420件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大府市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-03号

私は、昨年の9月議会において、「精神障がい者の雇用の拡大について」の一般質問をいたしましたが、そのときの答弁では、「本市の障がい者就労支援施策の目指すところは、ノーマライゼーションの実現であり、障がいのある人もない人も一緒に働き、ともに暮らしていける社会が望ましいと考えております」との基本的な考え方を示されました。  私も、目指すべき方向は、ノーマライゼーションの実現であると考えます。  

豊田市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会(第2号 2月25日)

障がいの有無や障がいの程度にかかわらず、誰もが当たり前に暮らせるノーマライゼーション社会を実現していくためには、全ての障がい者や障がい児が本人の希望に応じた暮らしを実現できる社会資源の整備が必要であります。  また、身近な地域社会で暮らし続けるためには、家族等の意向にも寄り添いながら、介護者の負担を軽減できるレスパイト機能の充実も求められるかと思います。  

大府市議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会−09月13日-02号

本市の障がい者就労支援施策の目指すところは、ノーマライゼーションの実現であり、障がいのある人もない人も一緒に働き、ともに暮らしていける社会が望ましいと考えておりますので、この方針に基づき、障がい者就労支援施策を進めるべきと考えております。  議員からは、精神障がい者の自立支援に農福連携が有効であると提案をいただいております。  

豊田市議会 2018-09-03 平成30年 9月定例会(第2号 9月 3日)

IPSでは、就労は精神障がい者にとって治療効果があり、そして地域に出ていくことからノーマライゼーションをもたらすと考えられています。これは注視すべき点です。  このIPSを理論的根拠として成果を上げているのが、本年7月、公明党豊田市議団で視察をした静岡方式と言われる引きこもりの若者や障がい者、生活困窮者への伴走型の就労支援です。

大府市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会−03月08日-03号

教育委員会においては、教材で、色覚に色の認識がしづらいということがわかったお子さんに対しては、個別にケアをしているということだったんですが、私が望ましいと思う姿は、スペシャルケアではなくノーマライゼーション、見え方に差があっても平等に生活する社会が望まれると考えて質問をさせていただいたということをお伝えしておきます。  

豊田市議会 2018-02-27 平成30年 3月定例会(第3号 2月27日)

ノーマライゼーション精神から同じ人間としてやるべきことは進めなければならないことであります。  本市では、包括的な支援をどのような手段を用いて進めていただけるかお聞きをするもので、施設から施設への移動手段や医療的ケアの必要な人たちのグループホームをどのようにして連携しながら支援していただけるかであります。いわゆる豊田市方式の支援の仕方についてをお聞きしてまいります。  

豊田市議会 2018-02-26 平成30年 3月定例会(第2号 2月26日)

障がいの有無にかかわらず、誰もが当たり前に暮らせるノーマライゼーション社会を実現していくためには、全ての障がい者や障がい児の方が、可能な限り、身近な地域において日常生活や社会生活を営むことができるような環境づくりを進めていく必要があると思います。  また、身近な地域で暮らし続けるためには、家族などの介護負担を軽減できるような福祉サービスの充実についても求められるかと思います。  

豊田市議会 2017-12-05 平成29年12月定例会(第3号12月 5日)

少し前までは全ての障がい者が普通の生活ができるようにとして、ノーマライゼーションという言葉がよく使われておりました。  しかし、今は障がいの有無を始め、あらゆる個人差を超えて、全ての人たちが同じ社会で生活する環境づくりを目指すインクルージョンへと進歩しております。  

豊橋市議会 2017-06-12 平成29年  6月 定例会-06月12日−01号

そこで、トイレニーズの多様化やノーマライゼーションの展望を見据えた(3)として、健康に暮らせるまち豊橋を具現化するトイレ整備推進への認識と対応について  ア、高齢者障害者など福祉の視点からのトイレ改修に対する補助・助成制度、実績について伺います。  次に、私の少年時代の思い出に、小学校の目立たないところに立っていたくみ取り式のトイレがあります。

一宮市議会 2017-06-08 平成29年  6月 定例会-06月08日−02号

視覚障害者のための点字ブロックの設置や段差解消などのノーマライゼーションバリアフリー施策、案内表示板や刊行物の外国語表示や点字表記、音声案内などについても十分ではありません。今後、どのように整備を進めていくのか、特に東京オリンピックが開催されます2020年、たくさんの外国人が見えますから、整備計画があればお示ししていただきたいと思います。

豊明市議会 2017-06-01 平成29年6月定例月議会(第2号) 本文

やっぱりそういう機会があるから、ああ、こういうふうに接しなきゃいけないんだなというノーマライゼーションの実現の1つだと思いますので、ぜひとも適切な指導をお願いします。  また、マイクロバスとか車高の高いものに乗車する場合、高齢者の方、足の不自由な方は、ステップは1段目がかなりきつく感じると思います。

田原市議会 2016-12-06 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月06日−03号

また、全ての人がノーマライゼーションを理解し、障害のある人もごく普通に生活できる社会を目指すことが重要です。  施設の整備としては、音響式信号機の設置や視覚障害者誘導用ブロックの布設、案内板の設置、段差の解消等が必要となるでしょう。しかしながら、さまざまな障害を持っている方があり、その障害の程度にも差があるため、施設面の整備だけで全ての人にやさしいまちをつくるのは極めて難しいことです。  

知立市議会 2016-12-05 平成28年12月定例会(第2日12月 5日 一般質問)

心のバリアというものを取り除いてこそ、ノーマライゼーションの理念に合致するものだというふうに私は理解をしておるところであります。  例えば、今、障がい者が通所施設というもので求められておるのは、障がい者が自立のために安定した仕事を確保して、その中から少しでも還元することによって生活意欲、あるいは希望感を高めていく、こういうことであります。

豊川市議会 2016-09-15 平成28年 決算特別委員会(9月)-09月15日−03号

この中にある、ノーマライゼーション、リハビリテーション、ユニバーサルデザイン基本理念を念頭に各分野の施策の展開をしっかり行い、障害のある人、ない人も互いに尊重し合い、ともに暮らしやすい地域づくりを行っていただくことを申し添えて終わります。 ○堀内重佳委員長   以上で、鈴木委員の質疑を終わります。  次に、浦野委員。

長久手市議会 2016-09-05 平成28年第3回定例会(第3号 9月 5日)

そのときに、もう既にノーマライゼーションからバリアフリーとか、ユニバーサルデザインということが、この日本の中では広まっている。11年後の今日、長久手市が新規につくる歩道橋がユニバーサルデザインでないということは、市長が日本一の福祉のまちを政策に掲げて登場したのに、非常に私は恥ずかしいことだと思うんです。

大府市議会 2016-06-13 平成28年第 2回定例会−06月13日-02号

本市の子供たちの将来的な展望を考えるならば、大府市らしい、障がいのある人もない人も区別しないで当たり前に暮らせる社会ノーマライゼーションの見地に立脚した学校。垣根の低い、必要ならば、近隣市町とも協力し合える広域的な発想も視野に入れた、特別支援学校の創設が望まれているときだと考えます。  そこで、お伺いします。  

みよし市議会 2016-06-10 平成28年第2回定例会(第3号 6月10日)

ここの特徴としましては、お年寄りや障がいのある人や年齢に関係なく、子どもたちも利用できる、誰でも分け隔てなく接することを目指すいわゆるノーマライゼーションを実行する施設であります。全国のデイケアセンターのモデルとなっているだけでなく、子どもたちにとってもすばらしい育ちの場所になっております。