143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東海市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会 (第3日12月 5日)

環境経済部長(荒谷幸司)  質問事項の1、環境対策についての質問項目の1点目、環境対策のための設備投資及び費用対効果についてでございますが、鉄鋼3社における主に降下ばいじん対策に係る設備の過去3年間の整備状況でございますが、日本製鉄では、28年度には小型清掃車の更新など、29年度にはコークス移送系集じん強化、スラグ処理場集じん強化など、30年度にはスラグヤードスプリンクラー改善、高効率清掃車の増強

岩倉市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第 2号12月 4日)

○15番(桝谷規子君) 債務負担行為舗装側溝工事を年間を通してやっていただくようになってきたということで、非常に評価するところでありますが、側溝のふたについて、先日小牧岩倉の組合のほうで視察をさせていただいて、小牧岩倉で出てくるスラグを使ってのコンクリート工場を見学させていただいたところなんですが、そこでスラグを使ったさまざまなものをつくってみえて、側溝のふたにやっぱりうまく合わないとがたがた、車

長久手市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第4号12月 3日)

今、議員の御質問をいただいております炉でございますが、こちらにつきましては、焼却炉で発生した焼却灰などを1,300℃以上の高温で溶かし、これを固めて、スラグという黒いガラス粒状の物質にする処理を行うものでして、溶解炉という方式のものです。一般的に溶解炉方式を採用すると、ごみ処理施設は焼却灰が出ないため、最終処分場を持たないところが多くなるような特色があります。

東海市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会 (第3日 3月13日)

続きまして、質問項目の2点目、防じんフェンス・ネットの設置についてでございますが、市としても、防じんフェンス・ネットの設置は、発じん防止に有効対策であると考えておりますので、他の先進事例も参考にしながら、企業に対し発じん対策効果的なスラグ処理場やヤード周辺などへの増設を引き続き要望してまいります。  

東海市議会 2018-12-05 平成30年12月定例会 (第2日12月 5日)

続きまして、質問項目の3点目、画期的な粉じん・ばいじん対策についてでございますが、市としましては、屋外作業施設の建屋化や焼結煙突の集じん能力強化、防風ネットや散水設備のより一層の増強を進めることにより効果的に発じん量の削減が図られるものと考えており、企業においても昨年度、製鋼スラグ排出処理場の一部建屋化及び集じん強化を実施しております。  

東海市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会 (第3日 9月 6日)

地域住民や本市による声に加え、企業としてのコンプライアンスが高まる中、平成29年度の臨海部企業による降下ばいじん対策として、新日鐵住金ではコークス搬送ベルトコンベヤの環境集じん機の更新、道路散水車の1台増強、製鋼スラグ処理場の集じん機の増設など。愛知製鋼では、ノロ処理場の南側200平方メートル舗装

知立市議会 2018-06-18 平成30年予算・決算委員会(市民福祉分科会 6月18日)

環境課長   処分の折に覆土のスラグ等も設けてございますので、敷きならしをした上でスラグ等をかぶせて飛散防止の処理をする予定で考えております。 ○佐藤委員   第2不燃物処理場は昨年度末でクリーンセンターは不燃物の受け入れをできなくなったということで、去年1年分の不燃物が第2不燃物処分場にいっぱいたまってると思うんですけど、埋め戻しは可能なんですか。

東海市議会 2018-03-02 平成30年 3月定例会 (第2日 3月 2日)

29年第3回定例会では、29年度における臨海部企業による降下ばいじん対策の市としての把握状況についてお伺いいたしましたが、その主な答弁内容は、新日鐵住金ではコークス搬送ベルトコンベヤの環境集じん機の更新、道路散水車の1台増強、30年3月完成予定の製鋼スラグ処理場の集じん機の増設など、愛知製鋼では、ノロ処理場の南側200平方メートル舗装、大同特殊鋼では、スラグ処理場の土間700平方メートルの整備、スラグ

知立市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会(第4日12月 8日 一般質問)

リサイクル率というのは、分母のところにごみの総量が出てくるんですが、ごみの総量が減ってるにもかからずリサイクル率が16%くらいで、今回はスラグが入ったので若干上がったことはわかりますが、やはりその程度で推移しているというのは大きな問題ではないかと思います。  それから、地球温暖化対策の実行計画というのも並行してやるわけでございます。これの計画期間目的をお願いいたします。

知立市議会 2017-12-07 平成29年12月定例会(第3日12月 7日 一般質問)

スラグにつきましては、平成28年度実績で4,136トン生成をされております。 ○議長(風間勝治)  8番 神谷議員。 ○8番(神谷文明)  灰溶融炉で溶融スラグにするメリットは、1、減容化、残渣や灰をとかし固めることで容積が減少する、したがって最終処分場埋立地等の延命につながる、これは容積が2分の1になるというふうに先ほど市民部長もおっしゃられました。

知立市議会 2017-09-12 平成29年 9月定例会(第4日 9月12日 一般質問)

市民部長(野村裕之)  平成28年度のリサイクル率が上昇した主な理由でございますけれども、これはごみを焼却してできました灰を加工して作成する溶融スラグのほうを知立市の不燃物処理場で使用したためということになります。仮に、この溶融スラグという要因を除いて実際のリサイクル率を求めますと、前年度を若干下回る15.9%という数字になるのかなというふうに思っております。

東浦町議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月11日−03号

特に、埋め立てに使う土は大丈夫かというようなことも言われているわけですけれども、これについても、業者としては、鉄鋼スラグというものは、そんなに有害ではないようなことを言っておりますけれども、これだって問題があるわけですし、また、今までは山からじわじわと染み出す水が来たものが、調整池にたまってからドッと出てくるという形に変わるわけですよね。

東海市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会 (第3日 9月 7日)

その主な答弁内容は、新日鐵住金ではコークス搬送ベルトコンベヤの環境集じん機の更新、スラグ処理場の環境集じん機の増設、道路散水車の1台増車など。愛知製鋼では、ノロ処理場のコンクリート舗装の第1期分として170平方メートル舗装。大同特殊鋼では、スラグ処理場の土間整備として、約500平方メートル舗装、西地区リサイクルヤードの約2,000平方メートル舗装を予定しているとのことでした。  

東海市議会 2017-09-06 平成29年 9月定例会 (第2日 9月 6日)

大同特殊鋼では、28年度に新スラグ製品置き場の約4,200平方メートル舗装と西地区の未舗装道路約2,000平方メートル舗装などを行っており、今年度はスラグ製品置き場の約1,500平方メートル舗装などを実施しております。各社の対策につきましては、随時立入調査を行い、実施状況の確認に努めてまいります。  

知立市議会 2017-06-09 平成29年 6月定例会(第3日 6月 9日 一般質問)

また、リサイクル率につきましても、これもまだ最終的な数字がそろっていないわけでございますけれども、平成28年度においては溶融スラグを受け入れをしましたので、昨年度と比較して、リサイクル率は上昇するという見込みであります。 ○議長石川信生)  ここで10分間休憩します。