1594件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

稲沢市議会 2019-06-13 令和元年第 3回 6月定例会-06月13日-02号

当時は、スマートフォン、パソコン、インターネットなどはなかったので、情報を得る手段はテレビ、ラジオのみだったと思います。時が過ぎ、平成17年に祖父江町が稲沢市平和町と合併し、私も町民から市民へとなり、令和を迎えた今はネット社会になり、さまざまな情報が手のひらのサイズの端末で得ることができるようになりました。  幾らネットが普及しても、発信する情報がなければ市民に届くことがありません。

東郷町議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-10

総務省の情報通信白書によれば、災害時に使われるメディアの安定性という指標で、ツイッターがラジオやテレビ、ほかのSNSを押さえて一番安定しているという評価をされており、また私自身、真実に近い情報を一番迅速に得られるツールとの思いから、ツイッターを優先的に提案させていただいていました。  しかし、ほかのSNSもあわせて検討していただければと思います。

知立市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第2日 6月 5日 一般質問)

その結果、テレビ番組の招致や市民パレード、50周年記念切手シートの発行、ピンバッジ、のぼり等の製作、御当地ナンバープレートの発行、ラジオ体操の誘致事業、シティプロモーションの動画の作成などを決定をしております。今年度におきましては、市実施事業やPR事業の詳細について協議をしていく予定をしております。  

豊田市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第6号 3月19日)

学校のエアコン設置を始め、教育環境改善の予算、いじめ・虐待防止への対応でスクールソーシャルワーカーを5名に増員される点、防災ラジオ普及拡大の予算、就学援助の新入学準備金の増額など、市民の暮らしと福祉に役立つものとして評価できる面を挙げております。さらなる拡充を求めておきたいと思います。  一方、問題点を幾つか指摘しなくてはなりません。以下、6点にわたって討論を述べてまいります。  

知立市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第7日 3月19日 閉会日)

防災対策としては、耐震改修等の事業や水道の管路耐震化事業、防災行政ラジオ補助事業や家具転倒防止推進事業、自主防災活動活性化事業なども引き続き予算計上されております。  さらに平成31年度は、新たに業務の迅速化や効率化を図るため、市町村防災情報システム運用事業なども予算計上されております。  

小牧市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日福祉厚生分科会−03月13日-01号

本当に椅子に座っても行えるいい体操で、普及を本当にしていくといいな、ラジオ体操並みに普及されるといいなと思うんですけど、実際にやっている方からは、A4の紙に印刷されたのをめくりながら足元に置いてやるので、DVDか何かが、音声か映像などのそういうものがあるといいなという意見がすごく多いので、そこのところもできたら検討していただきたい、お願いです。 ○分科会長   ほかに発言はありませんか。

あま市議会 2019-03-13 平成31年厚生委員会 本文 開催日:2019年03月13日

参加者の方が実施された主な取り組みといたしましては、30分以上運動をする、ラジオ体操をするなどの運動に係る取り組み、さらに1日3食きちんと食べる、野菜料理を毎日食べるなどの食事に関する取り組みが多い結果となっております。 ◯横井敏夫委員 概要書113ページですね。

西尾市議会 2019-03-12 2019-03-12 平成31年 企画総務委員会 本文

21款諸収入、5項7目雑入、1節総務費雑入のうち関係分は、65ページの説明欄下から7行目の防災行政ラジオ修繕負担金13万5,000円、67ページ、説明欄下から8行目のドローン損害保険金21万円、説明欄下から4行目、自動販売機売上寄附金24万円の計上でございます。  76ページをごらんください。  

犬山市議会 2019-03-12 平成31年総務委員会( 3月12日)

ラジオ局と市は連携協定みたいなのは結んでいましたか。防災に限定しているのかな。だから、行政情報とかもできるだけ協力をしていただいて、余りお金が流れていかない仕組みのほうがいいかなと思うんですけど、公共的なものでもあるし。だから、そういった連携協定とかとは全く範囲が違う内容なんでしょうか。 ○副委員長(岡村千里君) 答弁を求めます。  松田企画広報課長。

扶桑町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2日 3月 8日)

特に徒歩で帰宅する方を支援するということでこういった協定を結んでおりますけれども、この内容としましては、徒歩帰宅支援ステーションということで、水道水ですとか、先ほど言われたトイレをお貸しするとか、ラジオ等のメディアを通じた情報とか、帰宅するための道路に関する情報とか、そういったものを提供しまして、徒歩帰宅者を支援するという協定を結んでおるところでございます。  

知立市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第3日 2月28日 一般質問)

らし高齢者及び高齢者のみの世帯の調査、在宅寝たきり高齢者への紙おむつの訪問配付、避難行動要支援者名簿による訪問、地域防災訓練及び地区盆おどり、運動会・行事・講演会・イベント等の参加、赤い羽根共同募金の街頭募金、敬老祝い金の配付、小中学校での情報交換、福祉健康まつりへの参加協力、ひとり暮らし高齢者等への年賀はがきによる交流、児童の登下校に合わせたふれあいパトロール活動、児童センター行事への参加交流、ラジオ

豊田市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第5号 2月28日)

そこで小項目④としまして、高齢者が気軽に取り組めるラジオ体操やウオーキングを取り上げ、高齢者に対するスポーツ活動の取組と、その評価についてお伺いします。 ○議長(鈴木 章) 田中部長。 ○生涯活躍部長(田中茂樹) ラジオ体操につきましては、平成26年度に、豊田スタジアムを会場としたイベントを開催し、15日間で延べ約4,000人の皆さんにご参加をいただきました。  

碧南市議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2日)  本文

鷲塚地区では3年ほど前からわくわく鷲塚盛り上げ隊が活動しており、夏休みのラジオ体操、沿道の定期清掃、挨拶運動、公民館行事への協力などを行っております。  棚尾地区でも棚尾地区まちづくり推進委員会の後を継ぐ形で、昨年3月より棚尾まちおこしの会が活動を開始しておりまして、11月3日の秋の大祭に合わせた、たなを村まつりを実施し、現在も棚尾を盛り上げるため、話し合いを続けておられます。  

豊田市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第2号 2月25日)

これらの状況から市民の皆さんへの情報提供の強化ということで防災ラジオの導入がされたことは大いに評価するところであります。  そこで、今回は台風の進路や雨量の予想、河川水位などの詳細な気象情報を掲載する専用ホームページを開設するとありました。新たな情報収集・提供体制の強化についてのお考えをお伺いします。  続きまして、小項目3点目、消防の取組であります。  

長久手市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第4号 2月25日)

本市は、防災行政無線を補完する情報伝達手段として、災害時にFM波を使用した防災ラジオの導入を検討していましたが、事業者の都合により断念し、その後、代替品は決定していません。限られた財源の中で、多様な手段を組み合わせ、効果的な情報伝達を行うために幾つか御質問をいたします。  1点目、280メガヘルツデジタル同報無線システムのポケベル電波ラジオを導入しませんか。  

知立市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第1日 2月25日 開会日)

また、現在、市内7会場で開催されている毎朝のラジオ体操や、25カ所で開設されている高齢者サロンも市民有志の皆様方が運営してくださっておりますし、防犯パトロールや環境ボランティア、子供たちの登下校におけるスクールガード、また、公園や道路の愛護会など、さまざまな分野において、市民が市民の手で主体的に、よりよい知立づくりのために御尽力をしていただいております。  

岩倉市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第 1号 2月22日)

シティプロモーション事業では、プロモーション動画の制作やサウンドロゴを市民参加で作成し、ラジオ放送するなど、市内外に岩倉市の話題と認知の拡大を図るための委託料として500万円を計上しています。  続きまして、242ページをお願いいたします。  目2商工振興費は431万3,000円減です。そのうち、融資関係費を除く商工振興費は2,016万6,000円を計上しています。

碧南市議会 2018-12-19 2018-12-19 平成30年市議会協議会 本文

ソフト面では、緊急地震速報、防災行政無線の整備として、屋外スピーカーを63基から163基に増設とラジオ型受信機2,000台の整備、臨海部津波避難ビルマップでは、臨海部の労働者に向けた災害時の避難先、避難ルートや移動にかかる時間を明記し、周知しています。  災害時の津波防災ウエブサービス「ココクル?」