414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

犬山市議会 2019-09-09 令和元年 9月定例会(第3日 9月 9日)

そういう庶民の生活というのはありますので、ごみ減量に努力していると、それが言えるかどうかわかりませんけれども、市民の皆さん、いろいろ工夫されていらっしゃいますので、そんな中でせっかく有料ごみ袋を買ったのに、ああ、破れちゃったないかというと、やっぱりちょっといかんもんですから、改善できるところはこれからも改善を重ねていただきたいと思います。  

稲沢市議会 2019-08-26 令和元年第 4回 9月定例会-08月26日-03号

だけど も、こんな1日に4往復とかそんなもんでは、とてもないけど不便で困ってしまう。それが実態だと思うんですね。  ですから私は、もう随分前から提案しているのは、1路線当たりの時間を三、四十分短縮して、どの路線も1日10往復ぐらいの設定をする。昔は名鉄のバス路線が国府宮駅から森上駅間まであったわけですよ。

犬山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第6日 6月17日)

その後また、ファジーな形で、もしかしたら取るかもしれんなという感じで出とるないですか。その辺ちゃんと市として把握しとかなあかんと思うんですけど、それ取らんですよね、平成36年以降、令和6年以降、県は。それは知っとらなまずいよ。取らんね。 ○議長中村貴文君) 柴山議員、質疑をしてください。再質疑ですね。  答弁を求めます。  山田市長。

扶桑町議会 2019-05-16 令和元年第2回臨時会(第1日 5月16日)

そういう意味では個人情報の関係も出てくるんないかという気がするんですが。  それと、低所得者、あるいは子育て支援、そのことそのものは否定するものではないんですけれども、これだけの費用をかけながら消費税を増税するというやり方そのものについてどう考えているんですか。 ○議長(市橋茂機君) 澤木産業建設部長

稲沢市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-02号

ですから、そんないきなり出されたから、二、三カ月でぱっぱっと決めるんなしに、やっぱりどんな人材で、どういった人を育てるのか、具体的にもっと議論が必要だと思うんですが、私にはそうやって簡単に、簡単にと言ったら言葉が適切じゃないかもしれませんが、短時間で決められたような気がして仕方ないんですが、どんな議論がされたかお尋ねします。

扶桑町議会 2018-12-10 平成30年第7回定例会(第3日12月10日)

そのもとの要望書を出さずに、これが正当だという、そんな根拠はあるのかないのかわからんわけで、だからそういう意味では、今いつ出すかという出す時期なんか問題ないと思うんです。今出そうが問題ないと思うんです。  そういうことでいくと、まさに今のやっておることは、中立性なり公平性を欠くやり方じゃないかと私はそう思うんです。

豊明市議会 2018-12-01 平成30年12月定例月議会(第1号) 本文

ですので、そういう意味におきましては、優先順位づけに影響があるなしやと言えば、どこかで生じてくるということは必ず起こるということは、事実かと思います。  ただ、実際に喫緊の課題として資金を投下しないといけない案件が生じた場合は、これはさきの台風もそうですけども、資金を投下していく必要がございますので、時差が起こるということで、投下した資金はできるだけサービスと便益の向上ということで回収していく。

犬山市議会 2018-11-12 平成30年総務委員会(11月12日)

○委員(矢幡秀則君) これね、何期かやっている方は多分いいと思うんだけど、やっぱり初めて出る方は、やっぱりこういうことを最初はどうしても訴えたいから、非常に大事なことないかなと私は思っております。 ○副委員長(岡村千里君) ほかにはご意見どうですか。  久世委員。

扶桑町議会 2018-09-18 平成30年福祉文教常任委員会( 9月18日)

これ、実際に脳ドックというと、公費の関係になるかもしれませんが、相当金額の差が出てくると思いますが、人間ドックだと、脳に比べますと、脳ドックが実際には同じ人の3倍ぐらいかかるんないかなあと思いますけれども、公費の持ち出しの関係は差がどのように出てきますか。 ○住民課長(髙木 明君) 後期高齢者の方につきましては、今、全額一応公費のほうでもらっております。  

犬山市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2日 9月 7日)

いましたように、トラックをとめるのはやっぱり企業の問題でもありますので、そこは企業と物流会社との話にはなると思うんですけども、見ていると、必ずしも工業団地内に入っている車ではないということも私は見ておりますので、そうすると、近隣の会社まで全て巻き込んでやらないといかんのかなということもありましたので、利用者と重ならない部分ですね、やっぱり深夜から早朝にかけてという部分で、先ほど後ろのほうからも有料にすればええないかという

犬山市議会 2018-06-20 平成30年建設経済委員会( 6月20日)

だからするわけだから、やっぱりそこの中で高さという部分に関しては、やはりちょこっと緩和しないと、犬山市が犬山城という宝物の範疇をやはりある程度、許容範囲ができるところまでやらないと、やっぱり民間がなかなか手を挙げてくれないとか、挑戦してくれないという状況というのは、これが生まれるから、特にホテルに関しては、高さもやっぱり2メートルやそこらぐらいのことは、2~3メートルやったら上げても、環境にはそんなに影響ないないかなと

犬山市議会 2018-06-14 平成30年議会運営委員会( 6月14日)

ある意味6項目聞くということなしに、上手くそこの場を上手に持っていくというのが、やっぱり議会ではなかったかなと思うんです。鈴木議員自身も、ある意味きちっと勉強もしているんですが、その中で議会でどのように上手くやっていくか。先ほども言われました件名1なんか、初めから決まってますわ。それからいろんなことを考えていくと、そこまで入れてやる質問なのかと。