59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東郷町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-12-10

それが日常的に学校生活の中に存在しているという、まさに毎日がサバイバル、非常にリスクにさらされている日々を送っているというわけです。そんな状況を子どもたちに強いている現状は当然見直さなくてはならないでしょう。本当に安全性が担保できるアレルギー対応の観点から、また、安心して給食の時間を過ごすことができる環境をつくるためにも、少なくとも牛乳が提供される頻度の見直しは必要です。

碧南市議会 2018-09-19 2018-09-19 平成30年決算審査特別委員会総務文教分科会 本文

489 ◆庶務課長(村松幸雄) 以前学校図書に関して評価を受けておりましたけれども、今載せていただいております生きる力を育む義務教育の充実、教育内容環境ということで、外国人の方が非常に多くなっていますので、サバイバル日本語等、やっぱりそういった方々に対する施策について御意見をいただきたいということで項目を変更させていただいたということで、よろしくお願

岩倉市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第 3号 6月13日)

非常時の食事サバイバルの御飯の調理、喫食もあり、夜間はどんな環境になるか、居住スペースの広さなど、ふだんの訓練では体験できない新たな発見もあり、豊山町さんでは、防災への備え方や減災対策につながることが目的のことでした。  そこで、岩倉市でも夜間の防災訓練防災チャレンジキャンプを実施すべきであると考えますが、当局の見解をお聞かせください。 ○議長(黒川 武君) 総務部長。

岩倉市議会 2017-03-17 平成29年第1回定例会(第 5号 3月17日)

私からは、最近の映画サバイバルファミリー」の自転車でふるさとへ帰るという映画を見てまいりました。最近ちょっと自転車にかかわった映画もブームになっております。  あるいは、民間では社員健康増進のため、本社から10キロ以内の社員自転車通勤を認め、月5,000円の手当を支給する例もあります。

刈谷市議会 2016-09-07 09月07日-01号

やっぱり子供たちに教えるというのは大事なことで、もちろん歴史を教えながら防災を考える機会に触れるということ、そしてサバイバルをすることを覚えるというか、大変な状況なんだよということを知らせるということはやっぱり大事なので、常設の防災学習施設を設置するというふうに提案したいと思います。 

東郷町議会 2015-12-08 平成27年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2015-12-08

自立という言葉に絡みまして、文部科学省は、もうこの何年来、生きる力を育む、これはとても大事なことだよ、政権が変わろうと変わるまいと、ずっとこれは共通で来ておる言葉なんですが、その生きる力というのは、例えば山の中で、あるいは無人島でサバイバルで生き抜いていく、これも大事なことではあるんですが、今話題になっております主権教育にかかわるものとして、やはり社会の中でいかに生きていくか、これが大切なことかなと

岩倉市議会 2015-03-19 平成27年第1回定例会(第 5号 3月19日)

同様に、小学校中高学年では、科学的な漫画でありますサバイバルシリーズや小説版のワンピースが人気となっております。  学校教育でも、社会の動きを的確につかみ、それらの背景を捉えながら、効果的な教育活動を推進していくことが必要であると考えているところでございます。 ○議長(松浦正隆君) 黒川議員

東海市議会 2014-12-03 平成26年12月定例会 (第2日12月 3日)

私は、分科会1、女性の活躍推進、「働く女のサバイバル~女性が社会で活躍するために必要なこと~」で、まさに時宜を得た内容でした。  コーディネーターの上野千鶴子さんは、女性が働きやすい環境にするための処方箋を示されました。1、労働時間の短縮です。これは、定時に帰ることです。2、年功序列制の廃止です。1つには、新卒一括採用はやめることです。3、同一労働・同一賃金の確立です。

刈谷市議会 2014-09-04 09月04日-02号

私は、重要な点は、一番必要なのは食料エネルギーを刈谷市で自立できるということが今後のサバイバル都市間競争の中で生き残る基本的な中身だというふうに思っているわけです。今、工業で随分頑張ってきてくださるんですね、商業も。私は、この間、小規模の投資促進のあれをやったでしょう。えらい評価したい。ただし、もうちょっと垣根を下げて誰でも使えるようにしたい。それから、さらにその枠を大きくしてね……。 

知多市議会 2014-06-16 06月16日-01号

次に2つ目、避難所生活体験の実施状況と今後の取り組みについてでございますが、避難所生活体験は以前、市内各コミュニティで開催されておりましたが、つつじが丘小学校では24年度から、PTAやおやじの会が主催するサバイバルナイトにおいて避難所の生活体験をする宿泊行事に取り組んでおります。

刈谷市議会 2014-06-12 06月12日-02号

あと、ラジコンができるとかサバイバルゲームのシューティング場とか、いろんな市民のニーズが実は公園にあるんです。こういうところはちょっと考えてほしいなと思っています。 もう一個質問しますが、第3期拡張計画で買収した土地、7億2,500万円、債務負担行為。あの土地を利用してドッグランというのはどうでしょうか。

豊明市議会 2014-06-01 平成26年6月定例月議会(第3号) 本文

大阪市の一つの事例でいきますと、72時間サバイバル教育協会というのがあるんですが、これは既に昨年、小中学校で3校ほど実施しているんですが、どういうことかというと、72時間耐えられる、実際に72時間じゃないんですけれども、そういった題目でやっているんですが、自分で生きる力、親と離れたらどう行動するか。

岩倉市議会 2013-12-09 平成25年第4回定例会(第 3号12月 9日)

東日本大震災の被災地を支援してきた野外活動団体が、今春、キャンプを通して災害発生時の指導者を育てる一般社団法人72時間サバイバル教育協会を設立いたしました。  去る11月の初めには、2泊3日ほどで小・中学生を対象にサバイバルキャンプを行い、大災害発生後、生存率が大幅に下がるとされる72時間後まで、自分の力で生き抜くための技術を教えたということであります。  

扶桑町議会 2013-09-11 平成25年第4回定例会(第5日 9月11日)

発電機10台については学供と役場、テントについては小学校に、防じんマスクサバイバルブランケットは学供、体育館、役場、小学校等の防災倉庫備蓄をさせていただいておるところでございます。  また、基本的に防災備品等につきましては、クラッカーであるとか、アルファ米等々、小学校学習等供用施設、役場等の防災倉庫でそれぞれ保管をさせていただいておるところでございます。  

扶桑町議会 2012-06-08 平成24年第5回定例会(第2日 6月 8日)

この関係が見直しがなされまして、23年度から地域公共交通確保維持改善事業という事業で、生活交通サバイバル戦略というような形で示されてきております。こういった中に、この地域公共交通の確保維持事業とか、それから公共交通の調査事業、バリアフリーの解消促進事業等が含まれて推移してきておるという状況でございますので、よろしくお願いいたします。    

江南市議会 2012-03-06 03月06日-06号

それで1つ、先日たまたま国土交通省のこういう関係の方の講演を聞く機会がありまして、その中で、デマンドについては地域公共交通確保維持改善事業、略称、生活交通サバイバル戦略と言うんだそうでありますけれども、その中で、いわゆるこの地域公共交通確保維持事業としてデマンド交通などに支援を行っていますと、言ってみれば補助制度がありますよということであります。 

武豊町議会 2011-09-06 09月06日-02号

地域公共交通確保維持改善事業の経緯でございますけれども、これにつきましては、補助制度の再編ということで、地方バス路線運行維持対策、俗に地バス補助といいますけれども、と自動車旅客運送バリアフリー化の推進、移動円滑化補助といいます、また武豊町が今、補助を受けております地域公共交通活性化再生総合事業と言われておりますけれども、これらの補助制度を廃止をいたしまして、地域公共交通確保維持改善事業を、俗に生活交通サバイバル

岡崎市議会 2011-06-03 06月03日-10号

内容を見ていきますと、持ち出し品クイズ、家具の配置と固定の工夫、サバイバル食器づくりというような48の指導例がございまして、低学年向き、高学年向き、中学生向きに類別をされております。また、多くの映像、写真資料も盛り込まれておりまして、実際に起こったときの怖さというものを体感できる価値のある教材であると考えております。 

武豊町議会 2011-03-11 03月11日-04号

◎企画政策課長(廣澤不二雄君)  23、24年度につきましては、とりあえず23年度は今までいただいておりました地域公共交通活性化再生総合事業補助金、これの事業は続くんじゃないかということで、ただ、国のほうで生活交通について方向転換をする、昨日加藤議員からもご指摘を受けましたけれども、生活交通サバイバル戦略というすごい名前がついておるんですけれども、これの方向がまだ国のほうでもしっかりと定まっていなくて