1419件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

知立市議会 2020-01-17 令和 2年知立駅周辺整備特別委員会( 1月17日)

事業延長いたしまして約5キロメートル、事業期間といたしましては平成12年から令和5年、24年の事業期間となっております。総事業費といたしましては約610億円でございます。  実施状況が下の表に記載されております。平成30年度末での施工済み額279億2,000万円、進捗率といたしまして約46%を今行っておるところでございます。  下に、市の負担分の進捗率が記載されております。

西尾市議会 2020-01-10 2020-01-10 令和2年 経済建設部会 本文

総延長は202.22キロメートルで、そのうち整備済延長は136.78キロメートルであり、整備率は67.6%となっていますが、未整備のまま長期間経過している路線も多く存在しております。  3.都市計画道路の見直しの基本的な考え方でございますが、愛知県都市計画道路見直し方針を参考に地域特性を踏まえ、以下の考え方で見直しを行うものとします。  

小牧市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日文教建設分科会−12月17日-01号

なお、国が定める標準単価とは、当該地域における乗り合いバス事業者の走行1キロメートル当たりの標準計上費用を平均した額であり、この額には人件費、燃料油脂費、車両修繕費、車両減価償却費などが含まれております。  具体的な算出方法につきましては、標準単価は1日当たりの予定する運行距離と年間の運行日数等を乗じて運行経費を算出し、その運行経費から想定料金収入を差し引いて運行負担金を算出しております。  

岩倉市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第 5号12月12日)

建設部長(片岡和浩君) 河川管理者である愛知県に現在の五条川等の改修状況を確認したところ、河川改修自体は平成19年10月に策定をされました1級河川庄内川水系新川圏域河川整備計画、こちらに基づき、五条川と新川の合流点から岩倉市の待合橋までの約14.2キロメートルを30年計画で改修工事が予定をされており、五条川の下流部から工事が行われております。  

小牧市議会 2019-12-10 令和 元年第 4回定例会-12月10日-02号

特に、市内のキャッシュレス決済導入の実態調査においては、名鉄小牧駅を中心に半径2キロメートルに含まれる小売事業所と、利用者の目線に立った市民生活の中でキャッシュレス決済の可能性のある施設を網羅した調査とするために、医療機関金融業、保険業、飲食サービス業、娯楽業などの皆様の御協力をお願いし、アンケートと訪問インタビューによるサンプリング調査を実施したいと考えております。  以上でございます。

知立市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第5日12月10日 質疑)

○上下水道部長(國分政道)  知立市内は4キロメートル四方でございまして、比較的市街化区域は住居は密集しているところが多くございます。そのために現在では、普及率を上げていくのを努力しておりまして、今のところ合併浄化槽の区域を広げていくことは考えておりません。 ○議長(田中 健)  17番 牛野議員

稲沢市議会 2019-12-10 令和元年第 6回12月定例会-12月10日-03号

特に基準の中で、30キロメートルで走行中に前を横切る歩行者にぶつからずにとまるというものがございますので、横断歩道での事故が減少するものと考えております。以上でございます。 ◆3番(北村太郎君)  それでは、市の交通安全対策について伺います。  交通量の多い交差点では渋滞が発生しやすくなると思いますが、市内において渋滞が発生しやすい交差点を把握されているかどうか、お尋ねいたします。

大府市議会 2019-12-10 令和 元年第 3回定例会−12月10日-03号

浜岡原発も、福井県内の原発も、大府市からおおむね130キロメートルほどの距離です。福島第一原発事故の際、当時の原子力委員会の近藤委員長の試算では、避難範囲を170キロメートルから250キロメートルと想定しています。ここが千葉県で、この辺、この線が250キロメートルですね。ここを想定しました。  

扶桑町議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第2日12月 9日)

産業建設部長(澤木俊彦君) 御質問の地元要望につきましては、平成29年3月に愛知県が事業主体となり実施をしました(仮称)新愛岐大橋と県道小渕江南線に関するワークショップからの提言の中に、県道整備後の速度規制を時速40キロメートルにするよう警察に働きかけることが掲げられております。  現在の時速50キロメートルの規制は、警察が実勢速度から定めたものと聞いております。

大府市議会 2019-12-09 令和 元年第 3回定例会−12月09日-02号

すごくいい道でのスピード違反、60キロメートルのところを70キロメートルで走る。これはやはり、ひょっとしてネズミ捕りがあるといけないから出すのをやめようというふうに思っている方が多いんではないかなというふうに思います。  私たちは、その前者のほうといいますか、皆さんがこの条例をしっかり理解していただいて、たばこは健康にも悪いんだと。

知立市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会(第3日12月 5日 一般質問)

今、デジタルにするのか、他市のいろんなのを研究しておるわけですが、ラジオでやっているだとか、4キロメートル四方の市ですので、例えば海があったり、山があったりというところではないわけですから、必ずしも同報無線という屋外スピーカーが必要かどうか、これも結構な予算がかかりますので、今、研究をしているところでございます。 ○議長(田中 健)  14番 高木議員

みよし市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第3号12月 5日)

政策推進部長(山田 勉) グリーンスローモビリティとは、電気を動力といたしまして、時速20キロメートル未満にて公道を走ることが可能な4人以上の乗り物になります。ゴルフカートをイメージしていただければと思います。導入し、乗り合い等で利用することで、地域が抱えるさまざまな交通課題の解決や低炭素型交通の確立が期待されております。  

知立市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会(第2日12月 4日 一般質問)

日本の道路総延長は約122万キロメートル。そのうち約84%に当たる102万キロメートル市町村道が占め、昔からある行政区域内の道を公のものと認識し、市町村長が当該市町村公道であると認定したものであれば、都市部の路地なども市町村道であります。このように認識しておりますが、間違いございませんでしょうか。 ○議長(田中 健)  建設部長。 ○建設部長(岩瀨祐司)  道路定義の内容でございます。

津島市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-12-03

260 ◯市長公室長(安井賢悟君)[ 199頁]  初めに事業の実施状況についてでございますが、今年度末までの主な事業の実施見込みといたしまして、案内板整備140基、道路美装化小路整備2.5キロメートル、ポケットパーク整備2カ所、町家の修景費助成1件、山車蔵の建てかえ改修費助成7件、空き家・空き店舗利活用費助成2件、つしま歴史文化のまちづくり提案事業の

西尾市議会 2019-10-04 2019-10-04 令和元年 文教部会 本文

まずAコースは、林間コース、コース全体でのアップダウン、山合いの景観が望める変化に富んだコースとなっており、距離が17.9キロメートルで、高校一般男子、高校一般女子、中学生男子の部門となります。  次にBコースは、ゆうひが丘を周回するコースとなっており、距離が10.09キロメートルで、中学生女子、小学生(男女混合可)、シニア、フレンドリーの部門となります。  

津島市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-09-26

この答弁に関連し、令和4年度までの配水管耐震化の事業計画において、平成30年度における耐震化の進捗状況について説明願いたいという質疑に対し、全体計画は43.7キロメートルで、平成30年度は約1.8キロメートル施工し、トータル8キロメートルとなり、進捗率は18.3%であるという答弁がありました。  

大府市議会 2019-09-25 令和 元年第 2回定例会−09月25日-04号

事故リスクの大きい老朽原発、例えば、高浜、美浜の原発が再稼働し、万が一、福島原発事故のような事故が起きたとすると、大府市から美浜、高浜原発までの距離は約130キロメートルほどなので、大府市放射能汚染にさらされる可能性が高いです。  ちなみに、福島原発事故では、半径300キロメートルに及ぶ範囲まで放射性物質が拡散し、今も甚大な被害を人々に及ぼしています。