運営者 Bitlet 姉妹サービス
32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 蒲郡市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−03号 これで帰って、「安心して」と言えますのでいいのですけれども、インターネットニュースを見ていましても、ほかの町では、事実だとかLGBTの方々をみなし親族として公的に認めようと。いろいろなものを公的に、みなし家族というか、家族として承認しましょうというようにしてきている自治体もかなり数が出てきました。 もっと読む
2017-09-05 江南市議会 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号 事実の夫婦に不妊治療費の助成をということで通告させていただきました。   もっと読む
2017-04-25 名古屋市議会 平成29年  総務環境委員会-04月25日−01号 ◆柴田委員 こういう証明書などを発行することによって、例えばいわゆる事実、それぞれ男性、女性であったとしても事実の状態でも籍を入れている、結婚しているカップルと同等の権利、保障が受けられるというような制度を充実していくという流れも一方であると思うんですけれども、それと同じように同性同士のカップルであっても、例えば生計をともにして家族としてともに生きていくということを社会の構成員として、善良な市民 もっと読む
2017-03-02 東海市議会 平成29年 3月定例会 (第2日 3月 2日) 東海市不妊治療費の助成制度に事実が対象になっていないとの指摘を受けて調べてみました。ありました。事実を助成対象にしている自治体は、例えば、京都府内の市町村は、1年以上居住している事実の夫婦を一般不妊治療、人工授精の治療は除いて助成の対象にしています。長野県塩尻市の不妊治療(天使のゆりかご)支援事業では、不妊治療と認められれば、事実も自己負担分の全額を補助対象としています。   もっと読む
2017-03-02 東海市議会 平成29年 3月定例会 (第2日 3月 2日) 東海市不妊治療費の助成制度に事実が対象になっていないとの指摘を受けて調べてみました。ありました。事実を助成対象にしている自治体は、例えば、京都府内の市町村は、1年以上居住している事実の夫婦を一般不妊治療、人工授精の治療は除いて助成の対象にしています。長野県塩尻市の不妊治療(天使のゆりかご)支援事業では、不妊治療と認められれば、事実も自己負担分の全額を補助対象としています。   もっと読む
2016-03-01 江南市議会 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号 もう1つが同性パートナーへの法的な保障がないというこで、きょう、後ほど伺いますけれども、法律上男性・女性、異性である場合は、結婚、法律婚であろうと事実であろうと一定の保障がありますけれども、その一方で戸籍上、同性同士、男性同士、あるいは女性同士という場合は法的な保障がまだ何も整備をされていない状況ですし、法律がつくられた時点では、そうしたことも想定されていなかったわけであります。 もっと読む
2015-12-04 長久手市議会 平成27年第4回定例会(第5号12月 4日) 例えば非婚でお子さんがいる方なのか、それとも事実でお子さんがいらっしゃる方によって、やっぱり控除が違ってまいりますので、そういった個別にやっぱりお話を伺わなければいけないというような部分もございます。 もっと読む
2014-03-12 新城市議会 2014-03-12 平成26年3月定例会(第4日) 本文 寡婦控除の創設時と比べ事実の男女やシングルマザーの増加など社会状況は大きく変化しています。この問題は厚生労働省でも認識しており、社会保障審議会児童部会における、ひとり親家庭の支援施策のあり方に関する専門部会において、未婚のひとり親家庭に対する税法の寡婦・寡夫控除等の経済的支援措置が検討されているところでありますが、対策は遅れているのが現状であります。   もっと読む
2013-12-06 長久手市議会 平成25年第4回定例会(第3号12月 6日) そこで今回の質問をさせていただいたわけでございますが、事実やシングルマザーが今現在ふえておりまして、婚外子の割合は増加してきております。同じ母子家庭でも婚姻歴の有無で経済的な負担に差が出るのは寡婦控除であります。パートナーと死別や離婚した母親は所得税が控除されるんですけれども、未婚の母は適用がされておりません。 もっと読む
2013-09-12 江南市議会 平成25年  9月 定例会-09月12日−03号 一般的によく言われているのは、婚姻していない夫婦のもとで子供ができて、その後、いろんな事情があって結婚に至らなかったというケース、あるいは夫婦別姓で婚姻届を出さずに生活を営んでいる、そういうカップルから生まれた子供ということで、幾つかそういうことが考えられるわけでありますけれども、いわゆる事実という言い方もしますが、この婚外子の問題というのは、最高裁の判決で示された民法の相続規定だけではなくて、いろいろな もっと読む
2013-09-09 新城市議会 2013-09-09 平成25年9月定例会(第2日) 本文 この現代においては事実やシングルマザーがふえ、そして婚姻や家族のあり方に対する国民の意識の多様化というか、そういった社会の変化の中でこういった司法の決定がなされました。大変これは注目する必要のあることであると思います。この決定を受けまして、法改正の流れも出てこようかと思っております。   もっと読む
2013-06-01 あま市議会 平成25年6月定例会(第4日) 本文 そして、妊娠を予定または希望している女性の夫が助成の対象でございまして、事実という関係の方も含まれております。接種は1人1回限り、接種期間につきましては、平成25年7月1日から平成26年3月31日まででございます。  なお、風疹ワクチン接種の対象者につきましては、600人を見込んでおります。   もっと読む
2011-03-15 あま市議会 平成23年総務文教委員会 本文 開催日:2011年03月15日 ◯人事秘書課長 どういう状況かということでございますが、まず、いわゆる事実のことでございまして、法律上の婚姻届を出していないが、夫婦として事実上の共同生活を営み婚姻状態にある、家族とか友人、周囲の方から夫婦と認められている関係のものでございます。 もっと読む
2011-03-14 田原市議会 平成23年  3月 予算決算委員会-03月14日−02号 この手当も認定申請については十分な審査が必要かと思いますけれども、事実等いろいろな疑いのあるケースが多いかと思いますけれども、そういった疑いのある家庭に対しての実態調査というのは実施しているかどうかお願いいたします。 ○予算決算委員長(北野谷一樹) 子育て支援課長。 ◎子育て支援課長(三浦教宏) 実態調査につきましては毎年現況届ということで、現況報告をいただいております。 もっと読む
2011-03-01 あま市議会 平成23年3月定例会(第5日) 本文 理事者側より、届け出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情とは、いわゆる事実のことで、法律上の婚姻届を出していないが、夫婦として事実上の共同生活を営み、婚姻状態にあり、周囲から夫婦と認められている関係を指す。また、法的根拠については、民法の解説書によれば、内縁の配偶者を法律上の配偶者と同一に扱うということであり、今回の条例の中で、内縁の配偶者を保護のために規定するものとの答弁。 もっと読む
2010-06-25 尾張旭市議会 平成22年  6月 総務委員会協議会-06月25日−01号 選択的によって結婚しているか、事実なのか、その境がなくなり、モラルが低下します。その上、婚外子の相続権を認めるということになれば、社会秩序が乱れてしまいます。今でさえ乱れている中、それを社会的に認めることになってしまいます。離婚もしやすくなり、その中で子供たちの心がどれだけ悲しいことになるか、一番そこを心配いたします。  3番と2番は同じようなことなんですけれど、この説明では。 もっと読む
2010-06-22 西尾市議会 2010.06.22 平成22年6月定例会(第4号) 本文 また、事実を選んだ方の中には社会的な矛盾だけではなく、保険や相続などの矛盾にも苦しめられます。  国連では1979年に女子差別撤廃条約、これは女子に対するあらゆる形態の差別撤廃に関する条約が採択されて、日本も批准して1985年からその効力が発生しております。その中で、夫及び妻の同一の個人的権利、姓及び職業を選択する権利の改善が求められてきました。 もっと読む
2010-06-21 蒲郡市議会 平成22年  6月 定例会-06月21日−04号 要するに、長男と長女が結婚するときに、どっちの姓にするんだということで話が進まないとか、あるいは逆に、結婚せずに事実で済まそうと、実際には婚姻生活をしているけれども、籍を入れるのをやめておこうという人がありますよね。逆に、一たん結婚したけれどもどうにもよくないから、生活は一緒にするけれども偽装離婚をしてしまおうと、そういうケースがあるというふうに言っています。   もっと読む
2010-06-17 瀬戸市議会 平成22年 6月17日 市民生活委員会-06月17日−01号 そのことと、それから、現状でいえば、結婚してからも仕事を続けたいという女性が通称名で旧姓を使用することが一般化していると、こういう陳情にもありますけれども、それは、氏を改めるということに対して社会的な不利益や不都合、こういったことがまま出てきているという、そういう現状の裏返しだと思いまして、法律上の姓を変えないまま事実という御家族もあるやに聞きますけれども、子供の問題とか、扶養家族になれないというような もっと読む
2010-06-17 扶桑町議会 平成22年第4回定例会(第5日 6月17日) 仕事の都合で別姓が名乗れず、本当に事実を続けなきゃいけない。女性でも学者さんはたくさんいらっしゃいます。これまで培ってきた研究実績、そういったものが姓を変えることによって支障を来すということも事実ございます。また、結婚あるいは離婚、再婚、そういった個人のプライバシーも公表を余儀なくされているということも事実でございます。   もっと読む
  • 1
  • 2