運営者 Bitlet 姉妹サービス
1047件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-15 知立市議会 平成31年全員協議会( 2月15日) これは、従来、国際交流協会に対しまして、毎年、姉妹都市であるウインダム市へ中学生を派遣している事業に対しまして、本年度の例では312万円を市から補助金として交付をしていたものを、平成31年度からは市からの補助金によることなく、国際交流協会が現在保有をしております基金を原資として充てることによって事業の継続を行うこととしたことから、この補助金相当額の計上を見送ったことによります。   もっと読む
2018-12-06 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月 6日) ですので、今後も具体的な取り組みを掲げながら、寄附を募っていくとともに、本市においては、先ほどもございましたが、過度な返礼品競争には乗らない考えをずっと継続しておりますけれども、寄附金の使い道を具体的な取り組みに充てるとともに、返礼品につきましては、市の特産品の創出につなげることができるように、現在市の観光交流協会と連携して、取り組んでまいりたいというふうに考えております。 もっと読む
2018-12-06 知立市議会 平成30年12月定例会(第3日12月 6日 一般質問) 私どもの国際交流協会のほうでもさまざまな事業、この間の中学生の報告会もそうなんですが、さまざまなことをやっております。  これも確かに国際交流の一つかと思います。 もっと読む
2018-10-05 犬山市議会 平成30年全員協議会(10月 5日) これは委員会関連の歳入において、説明の中で、この基金の繰入金の説明が、国際交流協会の事務局の中の人件費に充てられているという説明がありました。これは、国際交流協会と言いますか、国際交流事業振興基金を設けた時の目的とは恐らく違うだろうと。この基金を予算の中で人件費に使う。 もっと読む
2018-10-04 大府市議会 平成30年第 3回定例会−10月04日-05号 問い、大府市国際交流協会に対し、補助金交付等の活動支援を行った効果をどのように認識しているか。  答え、協会で実施している、主に市内在住の外国人との交流や日本語教室の開催、外国語相談事業など、様々な事業により、外国人と日本人相互の理解促進や外国人の地域社会での生活支援に役立っていると認識している。 もっと読む
2018-09-28 豊橋市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−04号 さらに2款9項4目国際交流費と5目の多文化共生費における、公益財団法人豊橋市国際交流協会への委託料補助金の在り方、そして、7款1項3目産業創出費のサイエンス・クリエイト21計画推進事業費などでの第三セクター、株式会社サイエンス・クリエイトへの委託料補助金の在り方についても、後者はほかの民間事業者の適切な競争環境の確保も含め、再考の必要があったと判断します。   もっと読む
2018-09-20 犬山市議会 平成30年建設経済委員会( 9月20日) これについては国際交流協会の安定した事務運営等々で原資を一般財源で平成28年度までは補助金として出しておりましたが、そこのきちんとした適正な事務ができるようなところで、どうしても増額の要望がありました。その中で、とりあえず基金の使い方もいろいろ検討しながら、今回、この基金を取り崩したというような形になりますが、岡委員が言われるように、使い方については、今後検討する必要があると思っています。 もっと読む
2018-09-13 日進市議会 平成30年  9月13日 予算決算委員会市民建設分科会-09月13日−01号 ◆(島村委員) たくさんありますのでページ数が、85ページ自治実績の国際交流事業、これは通訳、国際交流協会の方への業務委託だと思いますけれども、これは金額だけが載っていますが、実績について外国人市民相談の相談実績と内容についてお答えください。 ○(青山分科会長) 市民協働課長。 もっと読む
2018-09-12 犬山市議会 平成30年 9月定例会(第5日 9月12日) また、市の関係団体である社会福祉協議会、シルバー人材センター、アメニティ協会、観光協会、体育協会、国際交流協会の6つの団体については、いずれも職員数が基準数以下のため、法定雇用義務の適用外となっています。   もっと読む
2018-09-11 あま市議会 平成30年総務文教委員会 本文 開催日:2018年09月11日 いわゆる多文化共生といいますか、国際化推進の費用に関してですが、あま市国際交流協会さんがいろいろ推進していただいておりますが、23ページですとガイドブックの予算が当初60万で、いろいろ資料を作成されるということで、44万何がしという決算額ということで、減額になられております。 もっと読む
2018-09-07 犬山市議会 平成30年 9月定例会(第2日 9月 7日) 一方、市内在住の外国人向けに、南海トラフ地震への備えとして、市国際交流協会が発行する情報誌ニュースレターの秋号に、地震のときの行動に関するQ&Aと、市内避難場所一覧の掲載を依頼しており、7カ国語が用意され、来週月曜日から配布される予定です。   もっと読む
2018-09-04 長久手市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月 4日) 1点目について、長久手市観光交流協会が作成し、新しい観光交流ガイドブックでPRを始めたところですが、ジブリパークとの連携についても検討していく必要があると考えます。しかしながら、愛知県からまだ詳細な情報はありませんので、今後も動向を注視しながら、情報を収集していきたいと考えます。  2点目について、本市では、現時点で宿泊施設の誘致については考えていません。   もっと読む
2018-08-31 長久手市議会 平成30年第3回定例会(第3号 8月31日) 2点目について、長久手市観光交流協会が、市の土産物となり得る商品を開発しやすくするため、「特産推奨品認定委員会」を設置し、推奨品の認定をしていく計画をしていますので、市も連携を図っていきます。 ○議長(川合保生君) 再質問はありませんか。3番なかじま和代議員。 ○3番(なかじま和代君) ありがとうございます。   もっと読む
2018-08-27 岩倉市議会 平成30年第3回定例会(第 1号 8月27日) また、教育委員会の会議、それから学校関係の行事の際には、医師としての視点、それから地域活動であります国際交流協会、それから体育協会としてのかかわりからの御発言も積極的にされている方でございます。  また、少年少女合唱団の団長ですとか、今年度は市民ミュージカルの実行委員会の委員長も務められております。児童・生徒ともかかわりも深いということもございまして、選任しておるところでございます。   もっと読む
2018-08-23 豊川市議会 平成30年 議会運営委員会(8月)-08月23日−01号 これらは、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、豊川市土地開発公社、豊川市開発ビル株式会社、株式会社本宮、公益財団法人豊川市国際交流協会、公益社団法人豊川文化協会の経営状況を議会に報告させていただきます。  以上で、今議会に提出させていただきます案件についての説明を終わらせていただきます。  なお、台風20号が接近しております。 もっと読む
2018-06-19 長久手市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月19日) ○くらし文化部次長(川本保則君) 先ほど第1答弁でも申し上げましたが、イオンモール長久手店とアピタ長久手店は、市の観光交流協会の会員であり、現在も協会と会員との観光交流事業によって連携で事業を行っているところでございます。今後も観光交流協会や市商工会等と積極的に連携を図って進めていきたいと考えております。 ○議長(川合保生君) 8番山田かずひこ議員。 もっと読む
2018-06-11 犬山市議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月11日) 毎年5月に開催される国際交流協会の総会の後に、派遣された4人の1年未満の中での間の報告になりますけど、毎回報告会が開催されてみえます。  その報告者は、ドイツで体験してきたことを堂々と発表して、きっと彼らの人生において何かしらのプラス効果があるというふうに期待をしておるところではありますが、このように先進事例があるわけですから、韓国咸安郡とも中学生を中心に友好交流を深めていってはいかがでしょうか。 もっと読む
2018-06-11 一宮市議会 平成30年  6月 定例会-06月11日−02号 イタリアへの海外派遣以外の国際交流員、国際交流協会、民間団体などを通じての国際交流の実績を紹介してほしいと思います。 ◎教育文化部長(野田眞吾君) 国際交流員は、主に市内の小・中学校を訪問しまして自国の文化などを紹介し、児童・生徒の国際理解を深める活動を行っております。 もっと読む
2018-03-23 長久手市議会 平成30年第1回定例会(第6号 3月23日) 文化協会は減免されていると思うが今後はどうなるのか、またほかに減免されている団体はあるのかとの問いに対し、文化協会や国際交流協会のような市の助成を受けている団体は全額免除、文化協会等の下部に所属する団体は半額減免となっており、条例改正後も変わらないとの答弁でした。   もっと読む
2018-03-19 飛島村議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−02号 最初に、飛島村観光交流協会の目的と期待できる効果は何かと題して質問します。  飛島村観光交流協会の設立総会が今月25日に行われるこの段階で、その目的と効果を改めて質問します。村長は、過去の答弁でふれあいの郷を拠点にしてにぎわいのある村づくりを進めていきたいと発言されていますが、設立直前の今、これまでの準備委員会の協議内容も含め、もう少し具体的な内容をお尋ねしたいと思います。 もっと読む