401件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東郷町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-09-05

皆さん御想像のとおり、8月6日、8月9日、8月15日、これらの日が何を言わかはここで言及するつもりはございませんけれども、これら節目の日において本町としてほとんど何も手が打たれなかったことは極めて残念と考えております。  例えば、夏休みに平和を考えるテーマの作文を課題として出しているような市町もございます。

扶桑町議会 2019-05-16 令和元年第2回臨時会(第1日 5月16日)

そういう意味では個人情報の関係も出てくるないかという気がするんですが。  それと、低所得者、あるいは子育て支援、そのことそのものは否定するものではないんですけれども、これだけの費用をかけながら消費税を増税するというやり方そのものについてどう考えているんですか。 ○議長(市橋茂機君) 澤木産業建設部長

みよし市議会 2019-03-14 平成31年経済建設委員会( 3月14日)

これ、該当するやろ。 ○(渡邊郁夫委員長) 公園緑地課長。 ○(柴田都市建設次長公園緑地課長) 今の御質問……。 ○(渡邊郁夫委員長) どこに下水道って書いてある。 ○(日置孝彦副委員長) いや、私わからんけど、ここへ一応これがなぜここで、我々の委員会でこれが何で該当するかわからんって聞いただけだ。 ○(渡邊郁夫委員長) 児童福祉費に入っとる。

犬山市議会 2019-03-12 平成31年総務委員会( 3月12日)

○委員(矢幡秀則君) 意味はようわかるけど、結果は、1,000万円、2,000万円使っているんだから、結果、犬山にプラスにならないかんもんだから、それを尋ねておる。どこの課が、どうやってふやしたり、お金がふえていくのか、そういうことをやっぱり市民は見たいわけでしょう。それを僕は聞きたいわけです。 ○委員長(久世高裕君) 松田企画広報課長

犬山市議会 2019-03-12 平成31年民生文教委員会( 3月12日)

○委員(三浦知里君) よく市民から聞かれるのは、今の養護老人ホーム、私たちもこの前、開所式というか、見せていただいて、とてもきれいな、今まで多分、ベッドではなかったのがベッドになったり、本当に環境がすごいよくなったと思うんですけど、具体的にどこかに書いてありましたね、環境上及び経済的理由で入られるということなんですが、これをもう少し具体的に、要するに市民の方が、どういう人が入れるということを聞くんですよね

津島市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-03-07

僕の場合、聞かれないと答えられないわけですから、せっかく重要政策について、どうしてですかというふうな、日比さんの考えを述べていいですよというふうに言うから、ぜひ自由に述べたらいいと思うんですけど、その辺はちょっと理解できないですね。  施政方針演説の中で、たくさん重要政策とか今後取り組んでいきたいことを書いてあると思うんです。

稲沢市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-02号

ですから、そんないきなり出されたから、二、三カ月でぱっぱっと決めるなしに、やっぱりどんな人材で、どういった人を育てるのか、具体的にもっと議論が必要だと思うんですが、私にはそうやって簡単に、簡単にと言ったら言葉が適切じゃないかもしれませんが、短時間で決められたような気がして仕方ないんですが、どんな議論がされたかお尋ねします。

碧南市議会 2018-12-06 2018-12-06 平成30年第6回定例会(第1日)  本文

330 ◆4番(加藤厚雄) なので、ここのただし書きには、水洗便所への改造に必要な資金の調達が困難な事情がある場合というふうに書いてあるね。だから、そういった事情がある場合には、今言ったようにこの限りではないと。がゆえに、本来であるならば、管理者としては市長、接続しろという命令は出すことはできる。

津島市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2018-12-03

権利として、これもらうことはあるけど、やっぱり今回この残業代のことを考えていくと、そもそもこれどういうふうにやるのか。時間外というのは、緊急のことがあって、それで上司命令をして、わかりましたと。そこで打ち込んで、次の日にこういうことをしましたよって聞くということをずうっと繰り返しておったら、こんな長い時間にもならんし、こんなお金にはならんと思うんですよ、僕。

犬山市議会 2018-11-12 平成30年総務委員会(11月12日)

それをまとめてつくる予定じゃなかったかと、地元の方が言うにはそういうふうな雰囲気だったもんですから、それをわざわざこういうふうにきれいに、自分らがやりやすいようにやったないかと私は思っておるんですけど、そう思わないんですか。 ○委員長(久世高裕君) 吉田土木管理課長。 ○土木管理課長(吉田昌義君) 矢幡委員のおっしゃる、当時そうだったのかもしれません。

犬山市議会 2018-09-20 平成30年民生文教委員会( 9月20日)

今、調定額を教えてくださったね。 ○委員長(水野正光君) 吉野健康福祉部長。 ○健康福祉部長(吉野正根君) 現年と過年度しか出せないもんで、63条と78条では、ちょっと出してませんので、済みません。 ○委員長(水野正光君) 三浦委員。 ○委員(三浦知里君) 一緒でということね。 ○委員長(水野正光君) 吉野健康福祉部長。 ○健康福祉部長(吉野正根君) そうです。

犬山市議会 2018-09-20 平成30年建設経済委員会( 9月20日)

それから、当該年度の6,075円というのは、基金の利息ということを考えて、別に特に増えたわけじゃないというふうに理解するけども、それでいいのかということで、ちょっとお願いします。 ○委員長(大沢秀教君) 暫時休憩します。                

みよし市議会 2018-09-20 平成30年経済建設委員会( 9月20日)

○(日置孝彦副委員長) どういう計算の方法で物をつくった、どういう計算しとって、ここがこういうふうに変わったと、そういうふうに説明が、誰もわからやろ。わからん。 ○(加藤道路河川課長) 積算システムとしては同じ積算システムを使っております。導入としましては、毎年単価の見直しがありますので、その新たな単価をシステムのほうに入れて設計のほうを行っております。以上です。 ○(渡邊郁夫委員長) はい。

扶桑町議会 2018-09-18 平成30年福祉文教常任委員会( 9月18日)

これ、実際に脳ドックというと、公費の関係になるかもしれませんが、相当金額の差が出てくると思いますが、人間ドックだと、脳に比べますと、脳ドックが実際には同じ人の3倍ぐらいかかるないかなあと思いますけれども、公費の持ち出しの関係は差がどのように出てきますか。 ○住民課長(髙木 明君) 後期高齢者の方につきましては、今、全額一応公費のほうでもらっております。  

犬山市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会(第4日 9月11日)

その中に、楽田は林友会で3億円も犬山市にやっているのに、なぜそういう楽田ばっかりいじめると、大変にお叱りを受けました。  それから、これを皆さんに聞いてほしいんですけど、前も私は言いましたけども、楽田公民館ね、1,000人も入るような公民館があった。楽田中学校もありました。南部に持っていきました。そういう楽田のものはほとんどの財産はみんなほかに散らばったんですね。