運営者 Bitlet 姉妹サービス
9346件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 6号12月20日) 福祉人材の人手不足を解消するため、報酬単価を大幅に引き上げてください。この2項目について。  また、2番の愛知県に対する意見書・要望書では、(1)福祉医療制度についてのA精神障害者医療費助成の対象を一般の病気にも広げてください。また、自立支援医療(精神通院)対象者を精神障害者医療費助成の対象としてください。それから(2)市町村国民健康保険への県独自の補助金を復活してください。   もっと読む
2018-12-12 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 4号12月12日) また、滞納整理機構では高額滞納事案の滞納整理や徴収技術を身につける研修が行われており、派遣職員の人材育成に努めております。派遣職員が身につけた知識や技術を持ち帰り、他の職員に伝えることで、市の職員のスキルアップにもつながり、結果として平成23年度から収納率は毎年増加をしております。平成22年度と平成29年度を比較いたしますと、91.8%から96.77%と4.97ポイントの増加となっております。 もっと読む
2018-12-11 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 3号12月11日) このことから、動物愛護の面からも安心して任せられる人材の確保が非常に重要であると考えます。ペットの飼養に関して、民間支援団体やボランティア団体などの活動を調整し、コーディネートをする災害時動物愛護ボランティアリーダーが必要だと考えますが、当局の御見解をお聞かせください。 ○議長(黒川 武君) 総務部長。 もっと読む
2018-12-06 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月 6日) また、この制度や予算等にかかわる事項であるとか、人材発掘、あるいはそういった人材をどう育成していくかの方針については、今後市と、それから教育委員会を含む学校現場とで調査研究していく必要があるなというふうには感じております。 ○議長(川合保生君) 再質問はありませんか。13番さとうゆみ議員。 もっと読む
2018-12-05 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 2号12月 5日) 福祉人材の人手不足を解消するために報酬単価を大幅に引き上げてください。 2.愛知県に対する意見書・要望書 (1)福祉医療制度について  ①子どもの医療費助成制度を18歳年度末まで現物給付(窓口無料)で実施してください。  ②精神障害者医療費助成の対象を、一般の病気にも広げてください。また、自立支援医療(精神通院)対象者を精神障害者医療費助成の対象としてください。   もっと読む
2018-12-05 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月 5日) そのほか市内で市民活動を実践している方を講師に招き、市民活動に関心のある市民を対象に講演会を実施したり、団体と市民とが気軽に語り合い、新しいまちづくりの人材や地域ニーズを発掘する場として「まちセンカフェ」を開催しています。しかし、相談事業の件数が少ない等、まだまだ団体への支援が十分できていないため、設置目的を達成できるように進めていきたいと考えています。   もっと読む
2018-12-04 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月 4日) 障がい者や介護が必要な方に対応できる人材の確保が重要となります。  ウについて、避難所での福祉避難スペースに関することは、長久手市小・中学校避難所運営マニュアルにおいて、「介護が必要な方のスペースについては、受け入れ時に配慮を行う」との記載はありますが、その具体的要領については定めていないことから、今後検討していく必要があると考えています。   もっと読む
2018-12-01 あま市議会 平成30年12月定例会(第2日) 本文 この人事評価制度は、限られた人材で効率的かつ効果的な公共サービスを実現するために職員の意欲、能力を最大限発揮、活用できるような環境の構築、また、人材育成の観点からこの人事評価制度を行っており、また、地方公務員法の改正によりましても従来の勤務評定からこの人事評価を行うよう国のほうからも要請があり、私どもも行っておるところでございます。   もっと読む
2018-12-01 あま市議会 平成30年12月定例会(第3日) 本文 ◯企画財政部長 初任給調整手当は、医療職給料表(1)の適用を受ける医師等に支給される手当であり、医師等の人材確保が厳しい状況において、民間病院との給与較差をなくすため、支給するものでございます。  なお、当市において、この手当を受給している医師等はおりません。  以上でございます。 ◯議長 続きまして、質疑番号2番の質疑をどうぞ。 もっと読む
2018-11-14 春日井市議会 平成30年 11月14日 厚生委員会-11月14日−01号 「施策5 地域保健の充実と地域医療の確保」について、「(1)地域保健」では、地域で健康づくりや介護予防に取り組む人材の育成が必要とし、また、「(2)地域医療」では、かかりつけ医を持つ人の割合が増加してきているものの、今後もその重要性を周知していくことが必要としております。47ページをお願いいたします。  次に「第4章 計画の方針」でございます。 もっと読む
2018-11-13 春日井市議会 平成30年 11月13日 文教経済委員会-11月13日−01号 先ほどの続きとなりますが、ボランティアスクールの実施により日本語教育指導ができる教育サポート人材を育成してまいります。また、日本語の理解が十分でない外国人児童等のために、日本語教育の指導ができる講師を小中学校に派遣してまいります。32ページをお願いいたします。  「基本目標3 多文化共生の地域づくりをする」でございます。 もっと読む
2018-11-12 犬山市議会 平成30年建設経済委員会(11月12日) また、職員の経営意識の向上、これに寄与できるものと考えておりまして、例えば、発生主義などの企業会計的な財務処理の知識やノウハウを持った人材が育成されることが期待されるということで、一番の基本的なことであります減価償却費を含めたコストと、それに対する収益や資産と負債、それらを最適化を意識することによって、最小の経費で最大の効果を発揮する経営意識を持った人材、その辺の育成が期待されるということでございます もっと読む
2018-11-12 犬山市議会 平成30年民生文教委員会(11月12日) まだ始まって4年にもかかわらず、地方分権改革からの提案によって、学童保育指導員が今は足りない、そして、資格者になるための研修に出す時間、かわりの人材がいないということで、この2019年度中に学童保育指導員の資格をとっておくということになっているにもかかわらず、まだできていないことが多いということで、この従うべき基準の規制緩和を求めるという提案が地方から国に出されています。   もっと読む
2018-11-06 犬山市議会 平成30年11月定例会(第5日11月 6日) だけど、今、ほかの団体でできるかどうかという可能性が出てこなかったんですけど、これを調べたら、平成23年の12月定例会で質問があって、その答えの中で、「例えば除草や剪定、清掃など、民間事業者やシルバー人材センターでも請け負いがされており」という言葉がありました。随意契約の条件に合わないケースも出てきているという答弁も以前あったんですね。 もっと読む
2018-11-05 犬山市議会 平成30年11月定例会(第4日11月 5日) そういった方々に対応するには、職員の中でもやっぱり専門的知識や、それから人材が必要であるということであります。   もっと読む
2018-11-02 犬山市議会 平成30年11月定例会(第3日11月 2日) それから、社会福祉協議会やシルバー人材センター、観光協会などの団体に対する人件費補助につきましては、ガイドラインの策定のときにも申し上げておりますけれども、以前から大きな金額を補助しているものの、効果や基準が必ずしも明確ではなく、団体間での取り扱いも統一されておりませんけれども、数十年来の経緯だとか、あるいは交付先におけるプロパー職員の雇用などと関連をしますので、一方的に基準を定め、各団体に適合させていくとは もっと読む
2018-11-01 犬山市議会 平成30年11月定例会(第2日11月 1日) 加えまして、学校の授業に参加をし、お互いの文化の違いなどを理解しながら、国際的な広い視野を持った人材の育成を目標に実施していきたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○副議長(柴山一生君) 中村議員。 もっと読む
2018-11-01 知立市議会 平成30年議会改革特別委員会(11月 1日) 続きまして、職員人材確保について、一般社団法人日本経済団体連合会が就職活動ルールを平成33年卒業生から廃止すると発表した。本市にとって、今後ますます人材確保が厳しくなると予測される。知立市役所を就職先として選択してもらうために、どのような取り組みをしていくのかとの問いに、今年度から募集要項の表紙に前年度採用職員の集合写真を掲載し、受験生にとって親しみやすくした。 もっと読む
2018-10-04 大府市議会 平成30年第 3回定例会−10月04日-05号 しかし、健康経営の浸透ほか、現役世代の労働環境の課題、中小事業者の人材確保の課題、そして、大学も高校もある若者の多いまちとしての若者施策、さらに、観光や農業を巻き込んだ魅力づくり、にぎわい創出など、まだ伸びしろが引き出せていない面も感じます。 もっと読む
2018-10-03 豊橋市議会 平成30年 10月 建設消防委員会-10月03日−01号 続いて、12ページ、同じく技術力の確保の中からお聞きするのですが、水道事業における取組み②国際協力による人材育成について、お聞きします。  国際協力というと、非常に結構なことだというように存じますが、その一方で、まだ人員に余裕があるのかなというように感じてしまうこともあります。資料を拝見すると、人、物、金の中での人について、主に二つの側面からその課題について書いてあるように見受けられます。 もっと読む