運営者 Bitlet 姉妹サービス
1452件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-28 稲沢市議会 平成30年第 4回 9月定例会−09月28日-05号 ところが、笹子トンネルの事故を受け、高速道路各社が試算した老朽化対策に必要な大規模修繕、更新の工事費用は総額約4兆円に上り、これが民営化時の債務返済計画に盛り込まれていませんでした。そのため、借金返済計画を見直して、無料化を先送りした経緯があります。 もっと読む
2018-09-25 春日井市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月25日−03号 現在,東京都で進められている東京外環道のトンネル工事において,世田谷区を流れる野川という河川付近を掘削している際に,突然川の水面が激しく泡立って,大量のガスが発生するという事故がありました。ガス発生箇所は5カ所に及び,発生したガスには酸素がほとんど含まれていませんでした。付近では工事由来と思われる地下水の噴出も数カ所確認されています。   もっと読む
2018-09-13 知立市議会 平成30年 9月定例会(第5日 9月13日 質疑) ○建設部長(岩瀨祐司)  橋梁につきましては、平成24年度に橋梁長寿命化修繕計画というのを作成させていただいたところでございますけれど、事業を進めてきておった中で、平成24年に中央道の笹子トンネル崩落事故が起こりまして、橋梁の長寿命化を図る上で、道路法の改正が行われまして、5年に1回、近接目視で橋梁を点検しなさいという強化がなされたものですから、調査を5年に1回のサイクルで法律で定められたという状況 もっと読む
2018-09-10 蒲郡市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−03号 工事につきましては、蒲郡市と豊川市との市境にあります国坂トンネルが昨年11月に貫通し、蒲郡市内の工事も順調に進んでおります。また、豊川市側につきましても、豊川為当インターチェンジ付近では橋梁下部工の工事が行われ、豊沢トンネルも昨年9月に着工し、工事を進めているところでございます。  以上です。 ○伴捷文議長 竹内滋泰議員。 もっと読む
2018-08-30 岡崎市議会 平成30年  9月 定例会-08月30日−13号 ◎総合政策部長(山本公徳) 岡崎阿知和スマートインターチェンジは、東名高速道路本線と直接接続する形で検討しておりますが、新東名高速道路は、橋やトンネルなどの構造物が多く、本線と直接接続することが困難なため、スマートインターチェンジの開設には、今、議員もおっしゃられております岡崎サービスエリアが適地であると考えております。   もっと読む
2018-07-03 春日井市議会 平成30年  6月 定例会(第4回)-07月03日−03号 私は過去に,NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会への支援を一般質問で2度ほど取り上げさせていただきました。2008年から公開が始まった愛岐トンネル群は,昨年までついに累計入場者数が20万人を突破いたしました。 もっと読む
2018-06-18 蒲郡市議会 平成30年  6月 総務委員会-06月18日−01号 この転流工工事は、ダム建設予定地より上流の水を下流に流すためのバイパスの役割を持つトンネルを掘る工事であります。こうしたダム事業の進捗に伴い、土捨場の確保は急がれる状況となりました。   もっと読む
2018-06-13 豊田市議会 平成30年 6月定例会(第4号 6月13日) ○産業部長(前田雄治) 現地調査としまして、測量、地質調査、地下の埋設物調査、また、現況施設の調査として、コンクリート構造物の点検、管水路調査、水路トンネル調査を愛知県が実施いたしました。  結果として、若干の経年劣化は確認されましたが、通水機能や構造に支障にきたすような損傷や劣化は確認されず、全線健全な状況でありました。  以上です。 ○議長(鈴木 章) 宮本議員。 もっと読む
2018-06-13 蒲郡市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−01号 御提案場所は、荒子トンネル東側の水竹町地内で、市道花掛4号線ほか1路線は、国道247号バイパスの供用開始に伴い路線変更する路線の一部が既存道路として残るため、改めて路線認定するものであります。  また、市道花掛木船1号線ほか2路線は、重複する路線の一部を廃止し、あわせて路線変更するものであります。  次に、図面2ページをごらんください。   もっと読む
2018-06-12 豊田市議会 平成30年 6月定例会(第3号 6月12日) 一級河川安永川の改修事業につきましては、早期事業完了に向け、トンネル上流部の工事が着々と進められていると思いますが、現在の進捗状況について伺います。 ○議長(鈴木 章) 山口建設部長。 ○建設部長(山口美智雄) 一級河川安永川都市基盤河川改修事業につきましては、平成20年度から工事に着手し、平成26年度末にはトンネル区間が完成いたしました。   もっと読む
2018-03-19 半田市議会 平成30年  3月 建設産業委員会(予算審査)-03月19日−04号 ◎市長(榊原純夫君) 実は26日に、私と碧南の市長と高浜の市長とで、道路コンセッション会社に海底トンネルの無料化や低減化について要望することになっていますので、そういった面も含めて、衣浦大橋だけではなくて、三河のほうから知多半島に行きやすい環境整備については努力してまいりたいと思っています。 ○岩田玲子委員長 ほかに御質疑ありませんか。 ◆澤田勝委員 1点お願いいたします。   もっと読む
2018-03-16 東海市議会 平成30年 3月定例会 (第4日 3月16日) 手つかずの自然が残る南アルプスをトンネルで貫通し、大地震を起こす活断層を7つ横断するなどの危険が指摘されてもいます。リニアをめぐる巨大談合事件も明らかになっています。公的資金の投入だけではなく、地方自治体も協力させられるなど多くの問題を抱えています。リニア新幹線は中止させ、本市が進めているリニアインパクトを生かしたまちづくりは見直すべきと考えます。   もっと読む
2018-03-16 尾張旭市議会 平成30年  3月 都市環境委員会-03月16日−01号 平成26年の道路法施行規則の一部改正によりまして、トンネルや橋梁の近接目視による点検が義務づけられたことによるものです。点検内容としましては、鋼部材の腐食、亀裂、緩み、破断、防食機能の劣化状況などの確認です。  それから、その下の橋梁詳細設計委託料の内容ですが、こちらにつきましては、来年度は31年度施行予定の稲葉橋の橋脚の耐震補強工事に向けまして詳細設計を行います。  以上です。 もっと読む
2018-03-15 半田市議会 平成30年  3月 総務委員会(予算審査)-03月15日−03号 平成30年度は、磁石のトンネルに入り工事現場のような音がする検査という印象が強いMRI装置の更新を予定しております。  更新の対象となるMRI装置は、平成13年度に導入され、平成21年度には陳腐化を理由にアップグレードを施しましたが、平成24年に更新をしましたもう一台のMRI装置との性能差が顕著であり、老朽化も相まって更新を予定しました。   もっと読む
2018-03-15 豊山町議会 平成30年  3月 福祉建設常任委員会-03月15日−01号 横断歩道なのか信号なのか、高架なのかトンネルなのか、具体的に決まっていれば教えてください。 ○委員長(粟田昌子君) 中川土木・農政係長。 もっと読む
2018-03-14 半田市議会 平成30年  3月 建設産業委員会(予算審査)-03月14日−02号 ◎経済課長(出口久浩君) 企業訪問につきましては、昨年の実績と前々年度の実績を先ほどおっしゃっていただいたんですけれども、今年度につきましては、今まで企業誘致の担当2人で1チームという形で企業訪問をしておりましたが、ことしについては、土木課と企画課、土木課については衣浦海底トンネルの無償化だとかのアンケート、あと企画課についてはシティプロモーションという観点で一緒に回りましょうということで話を持ちかけまして もっと読む
2018-03-12 犬山市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月12日) 大好きな山々、とりわけ南アルプスの山々の土手っぱらに穴があけられるということには、私は耐えられない思いでありまして、かつこのトンネルを掘った残土をどうするんだということが大変大きな問題になっています。 もっと読む
2018-03-09 岡崎市議会 平成30年  3月 経済建設常任委員会-03月09日−01号 ◎道路維持課長(畔柳智岐) 岡崎市公共施設等総合管理計画に基づき、道路構造物の長寿命化と事業費の平準化を図るため、新たに道路の個別施設計画策定及びトンネル点検を予定しているためでございます。  以上でございます。 ○委員長(井村伸幸) 神谷委員。 もっと読む
2018-03-08 犬山市議会 平成30年 3月定例会(第4日 3月 8日) 雪で通行どめというのは前にもお話ししたことがあったんですけど、これは実はトンネルのとこで工事をやっていて通行どめだったんですね。ということで、本来ならば、これは尾張パークウェイを通って犬山市内を通過したであろう車なんです。富士山ナンバーだったんです。 もっと読む
2018-02-28 豊田市議会 平成30年 3月定例会(第4号 2月28日) ○企画政策部長(安田明弘) 本市においては、平成28年度までに橋梁やトンネル・シェッド、横断歩道橋の個別施設計画を策定済みです。公共建築物や計画がまだ策定されていないインフラ施設につきましては、順次策定を進め、原則、平成32年度までに完了する予定となっています。  一方、愛知県においては、平成28年度までに道路や水道、下水道、都市公園などの個別施設計画を策定済みです。 もっと読む