313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

扶桑町議会 2018-12-20 平成30年第7回定例会(第5日12月20日)

「利用料が1割から2割になり、訪問介護デイケアの利用を半分に減らした」「特養に入所できず、家族が仕事をやめて介護」など、新たな介護困難や介護離職が広がっている。  事業所は、介護報酬の大幅な引き下げにより、倒産・廃業する事業所が相次ぎ、地域介護サービス基盤そのものを大きく揺るがしている。  高齢化が進展する中で、介護保障の充実は全ての高齢者国民の願いであることから、以下の改善を要望する。  

豊明市議会 2018-12-01 平成30年12月定例月議会(第1号) 本文

「利用料が1割から2割になり、訪問介護デイケアの利用を半分に減らした」「特養に入所できず、家族が仕事を辞めて介護」など、新たな介護困難や介護離職が広がっています。  事業所は、介護報酬の大幅な引き下げにより、倒産・廃業する事業所が相次ぎ、地域介護サービス基盤そのものを大きく揺るがしています。  介護現場では、職員を募集しても応募がなく、人手不足が常態化・深刻化しています。

岡崎市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会-09月28日−17号

・通院、就労、デイケアへの移動支援の必要性は高く、生きがいを求める外出促進の観点からも必要な制度と考え、本請願に賛同する。福祉病院  --------------------------------------- ○議長(加藤義幸) 日程第6、請願第3号外2件を一括議題といたします。  委員会の審査結果は、席上に配付の請願審査結果一覧表により御承知願います。  

春日井市議会 2018-09-28 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月28日−05号

通院やデイケア,支援センターの利用,福祉的就労など日常生活に係る交通費の負担が軽くなり,自宅に引きこもるのではなく,できる限り外出機会をふやしてもらうためにも電車・バス交通運輸事業者の方に御理解をいただき,ほかの2障がいと同等の支援策を実施されることを願いますとの発言がありました。  その他,採択の立場から発言がありましたが,これを省略させていただきます。  

西尾市議会 2018-09-18 2018-09-18 平成29年度決算特別委員会(第5日目) 本文

しかし、それぞれのチームは地道な活動を継続しており、まず認知症対策チームにつきましては、院内デイケアを毎週1回から2回に回数をふやしました。  次に、褥瘡対策チームは、28年度は215人、29年度は240人の方に対して回診を行っております。それから、同じく往診につきましては28年度は86回、29年度は101回の往診を行っております。  

小牧市議会 2018-09-18 平成30年第 3回定例会-09月18日-03号

事業内容につきましては、産後に母親の体調不良や育児不安があり、家族から十分な援助が受けられない産後4カ月未満の母親とのその乳児を対象に、市と契約している産婦人科医、産婦人科医療機関などで日帰りのデイケア、または宿泊のショートステイにより心身のケアや育児サポートなど、きめ細かい支援を実施していきます。  利用料金は所得に応じて変わり、生活保護受給世帯所得の低い世帯の負担を軽減しております。

春日井市議会 2018-09-14 平成30年  9月14日 厚生委員会-09月14日−01号

そして、割引をしてほしいという一番の理由に挙げられていますのが、通院やデイケア、支援センターの利用、福祉的就労など、日常生活に係る交通費の負担が軽くなるというものが57.8%を占めている。これはいわゆる必要不可欠な内容、必要に迫られているということでございますので、社会参加をしていただくためには、もっと趣味や娯楽のためというようなことがもっとふえてほしいものであります。

西尾市議会 2018-07-04 2018-07-04 平成30年 厚生部会 本文

1ページ、左端項目番号2 認知症サポートチームの活動充実でございますが、認知症サポートチームが中心となり、院内デイケアや研修会を実施するなど、認知症への対応力向上に向けた取り組みを進めています。関係職員認知症患者の理解が深まることで、円滑な入院治療に貢献するとともに、在宅や看護事業所においても療養生活の向上につながるものと考えております。  

みよし市議会 2018-03-14 平成30年文教厚生委員会( 3月14日)

○(加藤福祉課長) 放課後デイサービスのほうにデイケア等からの人はかなり入ってきておりまして、その分で利用者数、日数とも今増えておる状況です。 ○(広瀬裕久委員長) 加藤委員。 ○(加藤芳文委員) ちょっと今増えているということだけど、もうちょっと詳しくメモ書きしなかったけれど、27年度、28年度、29年度の利用者が幾つで、30年度の利用者を何人と見込んでるのか。

一宮市議会 2018-03-13 平成30年  3月 福祉健康委員会-03月13日−01号

支援学校でも重度な子供は親の送迎が当然視され、卒業後の進路も、進路としての作業所やデイケア施設も十分とは言えない状況にあります。加えて親が障害者児にかかりきりになるということは、家庭貧困化を招くことにもつながります。こうしたお母さんたちの声や現状の姿を国に届けたいと、請願を行いました。  

常滑市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−02号

その中でも、ペッパー君がリハビリテーションのところで、デイケアで踊りの模範演技をする、それを皆さんが遠隔で見てやるというのがありまして、それはやっぱり少ない介護のスタッフのかわりになっているみたいですし、それがもうかっているかというと、ちょっと初めは難しいと思うのですけれども、ただ、やっぱり使っていきながらだんだん改善していくのかなと。

豊明市議会 2018-03-01 平成30年3月定例月議会(第2号) 本文

通所介護施設デイケア施設にお世話になっておりますが、いよいよ大変になってきまして、昨年12月には家の中で転倒して意識がなくなりました。そのときには土屋消防長のところの救急車で衛生大学病院へ運んでいただきました。ことしになってさらに大変になってきまして、一緒に暮らしている姉夫婦たちが疲弊をしてきました。

飛島村議会 2017-12-25 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月25日−03号

「利用料が1割から2割になり、訪問介護デイケアの利用を半分に減らした」「自宅での介護は限界、特養に入所できず、家族が仕事を辞めて介護」など、新たな介護困難が生じている。  事業所は介護報酬の大幅な引き下げにより、倒産件数が過去最高、廃業する小規模事業所が相次いでいる。地域介護サービス基盤そのものを大きく揺がしている。  

名古屋市議会 2017-11-30 平成29年 11月 定例会-11月30日−27号

 定例会 − 11月30日−27号 平成29年 11月 定例会 − 11月30日−27号 平成29年 11月 定例会                議事日程         平成29年11月30日(木曜日)午前10時開議 第1 平成29年請願第18号 国民健康保険制度高齢者医療制度及び介護保険制度の改善を求める件 第2 同 第19号 子供たちが健やかに育つために、休日保育事業、病児・病後児デイケア

西尾市議会 2017-09-20 2017-09-20 平成28年度決算特別委員会(第5日目) 本文

それから、院内デイケアを週2日設けておりまして、これも対象となる患者さんを1つの部屋に集めまして張り絵だとか、そういうことをやっております。  それから、ほかの栄養サポートチーム、緩和ケアチームにつきましても、構成する職種医師を筆頭に看護師理学療法士栄養チームに関しましては栄養士などを中心に活動を行っております。

尾張旭市議会 2017-09-12 平成29年  9月 福祉文教委員会協議会-09月12日−01号

精神障がい者が地域で自立した生活を送るためには、定期的な精神科の受診と服薬の継続は言うまでもなく、社会復帰を目指して作業所やデイケアに通うことも絶対に必要です。  しかし、精神障がい者の多くは、わずかな年金生活保護、あるいは、家族扶養なしには生活できないなど、経済的に苦しい生活を余儀なくされています。それゆえに、交通費が大きな負担となっています。