12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長久手市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第3号12月 5日)

近年、グローバル化の進展により海外との交流が盛んになっていることに伴い、国内での感染が余り見られない蚊が媒介するウイルスが海外から国内に流入する事例が増加し、平成26年8月には、約70年ぶりとなるデング熱の国内感染が確認され、その感染者数は162名とされました。そのため、人が多く集まる場所や蚊の多い場所、これにおける対策が重要であるということがこれは時代の流れとなっています。そこで3点。  

東海市議会 2015-03-12 平成27年 3月定例会 (第3日 3月12日)

皆さんも記憶に新しいことと思いますが、昨年の8月、東京の代々木公園を中心とし、全国に感染者を出したデング熱事件です。これは、国内で70年ぶりに報告されたもので、外国から感染した渡航者が持ち込んだもので、蚊を媒介し、感染が広がったものとされています。東海市においても、外国からの船がつく港を持っていることを認識し、注意を怠らないことが肝要であることを初めに申しておきます。  

大府市議会 2014-12-09 平成26年第 4回定例会-12月09日-02号

この夏からデング熱、エボラ出血熱などの報道がなされなかった日はありませんし、適切な処置が確立されていない現在、それらの伝染病に対する不安は逆にますます拡大する一方かと思います。本市の伝染病に対する取組を確認し、その不安が少しでもなくなればという立場で質問をさせていただきます。  まず、デング熱について伺います。  

みよし市議会 2014-09-17 平成26年文教厚生委員会( 9月17日)

また、話は変わりますけども、ちまたを騒がしているデング熱が広がりを見せております。我がみよしには感染者、また感染を媒介するヒトスジシマカがいないことを願っております。  それでは、小野田市長のあいさつをよろしくお願いをいたします。 ○(小野田賢治市長) 改めまして、おはようございます。  本日は文教厚生委員会を開催いただきまして、まことにありがとうございます。  

稲沢市議会 2014-09-16 平成26年第 4回 9月定例会−09月16日-04号

また、日本では70年ぶりにデング熱の感染が確認され、感染者が急増しています。  世界に目を向けますと、西アフリカではエボラ出血熱という感染症が猛威をふるっています。大変深刻な状況です。昨年12月にギニア感染症が出て以降、リベリア、シエラレオネナイジェリアセネガルの4カ国にも拡大し、死者は2,400人以上出ています。  

長久手市議会 2014-09-09 平成26年第3回定例会(第4号 9月 9日)

それから、もう1点、今、関東のほうでデング熱とかそういったものに対する感染症につきましても、長い名前になりますが、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律というものがございまして、県のほうと連携をとりながら対応するということが決まってございますので、それに基づいて対応したいというふうに考えております。 ○議長(川合保生君) 再質問はありませんか。2番すえ規代議員

扶桑町議会 2014-09-08 平成26年第6回定例会(第2日 9月 8日)

デング熱の問題が、8月に東京都は代々木公園、さらにはこの被害が拡大の現況にあるという報道がなされております。  危険がいっぱいの生活環境の中で、町民の安全と安心をつくる、町民の命を守ることが大切だというふうに、当局の首長である江戸町長は、前回の立候補表明の中でも最大のベースとして取り組んでいくというふうに申されたはずであります。私は、あえて申し上げたい。

名古屋市議会 1988-09-19 09月19日-18号

先ほどの市民健康の保持増進というフレーズは、地域保健法という法律に書かれており、健康増進はもとより、妊娠や出生といったお母さんと子供健康高齢者保健、加えて精神保健福祉に関すること、あるいは今ちまたで騒がれているデング熱や新型インフルエンザなど感染症への対策など、対人保健の業務を担うとともに、医療機関や薬局、私になじみが深い公衆浴場や美容院や床屋さん、クリーニング屋さんなどに関する営業許可や届

名古屋市議会 1969-09-18 09月18日-17号

皆さんにぜひ見ていただきたい写真がございますが、これが僕、デング熱--結果的に名古屋市はなかったんですけれども、おびえながら、蛇ににらまれながら、命がけで撮ってきた写真です。 見ていただきたいと思いますが、ここの場所は、いわゆる危険箇所の場所だけではなくて、ちょうど3年前に守山区を襲った台風15号のときに、被害は幸いにも少なかったものの、土砂災害が起きた現場の場所です。

  • 1