運営者 Bitlet 姉妹サービス
5212件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 4号12月12日) では、次の5.中小企業支援の充実を(働けるまちづくりを)でございます。  (1)地域活性化推進協議会の意見は生かされているかであります。  東京で墨田区の中小企業支援事例を学ぶ機会がありましたので、その事例を参考に本市の中小企業支援について考えていきたいと思います。  墨田区では1980年ごろから産業振興会議というものを設置して、産業振興の方向性について議論がなされているとのことでありました。 もっと読む
2018-12-06 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月 6日) 所得は低いのに保険料は一番高い、国保加入者の平均保険料(1人当たり)は、政府の試算でも、中小企業の労働者が加入する協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という水準です。県単位化に伴い、本市は、保険税率を段階的に5年間で、県が示す標準税率まで引き上げるとの考えを示されました。  (1)被保険者の年齢と所得階層の近年の推移と今後の見通しについてお伺いいたします。   もっと読む
2018-12-01 あま市議会 平成30年12月定例会(第2日) 本文 温暖化対策では、政府の資料によりますと、2015年度の日本の温室効果ガス排出量のうち、家庭や中小企業、自家用車によるものは合わせて約30%だそうです。他の自治体に先駆けてあま市も燃焼ごみの減量を行い、多くの自治体が力を合わせていくことが求められていると思います。   もっと読む
2018-11-01 犬山市議会 平成30年11月定例会(第2日11月 1日) 中小企業の支援について。  要旨1です。事業承継についてお伺いします。  先日、ある事業者が廃業を決められました。親の代から受け継いだ事業を廃業されます。一番の理由は後継者の問題です。この事業者に限らず、地域の雇用を支える中小企業の経営者の高齢化が進展しております。多くの企業で後継者が未定であり、事業承継が懸念されているところであります。 もっと読む
2018-11-01 知立市議会 平成30年議会改革特別委員会(11月 1日) ○風間委員   基本、二通りありまして、行政視察はほかの、例えば中小企業振興対策基本条例を見にくる市議会、それで、ついこの間、駅周だね、そういう項目がある場合は、通常は来ていただいて、それで議長挨拶をします。それで、議長は公務の都合により退席して、担当課を呼んでおりまして、そこから説明をするという、そういうパターンなんですね、基本は。そっちのそういう個別政策の場合はそれでいいと思うんです。 もっと読む
2018-10-05 豊橋市議会 平成30年 10月 環境経済委員会-10月05日−01号 こういった形で、事業系ごみの価格が上がれば上がるほど、経営に苦しんでいる中小企業は、手軽なところに出したくなるという気がわからないでもありません。ただ、法律的にだめなものはだめというようなところの中で、今後、不適切な排出が増加することへの対応についてお伺いさせていただきます。 もっと読む
2018-10-04 大府市議会 平成30年第 3回定例会−10月04日-05号 問い、中小企業の新分野参入支援事業として、大型展示会への参加を実施してみた結果の評価と、今後にどうつなぐかの検証はどうか。  答え、アジア最大級の医療機器関連の技術展示会に市内企業9社が出展し、名刺交換枚数で計512枚、商談件数で計27件、成約件数で計3件の実績があった。展示会は販路開拓に有効な手段であると考え、継続的な実施を検討している。   もっと読む
2018-09-28 日進市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−05号 値上げによる市民負担増ではなく、受け取る年金が減る中、また中小企業の方の生活も厳しい中、高い負担を下げるべきだったと考えます。  そもそも、国民健康保険制度は皆医療保険、つまり、国民全員が何らかの医療保険に加入することを義務化するため、ほかの医療保険に入れない人たちが加入する保険制度です。 もっと読む
2018-09-28 知立市議会 平成30年 9月定例会(第6日 9月28日 閉会日) また、第2章 人が集う交流のまちづくりにおいては、中小企業再投資促進事業費補助事業や観光交流センター設置事業、また、ユネスコ無形文化遺産イベント事業、知立駅北地区市街地再開発事業や知立連続立体交差事業などが実施されました。   もっと読む
2018-09-25 春日井市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月25日−03号 慢性的に人手が不足している中小企業も多いため,教育訓練する費用もマンパワーもないし,余裕もないというのが現状です。これでは障がい者雇用は一向に進みません。  また,ある企業は,ハローワークで障がい者の雇用を募集しても,待てど暮らせど募集はゼロ。なぜ応募者が来ないのか調べてみると,企業の知名度の低さに対する不安と,どんな仕事をするのかわからないからということでした。 もっと読む
2018-09-19 春日井市議会 平成30年  9月19日 総務委員会-09月19日−01号 また、今後ですけれども、今、産業政策部門におきましては働き方改革ということで検討が進んでおりますが、こちらと似たような事業としまして、ハローワークなど県や国が行う事業もございますので、市が行う事業としての位置づけ、それから市内の中小企業の特性等を把握しつつ慎重に検討してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-19 犬山市議会 平成30年建設経済委員会( 9月19日) そして、2点目が、当市において、重要な企業者は、中小企業者及び小規模企業者と考えておりますが、業種分類における資本金等と従業員数ですね、それぞれの定義について質疑いたします。 ○委員長(大沢秀教君) 答弁を求めます。  武内産業課長。 ○産業課長(武内雅洋君) 後藤委員の質疑にお答えをします。   もっと読む
2018-09-18 知立市議会 平成30年予算・決算委員会(企画文教分科会 9月18日) 償却資産につきましては、当初、大規模事業所等の設備投資がにぶかったことから、減収を見込んでおりましたけども、中小企業の設備投資が想定以上に伸びたということが影響しまして、逆に6%程度、平成29年度の決算時に比較しまして、6月の調定時に伸びておるという結果になりました。 もっと読む
2018-09-13 犬山市議会 平成30年 9月定例会(第6日 9月13日) えてして理念条例というのは、つくって終わりという側面がなきにしもあらずだというふうに思うんですが、せっかくつくるわけですから、今、部長が答弁したことが推し進められて、広く市民、それから中小企業、零細企業者に伝わっていくとええなとは思うんですが、その中で次への展開、どういうふうにこの条例を制定、仮に今度通ったとしますね。 もっと読む
2018-09-13 大府市議会 平成30年第 3回定例会−09月13日-02号 次に、3点目の「中小企業振興アクションプランについて」です。  「大府市中小企業の振興でまちを元気にする条例」の目的を達成するために、「大府市中小企業振興アクションプラン」が平成28年5月に策定されました。そのロードマップの緻密さと充実ぶりに中小企業経営者の多くが驚嘆し、歓迎するとともに、効果のほどに期待を寄せてきました。 もっと読む
2018-09-13 春日井市議会 平成30年  9月13日 文教経済委員会-09月13日−01号 ◎(中井経済振興進課長) 学生の売り手市場により、大企業に就職する学生が増加している現在、市内の中小企業が採用活動に苦戦している状況にあります。今後は、就職フェアの開催時期の変更など、就職フェアを共催している春日井商工会議所、小牧市、小牧商工会議所とともに検討し、対応したいと考えております。 もっと読む
2018-09-12 稲沢市議会 平成30年第 4回 9月定例会-09月12日-03号 職員が少な過ぎるからこそ、今、業者から要求もある中小企業振興 条例、こういった新たな取り組みも全然されようとしないし、そしてまた子育ての部署というのはどの部署も重要です。これは決算書で調べていますと、先ほど答弁された867人のパートさんの職員のうち、教育現場で286人、保育所で223人、児童センターで222人、これだけのパートさんが見えるんですね。 もっと読む
2018-09-10 知立市議会 平成30年 9月定例会(第3日 9月10日 一般質問) 自分たち議員は、中小企業振興条例等をいろいろと推進していく中で、こういった本当に、先ほど申したように、保育園の給食というのはすごく関係者全てが一致団結して頑張ってみえるということをお聞きすると、これがなぜ市外の業者から調達しなくてはいけないのか、その辺、ちょっと疑問に思います。わかりやすく御説明をお願いいたします。 ○議長(田中 健)  福祉子ども部長。 もっと読む
2018-09-10 蒲郡市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−03号 ◎鈴木成人都市開発部長 本市にあっては、これまでの経緯から、町なかに中小企業などの工場が立地している状況がある中で、今回設定する居住誘導区域内においても、そういった土地利用は含まれると考えております。 もっと読む
2018-09-07 尾張旭市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月07日−03号 産業を取り巻く環境には、子育て支援や、男女共同参画の推進、若者や高齢者の雇用の支援、地方創生や働き方改革、小規模企業、中小企業の支援など、多くの課題があると思っております。  これらは、個人のライフスタイルやキャリアにもかかわるようなものだというふうな認識もございます。   もっと読む