2121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津島市議会 2020-09-16 令和2年第3回定例会(第5号) 本文 開催日: 2020-09-16

第2項医業外費用、第1目支払利息及び企業取扱諸費43万6,000円の増額は、4節リース支払利息ESCO事業リース契約に伴う利息額でございます。  続きまして、10、11ページをお願いいたします。  資本的支出でございます。  第1款資本的支出、第1項建設改良費、第2目資産購入費375万2,000円の増額は、ESCO事業リース契約のうち、利息額を除く支払い額でございます。  

あま市議会 2020-09-05 令和2年9月定例会(第5日) 本文

平成27年8月21日起債の48億円、いつ頃から償還するのかとの質疑に、平成27年8月21日発行の47億9,200万円と平成28年1月8日発行の5億8,100万円の企業につきましては、市民病院建設に対する企業であり、今年度から償還が始まりますとの答弁。  他に質疑討論もなく、採決の結果、全員賛成で原案のとおり認定されました。  

豊川市議会 2020-09-02 09月02日-03号

この財務諸表により、損益状況や短期的な債務に対する支払い能力企業適正規模などが明らかとなります。また、資産及び減価償却費が計上されたことにより、金額ベース資産状況が明確となり、耐用年数と比較した資産老朽化の度合いを測るなど、経営状況財務状況を客観的に把握することができ、将来の収支計画に生かすことが可能となります。 

あま市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第1日) 本文

資本的収支における施設更新等に係る費用は、企業発行補助金等財源とするほか、不足する財源収益的収支における前年度以前の利益減価償却費等による内部留保資金で補填している。  したがって、供給単価給水原価を下回ることのないよう、給水収益費用を賄い、かつ、施設更新等に係る財源も確保することが望ましい。  

津島市議会 2020-09-01 令和2年第3回定例会(第3号) 本文 開催日: 2020-09-01

この減収分につきましては、入院適用患者さん、外来で検査の必要となる患者さんをきっちりきちんと受け入れ、地域で求められている役割を果たすことにより医療収益の改善を図るとともに、新型コロナウイルス対応する医療機関への補助金等を活用し、今回特例的に認められる特別減収企業を活用することで補填していきたいと考えております。  また、県や国に対する支援の要望につきましても、引き続き行ってまいります。

田原市議会 2020-08-31 08月31日-01号

初めに、提案理由でございますが、今回の補正は、旧波瀬汚水処理場解体撤去工事について、想定より現地の土質が悪く地下水位も高いため、仮設矢板等に係る経費が多額となったことによる増額補正並びにそれに伴う国庫補助金の組替え及び企業補正をお願いするものでございます。 それでは、内容について御説明いたします。 まず、第1条は、総則でございます。 

東浦町議会 2020-06-09 06月09日-01号

第3条は、資本的収入及び支出で、収入の1款1項企業は3,410万円を増額、2項出資金は1,489万円を減額、3項補助金は444万円を減額するもの。支出の1款1項建設改良費は、1,477万円を増額するものでございます。 第4条は、公共下水道事業債限度額増額するもの。 4、5ページをお願いいたします。 まず、下段の支出から御説明申し上げます。 

扶桑町議会 2020-06-02 令和 2年第3回定例会(第1日 6月 2日)

翌年度への繰越額は1億53万4,000円で、財源内訳は、補助金1,650万円、企業1,750万円、繰越工事資金3,207万円、自己資金3,446万4,000円です。以上です。 ○議長杉浦敏男君) 以上で、日程第38、報告第1号から日程第40、報告第3号までの3案件についての報告は終了します。  ここで議事の都合上、この場で暫時休憩とします。              

津島市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日: 2020-03-25

資本的収入出資金1億8,160万7,000円について、病院建設に係る企業元金償還等に対する一般会計からの出資金との説明であるが、当初の計画より出資額が減額されている。一時借入金の縮小について、現状と考えはいかがかとの質疑に対し、出資金計画的に金額を積算した上で毎年、財政当局に要望している。また、一時借入金を少しでも早くなくすことを目的として営業努力等を進めていると答弁がありました。  

岡崎市議会 2020-03-23 03月23日-04号

委員会では積立金企業残高損益計算勘定留保資金残高などについてお聞きをしました。今すぐに破綻をするという財政状況ではありませんが、平準化債を借りて費用の足らないところが補われています。 下水道事業は、築造に当たり、大規模予算を使ってきた公共事業であり、維持管理費も同様に莫大にかかります。上下水道は本来、国が一律に国民に提供すべき公共サービスです。

江南市議会 2020-03-18 03月18日-07号

低利率企業発行増額し、償還期間20年として財源を確保すれば、料金の値上げ幅をもっと圧縮できるのではないでしょうか。 黒字を積み上げて投資に回すのではなく、赤字になっても運転資金が確保できればよいぎりぎりの経営を追求し、値上げをやめて市民生活を守ることを訴えて、反対討論とします。     (拍手) ○議長稲山明敏君) 賛成者討論を許します。     

名古屋市議会 2020-03-17 03月17日-07号

委員からは、東部医療センター及び西部医療センター市立大学病院化に係る検討状況及び実施時期についてただされ、当局からは、大学病院化の課題の中で、累積欠損金監査法人に相談の上で問題がないものと認識しており、企業の未償還残高の取扱いについては、市立大学が地方独立行政法人化した際の対応を参考に関係局と調整を行っている。