運営者 Bitlet 姉妹サービス
2815件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 犬山市議会 平成31年建設経済委員会( 3月12日) 今おっしゃられるみたいな危険な空き家等につきまして、特に昨年、策定させていただきました特定空き家という部分でガイドラインをつくらせていただいて、今年度に入りまして、5件程度、そのガイドラインに沿いまして、本当に危険なのかという部分のチェックをさせていただいて、委員会等にも諮っております。そういった部分で、「このまま放置しますと」というような指定通知を行っております。 もっと読む
2019-03-06 犬山市議会 平成31年 2月定例会(第6日 3月 6日) 近年、城下町ではさまざまな看板やのぼりなどが氾濫していることから、城下町の質を高め、魅力ある景観を持続していくため、今年度中に犬山城下町屋外広告物ガイドラインがまとまります。今後は、このガイドラインを城下町の店舗事業者へ周知し、美しい城下町となるよう、景観の維持、向上を図ってまいります。   もっと読む
2019-03-01 犬山市議会 平成31年 2月定例会(第4日 3月 1日) 市及び町内会等が防犯カメラを設置する場合には、市が作成したガイドラインや規程に従い、プライバシーの保護を配慮しつつ、適切に運用することとしています。町内会等が市の補助制度を活用して設置する場合には、このガイドラインに沿って運用要綱を策定していただいています。   もっと読む
2018-12-20 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 6号12月20日) 問いとして、市全体の考え方で民間委託検討ガイドラインは最近更新されて新しくなっているが、旧の考え方では、やはり公共施設というのは地域住民のためのもので、地域住民にお返しするという基本的な考え方がある。まずは地域住民のNPOやそういったところに打診し、次は公募で指定管理者制度、委託などの手段がありますが、今回は指定管理者となっていて、考え方が変わっていると思われる。 もっと読む
2018-12-12 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 4号12月12日) 民間委託については、平成20年度に民間委託等検討ガイドラインを策定し、それぞれの担当課でガイドラインを参考に検討を進めることとし、検討委員会での検討は一区切りとしました。 もっと読む
2018-12-11 岩倉市議会 平成30年第4回定例会(第 3号12月11日) このため、環境省では、平成25年6月に、災害時におけるペットの救護対策ガイドラインを策定いたしました。平成28年4月に発生した熊本地震は、このガイドラインの策定後に発生した大規模な地震被害で、かなりの被害者がペットとの同行避難を実施したそうです。しかしながら、ペットの受け入れや支援体制など、いろいろな面でも課題を指摘され、より適切な対策が講じられるよう、ガイドラインの改定もされております。   もっと読む
2018-12-07 知立市議会 平成30年12月定例会(第4日12月 7日 一般質問) ことし9月、県教育委員会から、部活動指導ガイドラインが出されました。これを受け、本市の今後の部活動のあり方については考えていきたいと考えております。  また、3月から4月にかけて各種スポーツ協会等が主催する大会が多く実施されております。4月は学校において、新年度の始まりでもあります。子供たちは新しい環境の中、人間関係の形成、生活リズムの構築など、期待と不安を抱いている時期であります。 もっと読む
2018-12-06 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月 6日) ○教育部次長(山端剛史君) 長久手中学校、南中学校の朝練のことだと思いますけれども、こちらについては、市のガイドラインに基づく原則どおりの運用を行っているというところでございます。 ○議長(川合保生君) 13番さとうゆみ議員。 もっと読む
2018-12-06 知立市議会 平成30年12月定例会(第3日12月 6日 一般質問) 福祉避難所というのは、先ほど基本的にと申し上げましたけど、国のほうのガイドラインを見ましても、日常生活に全介助が必要というような、敷居が高い、低いというと誤解があるんですけど、皆さんが福祉避難所がいいと言われても、キャパがほとんどありませんので、発達障がいの方につきましては、御家族と一緒に、まずは教室のほうに行っていただくことが一番適当かと思います。   もっと読む
2018-12-06 半田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月06日−03号 幾つかの自治体では、飼い主のいない猫に関するガイドラインが作成されています。野良猫をめぐる地域トラブルを減らすために、現時点においては地域猫活動しか解決策はありません。野良猫をめぐる地域トラブルを減らすためには、公共性があるとともに市民生活の向上につながります。 もっと読む
2018-12-05 半田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月05日−02号 本市では、既に環境保全条例で公共の場所等でのたばこの吸い殻をみだりに捨てることを禁止しており、新たに公共施設等における屋外喫煙所設置のためのガイドラインも定めていることから、新たな条例制定は、今のところ考えておりません。  一方、受動喫煙防止対策は、市民の健康増進を図る上で重要であると考えており、第2次健康はんだ21計画の見直しを行う中で、さらなる推進を図ってまいります。   もっと読む
2018-12-05 知立市議会 平成30年12月定例会(第2日12月 5日 一般質問) こうした現在の放課後児童健全育成事業が児童福祉法に位置づけられて、その大きな役割を果たしてきたのが全国の学童保育連絡会であり、また、設置基準のガイドラインなどの策定を含めて厚生労働省に要望し、話し合いをし、今日の設置基準が成り立っているかなと私は認識しているところでありますけども、それでよろしいですか。 ○議長(田中 健)  福祉子ども部長。 もっと読む
2018-12-05 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月 5日) ○福祉部次長(中野智夫君) 福祉避難所の対象となる方については、国が示しております福祉避難所のガイドラインによりますと、身体、知的、精神といった障がい者や人工呼吸器、酸素供給装置などを使用している在宅患者、高齢者、妊産婦、そして乳幼児などで全てを市として把握はできておりません。 もっと読む
2018-12-04 長久手市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月 4日) 国のガイドラインに示された避難所の個室とは、恐らく避難所の福祉避難スペースを指していると理解しております。第1答弁で具体的要領は定めていないとお聞きしました。 もっと読む
2018-12-03 あま市議会 平成30年12月定例会(第3日) 本文 条例に基づいた要綱は定めておりませんが、旧町から引き継ぎいたしました住宅修繕費の費用負担区分の手引、県営住宅修繕費費用負担区分の手引き、並びに国土交通省住宅局の賃貸住宅契約の適正化を目的といたしました原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを参考にしながら、現状に合った費用負担を行っております。   もっと読む
2018-11-02 犬山市議会 平成30年11月定例会(第3日11月 2日) 全市的なガイドラインとして一定の基準を設け、6つの視点から見直しをされるとのことです。  そこで、質問いたします。  ガイドラインの見直しのポイントはどのようなものであるのか。また、いつまでに取り組むのか。さらに、進捗状況についてはどのようであるのか。最後に、人件費補助に関しての基準は検討されたのかどうか、合わせてお答えください。 ○副議長(柴山一生君) 当局の答弁を求めます。   もっと読む
2018-11-01 犬山市議会 平成30年11月定例会(第2日11月 1日) 2点目に関しましては、部活動指導ガイドラインを作成し、教員に部活動の指導のあり方について周知を図る。それとともに、部活動ガイドラインを作成し、生徒・保護者に部活動の運営について周知を図るということであります。ガイドラインに基づいた部活動が4月から実行されております。そして、後期からは早朝練習の見直しが本格的にスタートをいたしました。   もっと読む
2018-10-18 犬山市議会 平成30年全員協議会(10月18日) またこのまちづくり条例に加えて、ガイドラインとかですね、協働のルールブックとか、そういった多面的な素材を市民にもご提示しているというところであります。 もっと読む
2018-10-05 犬山市議会 平成30年全員協議会(10月 5日) 休憩の中で吉野健康福祉部長にも来ていただいて状況を聞く中で、当局もこれは問題意識を持っていまして、ルール化についてのガイドラインなり、債権管理条例、そういったものも考えないかんという、健康福祉部としては考えているということです。健康福祉部は生活保護の関係ですが、給食費は学校のほうですね。それからもう一つ、健康福祉部のほうで訪問看護利用料の未納が発生しておるということも提起されました。 もっと読む
2018-09-26 半田市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月26日−05号 総務省は、平成27年3月3日付で新公立病院改革ガイドラインを示しました。その内容は、病院事業を設置する地方公共団体は、28年度中に新公立病院改革プランを策定し、病院機能の見直しや病院事業経営の改革に総合的に取り組むものとされ、地域医療構想を踏まえた役割の明確化を加えた4つの視点に立って改革を進めることとされています。   もっと読む