571件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東郷町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-06-24

主な質疑として、委員より、今まで保証を立てる、立てなくてもいい場合などいろいろあったかと思う。どのように変わるのか。答弁として、これまで保証を立てることが法律で必須であったが、東日本大震災のときに、特例で保証がいない場合でも災害援護資金の貸し付けが認められた経緯がある。今回の法律改正により、保証を立てることが必須ではなくなった。

東郷町議会 2019-05-31 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-05-31

改正の理由は、第14条関係で、災害援護資金の貸付利率について、保証を立てる場合は無利子とし、保証を立てない場合は据え置き期間中は無利子とし、据え置き期間経過後は延滞の場合を除き年1%とすること、第15条第1項関係で、災害援護資金の償還方法に月賦償還を加えること、その他所要の規定を整備することでございます。  

東海市議会 2019-03-28 平成31年 3月定例会 (第5日 3月28日)

災害援護資金の貸付の際に、これまでは保証の設定が必須であったとのことだが、法令等で規定されていたのか。また、災害援護資金の貸付対象者の状況はどのようか。  社会福祉課長答弁。災害弔慰金の支給等に関する法律施行令第8条に規定されていたが、今回削除となったものである。また、現在、災害援護資金は2人に対し継続して貸付をしている状況である。  議案第10号、「東海市手数料条例の一部改正について」。  

小牧市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-06号

去る3月13日午前10時より委員会室において、委員全員と健康福祉部長、消防長以下関係説明員出席により慎重に審査の結果、議案第5号については、提案説明の後、災害援護資金の利率の算定根拠はとの質疑があり、これに対し、東日本大震災の特例の創設時に参考とした資力に乏しいものに対する貸し付け制度の中から最も利率の低い母子寡婦福祉資金における貸付利率と同様に、保証を立てる場合は無利子とし、保証を立てない場合

岩倉市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第 8号 3月22日)

答えとして、東日本の大震災が起こったときに3%で、そのときに保証がなければ貸し付けができなかったということがあり、東日本大震災の特例が創設されました。その中で災害援護資金と同様に資力の乏しい者に対する公的貸付制度である生活福祉資金や、母子・寡婦福祉資金の保証なしの場合の利率を参考にしておりますということで、年率が1%という形にしておりますという答え。  

豊田市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第6号 3月19日)

本条例改正により、連帯保証の緩和や犬猫などペット飼育の禁止、住戸内への立入検査の明文化など、管理運営上の見直しを図るほか、真に住宅に困窮している方へ的確に住宅を供給する制度として、定期的に契約を更新し、入居要件を満たさない方には、住替えを促す入居期間制度の導入を図る内容を評価いたします。  今後、真に住宅に困窮している方への入居機会の拡大や入居の公平性確保につながること。

扶桑町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第6日 3月14日)

○15番(小林 明君) 単純な質問かもしれないですけれども、これまでは、この保証については必要なかったということなんですか。 ○議長(市橋茂機君) 千田健康福祉部長。 ○健康福祉部長(千田茂樹君) これまでは保証が必ず必要だったということでございます。    〔挙手する者あり〕 ○議長(市橋茂機君) 小林さん。

小牧市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日福祉厚生委員会−03月13日-01号

1といたしまして、災害援護資金は、据置期間中は無利子とし、据置期間経過後は、延滞の場合を除き、その利率を現行年3%であるものを年1%、ただし、保証を立てる場合は、年零%とするものであります。  2といたしまして、災害援護資金は、現行年賦償還または半年賦償還であるものを、年賦償還、半年賦償還、または月賦償還とするものであります。  3といたしまして、その他所要の規定の整備を行うものであります。  

碧南市議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年福祉健康委員会 本文

75 ◆委員(磯貝明彦) これ、弔慰金の支給ということでの条例なんですけれども、今回改正でしていくということで、改正の概要の2番で、保証を立てる場合と立てない場合というふうに区分してあるわけなんですけれども、非常にこういった差別というか、そういうような形もするというふうには考えられるんですけど、これ、災害に遭われた方が対象なんですよね。

稲沢市議会 2019-03-04 平成31年第 1回 3月定例会-03月04日-01号

次に、議案第3号稲沢市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、災害弔慰金の支給等に関する法律及び災害弔慰金の支給等に関する法律施行令の一部改正により、災害援護資金の貸付利率の引き下げ、償還方法の拡充、保証の要件緩和等がされることに伴い、利率等を改めるものでございます。  

東海市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会 (第1日 3月 1日)

提案理由といたしましては、災害援護資金の貸付について、利率の引き下げ等をし、及び災害弔慰金の支給等に関する法律施行令の一部改正に伴い、保証に関する規定の整備等をするため改正するものでございます。  改正の内容につきましては、3枚目の別添参考資料の新旧対照表により御説明申し上げます。  第15条は、災害援護資金の貸付利率の引き下げ等を行うもので、年3%から年1%に改めるものでございます。  

豊田市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第5号 2月28日)

このため、連帯保証の緩和や犬猫等ペット飼育の禁止、住戸内への立入検査の明文化など管理運営上の見直しを図るほか、真に住宅に困窮している方へ的確に住宅を供給する制度として、定期的に契約を更新し、入居要件を満たさない方には住替えを促す入居期間制度の導入を図るものであります。  

大府市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-01号

内容につきましては、災害援護資金の貸付利率を現行の年3パーセントから引き下げ、無利子とするとともに、保証及び月賦償還に係る規定を追加するものでございます。  施行期日につきましては、平成31年4月1日とするものでございます。  次に、議案第11号「大府市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」でございます。  

知立市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第2日 2月27日 一般質問)

知立団地は保証が要らないということで住みやすい、仕事も周りに派遣等であるから皆さんが来るという大きな課題があります。国の国策とも言える中での大きな流れの中で、知立市に外国の方が来るということは、知立市が、ある意味では先進的なモデルになっているというのも言えるのではないかなと思います。  そこで、全国には外国人集住都市会議というものがあります。豊橋市でも先般行われたと聞いております。

長久手市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第5号 2月26日)

あの時代に区画整理なんて、自分の財産を3分の1出して、しかも役所がやらずに住民が自分を全部いわゆる借金の保証になってね、保証ですよ、全額の。しかも土地を売ったこともなければ米を売ったこともないのに、保留地を売るとか、その言葉も多分わからなかった。そんな中で猪子石、一社始まったんですよね。それを見とって、このまちは一体どうしたらいいのか、1億では食っていけんわけですよ。

知立市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第1日 2月25日 開会日)

改正の内容といたしましては、まず貸し付けを受ける者の任意により保証を立てることができることとするとともに、保証の保証債務の範囲を規定するものであります。  次に、貸し付けに係る利率について、従来の3%の固定利率であったものを、保証を立てる場合には無利子とし、保証を立てない場合には3%とするものであります。

豊田市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会(第1号 2月22日)

市が政策判断に基づいて自然災害の被災者の返済負担を軽減し、被災者支援の充実強化を促進するため、災害援護資金の貸し付け時における保証の設定、貸付利率等の変更、償還方法の追加、その他所要の改正を記載のとおり行うものでございます。  続きまして、22ページをごらんください。  議案第8号豊田市医療費助成条例の一部を改正する条例でございます。  

岩倉市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第 1号 2月22日)

また、今後見込まれます災害弔慰金の支給等に関する法律施行令の一部改正に基づき、災害援護資金の貸し付けを受けようとする場合の保証制度を設けるなどの所要の改正を行うものでございます。  それでは、改正条文に従いまして説明をさせていただきます。  まず、第13条第2項中「厚生大臣」を「内閣総理大臣」に改めるものであります。  

碧南市議会 2019-02-19 2019-02-19 平成31年第1回定例会(第1日)  本文

2、改正の概要でございますが、(1)災害援護資金の保証の規定(第11条関係)。  ア、災害援護資金の貸し付けを受けようとする者は、保証を立てることができることとする。  イ、保証は、災害援護資金の貸し付けを受けた者と連携して債務を負担するものとし、その保証債務は、違約金を包含するものとする。  (2)災害援護資金の利率の規定(第11条関係)。  

知立市議会 2019-02-15 平成31年全員協議会( 2月15日)

改正の内容といたしましては、まず貸し付けを受ける者の任意により保証を立てることができることとするとともに、保証の保証債務の範囲を指定するものであります。  次に、貸し付けに係る利率について、従来の3%の固定利率であったものを、保証を立てる場合には無利子とし、保証を立てない場合には3%とするものであります。