運営者 Bitlet 姉妹サービス
385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-25 犬山市議会 平成31年民生文教委員会( 2月25日) そこを際立たせて情報発信するために、まず、山車からくりや座敷からくりをはじめとする伝統的なからくり人形の展示、実演、これをメインにいたしますが、現在のからくりやロボットテクノロジーへと続く技術の紹介や、現在も行っておりますが、九代玉屋庄兵衛の製作現場の公開や、また、市内の中学校、高校の生徒によるからくり練習の場として、次世代への伝統文化継承の場、そういう役目も果たしていきたいと、このような形で南館のほうを もっと読む
2018-12-13 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 5号12月13日) さすがに10万馬力の空飛ぶロボットというのは、まだ実現しておりませんけれども、二足歩行のロボットなんかは、もう現実この世に存在していますし、それから冒頭紹介させていただきましたように、自家用車そのもの、それから交通手段そのものというのが根本的に今変化しているときでありますので、それに基づいた将来像というのはなかなかつくりにくいんではないのかなと思いますけれども、とはいうものの、やはり部長が今言われましたように もっと読む
2018-12-07 知立市議会 平成30年12月定例会(第4日12月 7日 一般質問) ぜひとも市長には、次世代自動車産業、航空宇宙産業、ロボット産業、福祉医療産業といった、今後成長が見込める産業を代表するような企業へプロモーションと、愛知県内や全国の他市にも劣らないような産業立地優遇措置の積極的な推進をお願いしたいのですが、最後に、市長に企業誘致、企業立地推進についてのお考えを伺って、私の一般質問を閉じさせていただきます。 ○議長(田中 健)  林市長。 もっと読む
2018-12-05 知立市議会 平成30年12月定例会(第2日12月 5日 一般質問) 3つ目といたしまして、介護ロボット、ICTの活用を推進する。4つ目といたしまして、外国人の受け入れ、整備環境を充実する。以上、4点が検討されているということです。  去る11月2日に外国人労働者を受け入れ拡大のため、新たな在留資格を創設する入管難民法などの改正案が閣議決定されました。政府は、2023年までの5年間で介護に携わる外国人を5万人から6万人受け入れるとしております。 もっと読む
2018-09-26 半田市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月26日−05号 また、従来の高度医療機器に加えて、新たに内視鏡下手術支援ロボットのダヴィンチを初めとして、多くの最新医療機器を導入し、研修医の育成にも活用されていました。  次に、堺市立総合医療センターは、平成19年12月に総務省から示された公立病院改革ガイドラインを受け、経営形態の見直しの検討を始めました。 もっと読む
2018-09-11 稲沢市議会 平成30年第 4回 9月定例会-09月11日-02号 IoTやAI、ビッグデータ、ロボットなどの技術革新により、新たな製品、サービスが創出されるという産業革新の面も確かにありますが、議員が御指摘のとおり、これまで実現不可能と思われてきた社会が実現し、社会構造や就業構造が劇的に変化する社会変革の面に、地方自治体としては注目をしていかなくてはならないと考えております。   もっと読む
2018-09-10 尾張旭市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−04号 遠隔診療とか介護会話ロボット、自動運転、ドローン等であります。  そして、チャイルドライフサポート事業、これは子どもさんたちの生活を側面からサポートする事業であります。これは保育園放課後児童の学習、居場所、こども食堂などであります。  そしてもう一つ、セカンドライフサポート事業、これは退職した後のお年寄りの輝く人生をサポートするものであります。 もっと読む
2018-08-31 長久手市議会 平成30年第3回定例会(第3号 8月31日) 行政業務は「ロボット」が対応するわけでなく、職員「人」が最終確認して対応する業務であるから見落としはあると私は思います。しかし、行政書類の訂正、差しかえやミス内容の新聞発表がここのところ続いていることは、税を納付される市民、議会で判断を担当する議員からは、執行部業務は信用されません。市民の貴重な血税の取り扱いについて、市長・副市長はどのような職員業務指示をしているか、伺います。   もっと読む
2018-07-03 春日井市議会 平成30年  6月 定例会(第4回)-07月03日−03号 ものづくり産業が盛んな愛知県は,今後人手不足からますます成長が期待されるロボット産業の分野においても全国シェア1位となっております。また,国産ジェット旅客機の設計や開発の拠点を初め,航空宇宙関連のメーカーが集積しており,補助助成,中小企業の新規参入支援,人材育成,技術開発などの総合的・体系的な取り組みがされ,将来的な発展についても期待がされています。 もっと読む
2018-06-21 長久手市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月21日) あとは、情報化、デジタル化の進展、第4次産業革命と言われている現在でありますけれども、人工知能AIですね、ビッグデータ、IoT、それからドローンとかロボット、第4次産業革命と言われている現在でありますけれども、この大きな流れというのはとめられないというふうに思います。特に教育の現場で、このICTに関して、どういった取り組みをされていかれるのか。 もっと読む
2018-06-20 犬山市議会 平成30年民生文教委員会( 6月20日) 社会貢献プログラムといいまして、人とロボットが共生する未来の主役の子どもたちに向けてプログラミング教育をするものです。その内容については、ペッパーのロボットをプログラミングをして動かしてみようということで、手を動かすだとか、言葉をしゃべるプログラムをSEと一緒になって、子どもたちがプログラミングをするというものになります。 ○委員長(水野正光君) 柴田委員。 もっと読む
2018-06-15 尾張旭市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月15日−02号 市街化調整区域で新たに工場建設ができるというのは、産業用ロボット、先端技術産業の工場なのか、もしくは他の開発手法によるものなのか、その点をお伺いいたします。 ○議長(森和実) 答弁に入ります。  都市整備部長。 ◎都市整備部長(谷口正喜) お答えします。   もっと読む
2018-06-15 岩倉市議会 平成30年第2回定例会(第 5号 6月15日) ○総務部長(山田日出雄君) Society5.0につきましては、IoT、AI、ロボットを中心とした先端技術によって社会課題を解決していこうという、国が提唱しております科学技術政策の基本方針の一つであります。   もっと読む
2018-06-13 豊川市議会 平成30年 第2回定例会(6月)-06月13日−04号 先日6月8日、NHKテレビで、小学校英語の切り札はロボット先生というニュースを見ました。英語を教えられるALT、これは本市のAETに相当しますけれども、このALT不足対策として、福岡県大牟田市の小学校での英語の授業の様子でした。   もっと読む
2018-06-13 蒲郡市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−01号 イ 庁内での検討の予定について (3)市内全体の大型公共施設の検討について15日13鈴木基夫1 本市の現状について (1)年齢区分別人口について (2)昼夜間人口比率と産業別就業者の割合について (3)土地利用の割合と空き家率について 2 次世代産業の育成と強化について (1)地域の中枢産業との係わりについて   ア 自動車産業について   イ 航空宇宙産業、ロボット産業について   ウ 健康長寿産業 もっと読む
2018-06-12 江南市議会 平成30年  6月 定例会-06月12日−02号 先進地ではソフトウエアロボットという技術を用いて実証実験が行われているとお聞きいたしておりますが、ソフトウエアロボットの技術とはどのようなものなのでしょうか。  また、江南市の電算担当部門では、ソフトウエアロボットの技術についてどのような活用が江南市において想定されるのか、わかりやすく説明をお願いいたします。 もっと読む
2018-06-11 豊田市議会 平成30年 6月定例会(第2号 6月11日) 並行して遠隔診療やロボット技術などの先端技術の活用、訪問看護師人材育成センターの設置など在宅医療を推進するための取組を進めてまいります。  遠隔診療については、7月からモデル実証ができるよう準備を進めているほか、8月にはロボット技術を活用した地域リハビリテーション医学の展開に関する寄附講座により、藤田保健衛生大学からリハビリテーション専門教授が赴任する予定でございます。   もっと読む
2018-06-01 蒲郡市議会 平成30年  6月 一般質問通告書-(参考資料) イ 庁内での検討の予定について (3)市内全体の大型公共施設の検討について15日13鈴木基夫1 本市の現状について (1)年齢区分別人口について (2)昼夜間人口比率と産業別就業者の割合について (3)土地利用の割合と空き家率について 2 次世代産業の育成と強化について (1)地域の中枢産業との係わりについて   ア 自動車産業について   イ 航空宇宙産業、ロボット産業について   ウ 健康長寿産業 もっと読む
2018-05-30 春日井市議会 平成30年  5月30日 文教経済委員協議会-05月30日−01号 その結果、課題として人材の確保や育成、販路の拡大、今後取り組みたい分野としてIoT、AI、ロボット、春日井市で事業を行うメリットとして交通インフラの充実や災害に強いなどがありました。今後は、このアンケート結果等を踏まえ、具体的な施策に反映してまいります。 もっと読む
2018-03-23 豊田市議会 平成30年 3月定例会(第6号 3月23日) これは在宅医療、介護を推進するために訪問看護師と介護人材を確保する事業であり、平成30年度に開設する(仮)訪問看護師人材育成センター開設に向けた着実な準備と特別養護老人ホーム等の見守り機器の導入に加え、本市の独自の取組であるロボットを活用した在宅療養支援の実証を行うものであり、誰もが住みなれた地域で安心して暮らせる超高齢社会への適用につながることを期待いたします。   もっと読む