる金銭的な保証し、利用者は月額家賃に共益費を加えた額の35%を2年分の保険料として保証会社に支払う形です。 もっと読む