21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

東海市議会 2018-12-18 平成30年12月定例会 (第5日12月18日)

このことから、遵法精神を養い、市民信託を受けた議員としてふさわしい行動をとること、東海議会基本条例基礎から学び直すとともに、憲法を初め一般についても十分な知識を習得することを強く申し述べるものである。  2、政治倫理委員会における誓約書の内容に違反していることについて。  村瀬進治議員は、過去に二度、政治倫理委員会の措置により誓約書に署名した。

豊明市議会 2018-03-01 平成30年3月定例月議会(第4号) 本文

この場合、私有財産とありますが、公共団体同士でも、こういうことについては私有財産ということになると思いますが、ところが、こういった下水道補償等については、そのことについての一般がありませんので、昭和42年の閣議決定公共補償基準要綱というものが定められておりまして、その第8条で、減耗分を控除した額を補償するものとするという明確な規定がありまして、減耗分を控除することになっておるわけです。  

瀬戸市議会 2015-07-03 平成27年 6月定例会-07月03日−08号

米軍等に対する支援は重要影響事態法によるものと、一般として制定する国際平和支援法によるものの2種類があります。重要影響事態法は、日本防衛のために活動している米軍等への支援であり、あくまで日本平和安全のためです。一方、国際平和支援法は、国際平和安全のために活動している外国軍隊への支援です。米国のための支援ではなく、国連決議によって国際法上の正当性が確保されたものに限られます。

稲沢市議会 2013-06-11 平成25年第 3回 6月定例会-06月11日-02号

政権交代ごとに憲法一般のように繰り返し変えられたら、憲法憲法でなくなってしまうのではないかと私は思うわけですが、市長はどう思われますか。 ◎市長(大野紀明君)  今のお話も、3分の2から2分の1へということであります。  これは、今おっしゃいました立法権国会にあります。それで、国会議員さんは、我々や国民の方が投票して選ばれた方なんですね。

西尾市議会 2011-12-13 2011-12-13 平成23年 企画総務委員会 本文

有事にあっては、国民保護法でさえ一般です。基本法を制定するということの重さを、この陳情者がどの程度に考えておられるかということが疑問であります。さらに、この理由の中には、ロシア閣僚級のたび重なる北方領土の訪問ですとか、北朝鮮核ミサイルの脅威ですとか、中国漁船尖閣事件ですとか、ごく一部の外国に対する脅威を述べておりますし、偏りが感じられます。

蒲郡市議会 2011-09-09 平成23年  9月 総務委員会-09月09日−01号

◎足立好弘税務収納課長   過料につきましては、罰金とは違って、行政処分の範囲に入るわけですが、今回改正された部分の理由の一つとしては、例えば、地方公共団体過料を科す場合の規定において、地方自治法第15条で、地方公共団体の長が5万円以下の過料を科する旨の規定を設けることができるという地方自治法の規定がありまして、それで改正前の地方税法過料の規定については、3万円以下という規定で、一般地方自治法

犬山市議会 2011-06-17 平成23年 6月定例会(第5日 6月17日)

単独と言いますか、自区内処理大原則、廃掃法の一般に書いてあります。それはそのとおりのことでありますが、あくまで2市2町で取り組んで、大きな目標と目的のために掲げてやっております。それを変更するということは、交付金との兼ね合いもあります。

江南市議会 2009-06-10 平成21年  6月 定例会-06月10日−02号

非正規職員の任用については、一般労働契約ではなくて地方公務員法に基づいて行われておりますけれども、問題は、任用の区分に合理的な根拠があるのかどうかということだと思います。要するに、同じような仕事をしていても、例えば江南市ではパート職員という身分であるけれども、別の自治体へ行ってみると特別職の非常勤であったり、あるいは一般職の非常勤であったりというふうに違いがあって、一貫性がありません。

豊橋市議会 2005-02-01 平成17年  2月 総務委員会-02月01日−01号

さらに、民間部門、右側の方へまいりますが、一般部門でこの法律で、いわゆる民間の個人情報取扱事業者の義務等について規定をしてございます。  それに対しまして、公的部門の規定でございますが、国の機関におきましては、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律等で国の機関につきましては、その保有する個人情報について規定をされております。  

東海市議会 2004-12-09 平成16年12月定例会 (第3日12月 9日)

続きまして、指定管理者の3点目でございますが、対象とならない公共施設についてのお尋ねでございますが、地方自治法一般でありまして、道路法河川法下水道法学校教育法社会教育法などで、その管理主体が限定されている場合は、特別法が優先されるため、現在のところ、この制度の対象となっておりません。

豊田市議会 2003-10-24 平成15年10月臨時会(第1号10月24日)

これはもともと地方自治法の協議会の規定が一般として働いております。結論を言いますと、会長と委員は法的な観念、つまり理解の仕方として別個のものだという考え方に立っております。したがって、単に委員の互選によって会長を決めるという規約を設けることは、これは地方自治法解釈としてとらないということにこれも通説としてなっております。

豊田市議会 2002-09-09 平成14年 9月定例会(第2号 9月 9日)

代執行という話ですけれども、まず、この分を確認しておかなければいけないと思うんですけれども、この代執行と言っております産業廃棄物処理法上の取扱いなんですけれども、まず代執行法、それから廃棄物処理法の関係というのは、これは一般と特例法の関係にございますので、当然法の適用順位から言いますと特例法のほうを優先して適用していくということですから、廃棄物生活環境保全上の措置ということでまずご理解いただきたいと

豊橋市議会 1999-12-10 平成11年 12月 環境経済委員会-12月10日−01号

したがって、条例の中では、規定をしませんけれども、そういう場合には、いわゆる一般である地方自治法の規定が適用されてまいります。本市の場合でいきますと、税外収入にかかる督促手数料及び延滞金に関する条例というのがございまして、それを適用をして延滞金の徴収をと、そういう形になります。  以上です。

碧南市議会 1999-12-08 1999-12-08 平成11年第8回定例会(第3日)  本文

これまでの行政手続に対する一般的な法整備は、昭和37年に行政庁の処分後の救済手続として行政不服審査法が制定されていたわけですが、処分前の事前手続については個別法に委ねられ、手続き規定がなかったり、手続きが統一されていなかったりしていたため、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図るため、事前手続の共通事項を定めた一般として行政手続法が制定されたわけでありますので、本条例につきましても、行政手続法

東海市議会 1999-03-11 平成11年 3月定例会(第4日 3月11日)

それから、なぜ条例で選択したかということでございますが、行政手続法の38条において、地方公共団体の今回努力義務とされたわけでございますが、その取り扱いについては条例でも規則でも要綱でも、いずれでもよいわけでございますが、本市においては手続規定は処分等について、共通する事項を定める一般であり、広く一般市民権利保障にかかわり、また自治体行政運営の根幹にかかわる事項でもありますので、議会議決を経た民主的

  • 1
  • 2