121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊田市議会 2018-09-14 平成30年教育社会委員会( 9月14日)

特に、農地だとか保安がないのかどうか、そのあたりも含めてご説明ください。 ○委員長(桜井秀樹) 村中課長スポーツ課長(村中正史) 30筆の内訳は、山林が24筆、宅地が4筆、雑種地、ため池が1筆ずつです。農地については7月の仮契約時点では登記地目上では畑が含まれておりましたが、8月に登記地目を山林に変更しており、現況は山林となっているため、現在、農地は含まれておりません。  

春日井市議会 2017-06-05 平成29年  6月 5日 総務委員協議会-06月05日−01号

昨年は保安の指定があったので減ったということでございましたけれども、今回もまた同じような理由によるものか、お伺いしたいと思います。 ◎(青山資産税課長) 評価総地積の減少につきましては、地方税法の規定により、非課税となる建物が完成し、事業を開始したことで、その敷地が非課税となったことが主な要因でございます。

田原市議会 2017-05-25 平成29年  5月 文教厚生委員会-05月25日−01号

その理由といたしましては、西側につきましては保安が指定されております。保安解除するのは1年以上かかってまいりますので、そういったことを考えていきますと、予定の年度には完了を図れないという理由がございまして、若干購入しようとする面積を削減して保安にかからない状態での敷地計画を今後調整していきたいと思っております。  

田原市議会 2017-03-13 平成29年  3月 予算決算委員会-03月13日−02号

その予算の範囲内で、特に西ノ浜の地域保安帯で県の補助金をいただきながら事業を実施しているところであります。ただし、それだけでは面積的に足りないものですから、足りない部分を市単独費という形でつけて、行っている状況でございます。 ○予算決算委員長(太田由紀夫) 荒木 茂委員。

瀬戸市議会 2017-03-09 平成29年 3月定例会-03月09日−05号

⑬ 本事業に関係する保安解除条件があったが、どうなっているのか伺う。     ⑭ 本移転事業を実施する理由は、愛陶工、珪砂組合が、良質の鉱物資源が埋設され採取するためですが、当該土地採取後、埋戻しのため現状の回復が求められますが、期限はどのように決められているのか伺う。 4. 7番 西本  潤(330~336)   1. 

西尾市議会 2016-09-14 2016-09-14 平成27年度決算特別委員会(第2日目) 本文

172 ◯一色支所長(稲吉則保) 成果説明書54ページ、16目一色支所費の関係でございますが、若者たちが利活用するときの障壁があるかということでございますが、まず先ほど申しましたように建物が一色支所よりも古いと、昭和41年に新築されておりますので、それをどのように使うかということと、あと佐久島ということで保安もありますし、三河湾の国定公園の中にもございますことから

春日井市議会 2016-06-08 平成28年  6月 8日 総務委員協議会-06月08日−01号

◎(青山資産税課長) 評価総地積の減少の要因といたしましては、内津町内の山林で非課税となる保安として農林水産省に指定されたものが5万5,790平方メートル、その他庄名土地区画整理、地積更生、非課税などによるものでございます。 ◆(伊藤建治委員) 区画整理とかで縄伸び分が修正されて減るということはありうると思っていたんですけど、保安指定というのはちょっと、僕初めて聞いたものですから。

田原市議会 2016-03-15 平成28年  3月 予算決算委員会-03月15日−03号

林道は大体周りが森林に囲まれているということで、保安帯のところが結構ございますので、地域からその林道整備等の要望がありましたら、その都度、保安帯の整備も含めて一体的に整備を図ってまいりたいと現在は考えております。 ○予算決算委員長(赤尾昌昭) 次に、森下田嘉治委員。 ◆森下田嘉治委員 予算参考資料143ページ上段ですが、6款2項1目森林害虫防除事業についてお伺いします。  

田原市議会 2015-09-14 平成27年  9月 予算決算委員会-09月14日−01号

◎商工観光課長(河邉俊和) 今後、新たにふやしていく考えはということでございますが、地権者との調整ですとか自然公園、それから保安等のさまざまな土地利用規制等の調整も必要になってまいりますので、そういった調整を経ていく必要はございますが、今後、日出地区ですとか、サイクリングロードの眺望のいい部分ですとか、そういった本市の観光の目玉ともなり得るような良好な景観を有する適地において、実施を検討してまいりたいというふうに

大府市議会 2015-03-16 平成27年 3月16日建設消防委員会−03月16日-03号

これが予定でありまして、それで、平成27年度の面積が1,287.7ヘクタールということで、引き算しますと、11.7ヘクタールがまだできていないのではという、そういう意味合いと捉えたんですけれども、そちらのほうは、現在、やる予定なんですけれども、やれない状況というのがございまして、例えば、釜池付近ですと、県の保安に指定されていて全然できないですとか、それから、県道の名古屋碧南線沿いで県の道路用地が買収

田原市議会 2015-03-10 平成27年  3月 予算決算委員会-03月10日−01号

◎農政課長石川恵史) 目的は、先ほどの清掃管理課と同じものになりますが、こちらは飛砂防保安、飛砂というのは飛ぶ砂と書きます。その保安に指定されておりまして、農政課といたしましてはその保安機能を生かすために購入するというものでございます。 ○予算決算委員長(赤尾昌昭) 廣中清介委員。 ◆廣中清介委員 整備予定がいつごろか、教えてください。 ○予算決算委員長(赤尾昌昭) 農政課長

豊田市議会 2014-03-11 平成26年環境福祉委員会( 3月11日)

保安に指定された、約5万8,000平方メートルでございます。そういった隣地であるため、参考となる地価公示価格や、地価調整価格が乏しかったことから、価格の算定に当たっては不動産鑑定評価を依頼し、評価額を算出いたしました。  さらに鑑定評価額について、公有地価格査定委員会に付議し、価格を決定した次第でございます。  以上です。 ○委員長(加藤昭孝) 山口委員。

小牧市議会 2013-09-20 平成25年 9月20日建設分科会−09月20日-01号

小牧山は、委員もご存知のとおり、ほぼ小牧山全体の樹木が健康保安というような形で愛知県の指定になっております。したがいまして、長い間自然のままに任されたような形で今の状況になってきたというような歴史がございまして、小牧山全体の樹木の老木化というかそういうようなところが顕著になってきた。  

田原市議会 2013-09-19 平成25年  9月 予算決算委員会-09月19日−04号

それで、保安につきましては、県の事業において造成をされましたので、そちらに仮に被害が出たらやっていきたいとは思うんですけれども、現状、抵抗性松が植えられておりますので、生育の経過を見ていきたいと思っております。 ○予算決算委員長(太田由紀夫) 次に、荒木 茂委員。 ◆荒木茂委員 主要施策等報告書190ページ上段の、森林害虫防除事業についてお伺いします。  

瀬戸市議会 2013-09-02 平成25年 9月定例会-09月02日−03号

例えば、森林法保安解除予定で進めている鉱山がありますよね、区域。県が所有していますよね、自治体として。そういったところがどういう状況でどのように、これ、終了する場合ですよ、どんな法的義務が発生するかというのは、当然所管として把握をしなきゃいけないんじゃないですか。そうしないと、実態と合わない計画になるんじゃないかなと思うんですけど、その点、いかがですか。 ○吉永みのり議長 経営課長

田原市議会 2013-03-14 平成25年  3月 予算決算委員会-03月14日−02号

場所につきましては、西山地区の保安帯一体でございまして、被害につきましては、休暇村方面から中電方面に向けて進んでいっている状況にあります。  いずれにせよ、保安につきましては、本市の野菜栽培の重要な場所でございます。圃場を背後に抱えております。伐倒後のエリアにつきましては、速やかに抵抗性松の植栽をしていくように、こちらは愛知県治安事業で行っておりますので、要望していきたいと考えております。