小牧市議会 > 2019-07-29 >
令和 元年 7月29日議会運営委員会−07月29日-01号

ツイート シェア
  1. 小牧市議会 2019-07-29
    令和 元年 7月29日議会運営委員会−07月29日-01号


    取得元: 小牧市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-06
    令和 元年 7月29日議会運営委員会−07月29日-01号令和 元年 7月29日議会運営委員会             < 開会10:04 > ○委員長   これより議会運営委員会を開会いたします。  これより議事に入ります。議題1、第2回臨時会についてのうち(1)提出議案についてを議題といたします。説明を求めます。 ◎伊木 副市長   それでは、私から臨時会に提出いたします議案の説明をさせていただきます。議案書の1ページをお願いします。議案第66号「小牧市特別職給与に関する条例の特例を定める条例の制定について」であります。  内容につきましては、条例案のあらましにより説明させていただきますので、3ページをお願いします。  この条例は、特別職の給料の特例に関し必要な事項を定めるもので、市長及び副市長の給料は、令和元年9月1日から同年11月30日までの間、小牧市特別職給与に関する条例に規定する月額にそれぞれ100分の90を乗じて得た額とするものであり、この条例公布の日から施行しようとするものであります。  以上で提出議案の説明とさせていただきます。 ○委員長   説明は終わりました。  ただいま理事者側から説明を受けましたが、質疑につきましては、後日の本会議等で行っていただきますので御了承願います。なお、補足説明を求める場合は発言を許します。発言はありませんか。 ◆安江   今回、非常に重い懲戒処分がされたんですけれども、第三者委員会で、平成27年にもこういったことがあったことが初めて明らかにされたんですけれども、そういうことを考えると、非常に深刻なことであると受けとめています。  それで、具体的には今回10%減の3カ月と提案されているんですけれども、このことを提案する中で、どういう議論があったのかっていうのを少し補足をお願いしたいなと思いますけれども。 ◎市長   今回の事案については、先ほど申し上げましたように大変残念な事案でございました。市の調査、そして第三者委員会の調査審議の中で、3年前の事案についても、改めて調査をいたしまして明らかになったことがございます。
     当時は、聞き取りの中でもハラスメントや人間関係ということではないということが当事者の証言等もそういうことでございましたけれども、改めて今回の事案を受けて調査する中で、3年前の事案についてもハラスメントがあったということが明らかになりました。このことも含めての、今回の懲戒処分をさせていただいているところでございます。今回の事案と3年前の事案をあわせて、処分をさせていただいているところでございます。  ハラスメントを行ったとされる職員については同一人物でありまして、この方については停職6カ月、そして今回同じ部屋でありますから、その上司である課長についても監督責任として減給10分の1、3カ月という処分をさせていただきました。  私どもといたしましても、組織としてこういった事態を防ぐことができなかったということは痛恨の極みでありまして、深く反省しなければならないというふうに思っております。  第三者委員会の委員長から、他の自治体と比べて小牧市のハラスメントに対する体制というのが特別弱いということではないけれども、実際に、一昨年の春にハラスメントの要綱等を定め、体制をつくってきているわけなんですけれども、これは十分機能していない、職員に対する周知や啓発が不十分であると。また、何かしらそういった訴えがあったときにペナルティがあるのではないかというような、そういった疑いを職員が抱いているんじゃないかと、そういった御指摘もあって、もちろんそういうペナルティは全くないわけですけれども、相談しやすい職場づくりに向けて、さらに体制をしっかりと、周知やら研修やら、そういった雰囲気づくりも含めて、組織として対応をしていかなければならないというふうに思っております。  組織としてということでありますから、最終責任は私にございますので、私と副市長についても今回の責任をとり、また、今後に向けてしっかり体制をつくっていくと、そういった決意をお示しするために、みずから処分を課そうという考えで市長、副市長がみずから減給処分を行うといったことで、今回提案をさせていただいているところでございます。  以上です。 ○委員長   ほかに発言はありませんか。               (「なし」の声)  なければ、これをもって議題1のうち(1)提出議案についてを終わります。  理事者の方、御苦労さまでございます。            < 理事者退席10:10 >  続いて、議題1のうち(2)会期日程についてから(5)議会説明員・説明補助員席次についてまでを一括して議題といたします。説明を求めます。 ◎事務局長   それでは、(2)から(5)までを一括して御説明申し上げます。  まず、(2)会期日程であります。資料の1ページをお願いいたします。令和元年小牧市議会第2回臨時会会期日程(案)であります。  令和元年8月8日(木曜日)1日間とするものであります。会議事項につきましては事項欄に記載のとおりでありますが、議事日程で御説明させていただきます。  次に、(3)議事日程についてであります。2ページをお願いいたします。  令和元年小牧市議会第2回臨時会議事日程(第1日)であります。  令和元年8月8日午前10時開議。日程第1、会議録署名議員の指名。今回は13番の佐藤大輔議員、24番の船橋 厚議員であります。  次に、日程第2、会期の決定であります。8月8日、1日間とするものであります。  次に、日程第3、諸般の報告で、1点目が提出議案の報告。2点目が説明員出席要求者の報告であります。  次に、日程第4、議案審議であります。議案第66号の議案1件の上程・提案説明・質疑・委員会付託、本会議休憩中に総務委員会の開催でありますが、本会議再開後に委員会審査報告・質疑・討論・採決であります。付託委員会でありますが、6ページ議案委員会付託表にありますように総務委員会が1件であります。  次に、日程第5、議会閉会中における各委員会の調査研究付託案件についてであります。  これは、8月1日に事務分掌条例の改正が施行され、多文化共生に関することが、現在の地域活性化営業部から市民生活部の所管となります。そのため、昨年10月に議決いただきました各委員会の調査研究付託案件について、再度議決を行い、変更をするものであります。変更部分でありますが、多文化共生についての所管を文教建設委員会から総務委員会とし、調査期間を令和元年8月から令和元年10月までに変更するもので、その他の変更はありません。  次に、(4)議案質疑及び討論の通告期限であります。  議案質疑の通告期限でありますが、8月2日(金曜日)午後5時まで。討論でありますが、臨時会前日の8月7日(水曜日)正午までとさせていただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。  また、議案書につきましては、この委員会終了後、会派控室の自席に配付させていただきますのでよろしくお願いします。  次に、(5)議会説明員・説明補助員席次についてであります。  先ほど申し上げましたが、8月1日から組織変更がありまして、都市建設部が建設部、都市政策部となります。このため、資料7ページにありますように説明員の役職名の変更をさせていただくものであります。  説明は以上であります。よろしくお願いいたします。 ○委員長   説明は終わりました。質疑に入ります。発言を許します。発言はありませんか。               (「なし」の声)  なければ質疑を終了いたします。  それでは、議題1のうち(2)会期日程についてから(5)議会説明員・説明補助員席次についてまでは、事務局長から説明のあったとおり了承することにご異議ありませんか。              (「異議なし」の声)  ご異議なしと認めます。よって、議題1のうち(2)から(5)までは、事務局長から説明のあったとおり了承することといたします。  これをもって、議題1のうち(2)会期日程についてから(5)議会説明員・説明補助員席次についてまでを終わります。  以上をもって、議題1、第2回臨時会についてを終わります。  せっかくの機会でありますので、委員の方から何かありましたら発言を許します。ありませんか。               (「なし」の声)  ないようでございますので、以上をもって議会運営委員会を終了いたします。御苦労さまでございます。              < 閉会10:16 >  上記の模様を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名します。                           令和元年7月29日  議会運営委員会      委員長...