23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

豊田市議会 2019-06-11 令和元年 6月定例会(第3号 6月11日)

①運転経歴証明書交付手数料1,100円の公費負担、②おいでんバス乗車の半額補助、③名鉄バス乗車の半額補助名鉄バス株式会社への要請とその財源充当、④年間3,000円程度の負担で10時から15時ぐらいの時間帯のおいでんバス名鉄バス乗車が無料となる昼間無料パスの発行、⑤繁忙期、繁忙時間帯を除いたタクシー乗車の半額補助、⑥シニアカーなど電動カートの購入費補助、⑦今後の次世代移動ツールの購入費補助、そして

大府市議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会−09月13日-02号

◆7番議員(加古守)  住みよさを更に上げるみちづくりとして、人やシニアカーを含む自転車の移動がしやすい施設や事業は何かあるのでしょうか、お尋ねします。 ○議長早川高光)  お答え願います。建設部長。 ◎建設部長(長谷川重仁)  先ほどの答弁でもありましたが、人への対応としましては、幹線道路補助幹線道路を中心に歩道整備を行っているという段階であります。

大府市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会−03月08日-03号

あと、道路の高低差によって、シニアカー等の通行が不便になるというようなデメリットもございますので、そういった手法に代わるもの、ほかにも、カラー舗装とか、いろいろな方法もあるということで、現状に応じた最適な方法を考えて実施してまいりたいと思います。  以上です。 ○議長早川高光)  答弁終わりました。9番・日高章議員

豊田市議会 2017-09-20 平成29年予算決算委員会 企画総務分科会( 9月20日)

3月には、未来の乗り物大集合ということで行いましたが、ふだん目にしない立ち乗り型電動二輪車、燃料不要の人力三輪車、あるいはバス等への持ち込みも視野に入れたコンパクトシニアカーといったものを展示しまして試乗会もしております。  子どもたちからは「未来を感じた」ですとか「豊田市に普及したらすばらしい」といった感想のほか、超小型電気自動車の新しい活用アイデアも寄せられました。  

豊橋市議会 2015-12-07 平成27年 12月 定例会-12月07日−01号

高齢者でも容易に運転できる電動アシストサイクルや、車両扱いではありませんが、電動のシニアカーなどの普及もさまざま場面で目にすることと思われます。  インフラの整備には長い時間が必要であり、今回のお答えの中にもある整備路線においても、まだまだネットワーク化には至っておらず、単線での整備にとどまっているのも現状です。

豊橋市議会 2013-09-13 平成25年  9月 決算特別委員会-09月13日−03号

ベビーカー、シニアカー自転車の人々は、人にまみれて大変でした。もう、にらみつけられるありさまです。広小路通りは身動きができないので、幹線からあふれ、抜け出た人々は露地へ回り、露地もいっぱいでした。  今回大きな事故はなかったので安心したところですが、群衆心理、また行動の恐ろしさがつきまといます。

尾張旭市議会 2013-09-04 平成25年  9月 定例会(第4回)-09月04日−02号

もしかすると、最近よく見かけるようになった高齢者の電動シニアカーも増加してくるかもしれません。高度成長期の自動車優先の道路整備から、日本人口分布の変化、ライフスタイルの変化による道路整備が必要となってきております。今後の道路整備、今回は自転車専用道について市のお考えを伺います。

知立市議会 2013-06-10 平成25年 6月定例会(第2日 6月10日 一般質問)

何人かのお客様から要望をいただきましたが、その第1は、俗に言うシニアカー、電動で走ります、御老人が乗られる車でございますけれども、シニアカーの貸し出しを希望するものでありました。市としても高齢者に配慮し、観光客の増加に寄与しているとPRができると思いますが、市民部長、いかがでしょうか。 ○議長(池田滋彦)  市民部長

春日井市議会 2012-09-25 平成24年  9月 定例会(第4回)-09月25日−03号

歩道の最低幅員につきましても,高齢化が進む中,安全で安心して通行でき,人に優しい道路の整備に努める必要があることから,車いすやシニアカーの通行を考慮する必要があり,また,歩道内に設置される電柱道路標識などを考えますと,歩道幅員は最低でも2メートルは必要であると判断しております。以上でございます。 ○議長(林克巳君) 総務部長 加藤達也君。

東海市議会 2012-03-12 平成24年 3月定例会 (第3日 3月12日)

シニアカーも通行できませんが、市として県に改善を要望すべきと思いますが、いかがでしょうか。  次に、道路農道等の防犯灯・街路灯についてお尋ねいたします。  防犯灯・街路灯の設置基準の経緯をお知らせください。  中ノ池5丁目地区において防犯灯の2灯がいきなり6灯になった箇所がございますが、どういう理由でしょうか。まず1灯ではないでしょうか。

東海市議会 2011-09-08 平成23年 9月定例会 (第3日 9月 8日)

また、最近高齢者の方の利用が多くなってきたシニアカーについて転倒事故も多いと伺っていますが、乗り入れについてはどうなのかと思いました。  そこで質問ですが、市民利用の多い主な公共施設の貸し出し用車いすの配備状況と電動車いすの乗り入れに対する考え方をお尋ねいたします。  続いて(2)都市公園施設の貸し出し用車いすの利用状況についてもお聞かせください。  

津島市議会 2004-09-09 平成16年第3回定例会(第2号) 本文 開催日: 2004-09-09

最近では、歩道上に不法に置かれた看板が多く、歩行者や通行する自転車の妨げになっているばかりか、介護保険の導入で利用者がふえてきている電動三輪車「シニアカー」にとっては、通行できずに車道を走らなければならない危険な状態もよく目にします。また、本年は台風が多く、その影響で傾いたり歩道に倒れかけた看板も多く目にします。

知多市議会 2003-09-04 平成15年  9月 定例会(第4回)-09月04日−01号

自転車をはじめ車いすやシニアカーで半田街道を走りますと、本当に危険です。安全対策や歩車道分離対策は急務であります。  そこで、①主要地方名古屋半田線の歩道の利用者が安全に通行できるよう、側溝ぶたの改修・維持管理面の改修を愛知県に要望するとのことでありました。その後の県からの返答を伺いたい。  次に、電線地中化についてであります。  現在、バリアフリーの時代と共に地中化の動きはより加速しています。

知多市議会 2003-06-17 平成15年  6月 定例会(第3回)-06月17日−02号

障害者高齢者の外出する手段として、最近ではよくシニアカーを見かけます。歩道整備ができていないために、車道の端を走行され、危険を感じることがよくあります。また、県道大府常滑線にて、市内の高校生等が自転車で通学する姿をよく見かけます。歩道は片側だけであり、一部歩道幅が狭く、自転車でのすれ違いができなく、自転車車道に飛び出し、危険を感じます。

  • 1
  • 2