272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東浦町議会 2020-12-05 12月05日-02号

おくやみコーナーは、受付相談、申請書案内、コンシェルジュの3本の柱を基本に運営されています。 まず事前に予約をしていただき、予約当日おくやみコーナーに来庁したお客様にお客様シートへ来庁者氏名、相続人代表者及び喪主情報等を記入いただきます。おくやみコーナー職員が各担当窓口が閲覧可能な共通ファイルへ入力すると基本情報が各種申請書に自動入力されます。 

瀬戸市議会 2020-03-18 03月18日-06号

そういう意味で考えますと、今現在、仕事・生活自立相談窓口というところにおきましては、先ほど申し上げましたように関係各課に滞納の全体像、これも本人の同意があればお知らせをし、そして可能な支援をお願いする状況を取っておりますことから、市議が御視察に行かれた野洲市のところと同じような、いわゆるコンシェルジュ機能として、そういった連携は十分に取っているところだと思っております。

安城市議会 2020-03-11 03月11日-02号

なお、現在の市内事業者の状況といたしましては、安城ビジネスコンシェルジュ(ABC)及び商工会議所との情報交換や、保証認定申請受け付け時に直接事業者にも聞き取りを行っておりますが、既に飲食業や小売業、宿泊業、製造業など、様々な業種において来客数の減少、売上げの減少、商品の入荷待ち、このようなことが見られるといった声を頂いております。 以上でございます。 ○議長(二村守) 永田敦史議員

岩倉市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第 6号 3月 9日)

これまでに市役所コンシェルジュの設置、岩倉市マスコットキャラクター入り原動機付自転車等のオリジナルナンバープレートの作成、記念日休暇制度の実施、PR看板で岩倉市をアピールなどの提案を採用してきております。 ○議長(梅村 均君) 水野議員。 ○7番(水野忠三君) ありがとうございます。  続きまして(3)でございます。  

半田市議会 2020-03-02 03月02日-04号

そして、松阪市長の思いを含む6つの松阪市オリジナル要素である、1、来庁回数の最少化、2、ワンストップ化、3、事前予約制、4、情報入力の簡素化、5、お悔やみハンドブックの発行、6、市役所以外の手続についてもできる限り御案内を織り込ませた事務フロー3本柱である、1、受付・相談、2、申請書案内、3、コンシェルジュを確立しました。 

あま市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1日) 本文

また、安心して子供を産み育てやすい環境づくりを進めるため、子育てコンシェルジュ、妊娠期から子育て期までをつなぐ利用者支援制度、ファミリーサポートセンターなどの施策を引き続き実施してまいります。  環境対策としては、太陽光発電システムの設置に加え、住宅用リチウムイオン蓄電システムの設置についても補助を行ってまいります。  第3の目標、「郷土に誇りと愛着が持てる、魅力あるまち」に関する施策です。  

蒲郡市議会 2019-12-12 02月25日-01号

保健師や子育てコンシェルジュ、助産師、心理相談員などの専門職が、妊娠期から子育て期にわたるさまざまなニーズに応え、切れ目なく子育てを支援してまいります。具体的には、支援プランの策定や、支援を必要とする妊産婦さんを対象とした産前産後サポート事業、出産後の母親の身体的な回復と心理的安定を図るための産後ケア事業を実施してまいります。 

刈谷市議会 2019-12-06 12月06日-03号

議長(山崎高晴)  産業環境部長・・・ ◎産業環境部長(岡部直樹)  市内の中小企業の抱える経営課題は、中小企業コンシェルジュによる企業訪問などにより把握に努めているところでございますが、経営者の多くは自動車のEV化や自動運転による産業構造の変化を喫緊の課題とは捉えていない状況がうかがえております。 

刈谷市議会 2019-12-04 12月04日-01号

また、多胎家庭にのみ特化した支援ではございませんが、保健師や子育てコンシェルジュ育児に関する相談を受けたり、産後ヘルパーの派遣や産後ケア事業などを実施し、子育て家庭の負担軽減に努めております。 以上でございます。 ○議長(山崎高晴)  白土美恵子議員・・・ ◆25番(白土美恵子)  双子や三つ子を対象とした子育てサークル、多胎児家庭の交流会などがあるということでございました。

安城市議会 2019-12-04 12月04日-03号

まず、今年度から安城ビジネスコンシェルジュ(ABC)と協力して、事業者への訪問を行うなど、魅力的な返礼品の開発に努めたところ、昨年度末は11事業者、38品目でしたが、今年度は11月現在で、12事業者、48品目となっています。 また、昨年度と今年度は当初予算の編成段階で、市の各部署に対して新たな返礼品の提案を促しており、今後も継続してまいります。

安城市議会 2019-09-26 09月26日-05号

このような中、本市においては、昨年の猛暑を受けて、小中学校教室への空調設備設置事業に着手したほか、地震対策として、民間ブロック塀の撤去補助制度を創設するなど、的確な状況判断により、喫緊の課題に対して迅速かつ積極的に事業を展開されたほか、中小企業の経営力向上、創業の促進を目指す安城ビジネスコンシェルジュの支援事業や産業空洞化対策事業など、地域経済の下支え、活性化につながる施策など、着実に実施されてきましたことは