小牧市議会 > 2019-07-10 >
令和 元年 7月10日文教建設委員会-07月10日-01号

ツイート シェア
  1. 小牧市議会 2019-07-10
    令和 元年 7月10日文教建設委員会-07月10日-01号


    取得元: 小牧市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-06
    令和 元年 7月10日文教建設委員会-07月10日-01号令和 元年 7月10日文教建設委員会             < 開会11:01 > ○委員長   これより文教建設委員会を開会いたします。  これより議事に入ります。議題1、小牧駅周辺の市営駐車場についてを議題といたします。説明を求めます。 ◎都市建設部長   本日は大変お忙しい中、文教建設委員会を開催していただきありがとうございます。  本日の議題となっております小牧駅周辺の市営駐車場につきましては、6月19日に開催をしました「新図書館建設及び小牧駅西駐車場の廃止に関する地元説明会」におきまして、昨年6月と9月に開催をされた2回の地元説明会における御意見や御要望にお応えする形で、新図書館建設予定地であります小牧駅西駐車場の廃止に伴う対応策などについて御説明をいたしました。  しかしながら、この説明会において御出席をいただいた方々からさまざまな御意見、御要望がある中で、小牧駅西駐車場にかわる平面駐車場、いわゆる青空駐車場の設置を商業振興の観点から早期に望む声が強くありました。これを受けまして、令和元年小牧市議会第2回定例会において、市長より、まちづくりの観点から駒止公園平面駐車場を設置することとした考えをお示ししたところであります。  こうしたことから、本日は新図書館建設にとどまらず(仮称)こども未来館整備に伴う小牧駅周辺の市営駐車場対策について、まずは、市営駐車場の利用状況の推移及び将来推計について説明をさせていただき、次に、その対応策について、都市政策課長よりお手元の資料により説明をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。 ◎都市政策課長   それでは、私から小牧駅周辺の市営駐車場について説明をさせていただきます。  資料1をお願いいたします。初めに、市営駐車場の利用状況の推移でございます。平成21年度から30年度までの年度ごとの利用台数であります。グラフは上から4駐車場合計、ラピオ地下駐車場、小牧駅西駐車場、小牧駅地下駐車場、浦田駐車場であります。ラピオ地下駐車場の利用台数の減少が目立つといった特徴となっており、平成21年度の71万5,000台余から平成30年度の53万4,000台余と18万1,000台余の減少となっております。なお、7月1日をもって市営駐車場としては廃止となりました小牧駅西駐車場は、平成30年度の利用台数は18万7,000台余でありました。  続きまして、資料2をお願いいたします。市営駐車場の利用状況の将来推計であります。(仮称)こども未来館及び新図書館開館後における小牧駅周辺の市営駐車場の将来推計を、平日より利用が多い休日での推計を行っております。  1の現況調査でありますが、4つの市営駐車場で本年5月から6月にかけて4日間調査を実施いたしました。時間ごとの平均台数は表に記載のとおりであります。  2の将来推計でありますが、統計上の標準偏差という考え方を採用し、1年間のうち比較的利用が多い日にあたる平均値+1標準偏差値の台数で推計をもらいました。  (1)(仮称)こども未来館の開館時では、表に記載のとおりの推計であり、いずれの時間帯につきましても余裕台数が見込まれる結果となりました。  裏面をお願いいたします。  (2)新図書館の開館時では、表に記載のとおりの推計であり、いずれの時間帯につきましても余裕台数が見込まれる結果となりました。ただし、表の下の※1に記載のとおり、小牧駅地下駐車場の定期駐車券を廃止したと仮定をして算出しております。
     続きまして、資料3をお願いいたします。(仮称)こども未来館の整備及び新図書館建設に伴う小牧駅周辺の市営駐車場対策を実施いたします。本年第1回定例会におきまして、小牧市駐車場の設置及び管理に関する条例の改正を御議決いただき、小牧駅西駐車場につきましては、本年7月1日をもって廃止となっております。  1、小牧駅西駐車場の廃止に伴い実施したことといたしまして、①広報こまき、市ホームページで周知いたしました。小牧駅西駐車場の廃止に伴い、ラピオ地下駐車場、浦田駐車場及び小牧駅地下駐車場を御利用いただくようお知らせいたしました。②駅西駐車場料金所でチラシを配布いたしました。出口精算の際、記載の日にちにおいて案内チラシを配布いたしました。③駅西駐車場及び周辺道路に案内看板などを設置いたしました。記載の日にちにおいて、案内の貼り紙や案内看板を設置いたしました。④駅西駐車場を臨時的な駐車場としました。小牧駅西駐車場は、7月1日以降新図書館建設工事の現場着手までの間は臨時的な駐車場として御利用いただけることとしました。  2ページをお願いいたします。2、新図書館建設工事の現場着手後、臨時駐車場の閉鎖後に実施することといたしまして、①東春信用金庫職員駐車場の一部を土日祝日に限り、臨時駐車場として約19台使用できるよう協議をしております。利用期間と利用時間につきましては記載のとおりであります。②市民会館駐車場を休館日以外は利用可といたします。利用期間と利用時間につきましては記載のとおりであります。③浦田駐車場を回数駐車券配布により減免いたします。駅西臨時駐車場の閉鎖日以降の土日祝日において、ラピオ通り商店街及び上街道発展会のお客様に対して、市営浦田駐車場の回数駐車券を配布いたします。利用期間は記載のとおりであります。④駅西駐車場の旧入り口に交通整理員を配置いたします。駅西臨時駐車場の閉鎖日以降、駐車場東側入り口に交通整理員を配置し、ラピオ地下駐車場、小牧駅地下駐車場、浦田駐車場の案内を行います。配置期間は記載のとおりであります。  3ページをお願いいたします。3、ラピオ内(仮称)こども未来館開館の時期に実施することといたしまして、①ラピオ西側の駐車場出口に交通整理員を配置いたします。(仮称)こども未来館の開館時は、来館者の増加を予測し交通整理員を配置します。配置期間は記載のとおりであります。②必要に応じ、周辺市営駐車場を案内する交通整理員を配置します。ラピオ地下駐車場北側入り口及び東側入り口に、満車時対応のための交通整理員を配置し、小牧駅地下駐車場、浦田駐車場及び臨時駐車場などの案内を行います。配置期間は記載のとおりであります。  次に、4、新図書館開館の時期に実施することといたしまして、①小牧駅地下駐車場エレベーターを設置します。エレベーター設置につきましては、地上部で行う広場の整備工事と調整をしながら同時期に進め、併せて地下駐車場内に身障者用駐車スペースを4台分設置いたします。②小牧駅地下駐車場の定期駐車券の廃止を検討いたします。小牧駅地下駐車場で発行している定期駐車券については、新図書館開館までに廃止することを検討します。具体的な実施時期につきましては、利用者への周知期間などを考慮してまいります。③平面駐車場の整備を検討します。駒止公園に替わる公園として、駅西駅前広場の南側を都市公園に位置づける手続を進めるとともに、駒止公園の庭石などの適切な移設先の検討を行い、現在の駒止公園の箇所に平面駐車場を整備いたします。④市営駐車場の満空情報を提供します。市営駐車場の満車・空車の状況について、パソコンやスマートフォンでリアルタイムに確認することができるシステムの導入を予定しています。  4ページをお願いいたします。⑤周辺市営駐車場を案内する交通整理員を配置します。新図書館地下駐車場入り口、ラピオ地下駐車場入り口などの箇所において、満車時対応のための交通整理員を配置し、ほかの駐車場等の案内を行います。配置期間は記載のとおりであります。その下段に小牧駅周辺駐車場の配置図をお示ししましたので御参照ください。  以上、議題1、小牧駅周辺の市営駐車場についての説明とさせていただきます。 ○委員長   説明は終わりました。  質疑及び意見を一括して伺いたいと思います。発言を許します。発言はありませんか。 ◆舟橋   今、小牧駅周辺の駐車場の過去の利用状況と今後の対策についての説明をいただきましたけども、地元住民のほうからは、今の新図書館の配置する場所とマンションの間の歩専1号線のところを臨時駐車場にしてはどうかという話があるというふうに聞いております。そのことについては、どのようにお考えなのかお尋ねいたします。 ◎都市政策課長   歩専1号線についてでございます。歩専1号線につきましては、新図書館建設用地の北側に位置をしております。歩専1号線を臨時駐車場にしてはどうかということでございますけれども、歩専1号線につきましては、歩行者及び自転車の通行に必要な通路を確保した上で、新図書館建設工事の作業ヤードとして利用する予定であることから、臨時駐車場として使用した場合、新図書館建設工事に大きな影響が出るものと考えております。  以上です。 ◆舟橋   今、僕も現場のほう見ますと、歩専の1号線は16メートルぐらいあると思うんですけど、幅が割とあるほうだなあと思いながらなんですが、その新図書館の作業スペースとして利用できない場合はかなり影響が出るという話なんですが、具体的にはどのような形で影響が出てくるかをお尋ねしたいと思います。 ◎新図書館建設推進室長   歩専1号線を作業ヤードとして利用できない場合の影響についてのお尋ねでございますが、具体的には工期と工事面で影響が出ることになります。  施工業者に概算で算定させましたところ、工期といたしましては、地下の掘削工事におきまして、工事区域内に順番に作業ヤードを確保しながら施行しなければならなくなること、また建築工事におきましては、タワークレーン使用しなければならないことなどから、全体で3.5カ月から4カ月程度の工期が延長になるということが見込まれる結果となりました。  また、工事費の面では、工事の作業方法等の変更によります増額、それと工期が延びることによります経費の増額によりまして、約1億6,000万円の増額が見込まれる結果となりました。  さらに、工期の延長は社会資本整備総合交付金の取得にも影響が及ぶものであり、その影響が多大でありますことから、市といたしましては、計画どおり歩専1号線を新図書館建設工事の作業ヤードとして活用していきたいと考えております。  以上であります。 ◆舟橋   多くの市民の方は、新しい図書館のオープンを予定どおり進めていただきたい、また早くオープンしてほしいというふうに願っていると思います。  ただ、今言われたみたいに、今の歩専を使えば工事費もふえる、そして工期も伸びるということでありますので、本当に有効なスペースでありますこの歩専1号線は、やはり今のことを考えますと、作業ヤードとしての利用が一番いいのではないかなと思いますので、速やかに予定どおり工事に着手していただいて、効率よく工事を進めていただければと思います。  以上です。 ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆稲垣[美]   平成19年に駒止公園を壊して立体駐車場をつくる計画は中止にしてほしいという請願があり、その後中止になったと思いますが、その経緯を伺います。特にそのときの問題は何だったのでしょうか。  現在、駒止公園の移動に関して都市公園法都市計画法はクリアできていますか。御説明をお願いいたします。 ◎都市政策課長   まず1点目、平成19年当時の検討の結果ということでございますけれども、平成19年12月に駒止公園を保存する請願が市議会に提出をされております。  その採決のときでございますけれども、当時、小牧駅周辺整備計画策定協議会で議論している最中でございました。また、協議会で議論の最中ですから、市議会が方向づけをするべきではないとの理由で、まずこの請願については不採択となってございます。  それから、それを受けまして最終的には平成20年1月でございますけれども、この小牧駅周辺整備計画策定協議会からの結論といたしましては、当時ですけれども、現段階では決定することは適切ではないとして、今後さらに検討を重ねていくべきということで、駐車場の議論についてはそこで一旦終了となってございます。さまざまな理由によりまして、当時はそこで駐車場の議論は終了となったという経緯でございます。  それから、都市公園法などをクリアできているのかについての御質問をいただきました。その部分につきましては、6月26日の文教建設委員会におきましてお答えをさせていただいておりますが、都市公園法では替わるべき都市公園が設置される場合につきましては、その公園を廃止できるという規定となってございますので、市といたしましては、そうした手続を進める必要があるというふうに考えております。そして、また今後そうした手続を進めていきたいと考えているところでございます。  以上です。 ◆稲垣[美]   今御答弁いただきまして、手続を進めるという都市公園法、計画法ですね、そういう御答弁だったかなと思いますが、そうすると、現在はクリアできているのかどうかをもう一度はっきりとお答えいただきたいのと、また経緯は伺いましたけれども、その後中止になったときの問題は何でしたかという質問にはちょっとお答えいただいてないように思いましたので、もう一度詳しくお答えください。お願いします。 ◎都市政策課長   まず、現在はクリアしているのかとの問いでございますが、今後クリアできるように必要な手続を進めていきたいと考えております。  それから、2点目の当時の問題は何かということでございますけれども、これにつきましては、先ほど申し上げたとおりの経緯によって、結果としては断念をしたということでございます。  以上です。 ◆稲垣[美]   さまざまな経緯を伺いたかったんですけど、その当時議員じゃなかったので。今御説明がなかったので残念なんですが、あと今現在は、今後クリアできるように進めていくということで、現在クリアできてないというふうに理解しましたが、それでよろしいでしょうか。 ◎都市政策課長   クリアできていないからということではなくて、これにつきましては、必要な手続を進めていく必要がございますので、市といたしましてはそうした手続を進めて一つ一つクリアしていきたいと考えております。  以上です。 ◆稲垣[美]   一つ一つクリアしていきたいということの御答弁だったかなと思うんですけれども、一つ一つ丁寧にクリアしていくことは可能なのかということと、時間がかなりかかるんじゃないかなと思うんですけども、建設について、このような代替駐車場の件で今つまずいているわけなんですけれども、時間的に間に合うのかなという懸念が今思ったんですけど、どうでしょうか。 ◎都市政策課長   時間的な御質問でございますけれども、当然クリアしなければならない手続の中には、都市計画法に関する都市計画変更の手続がございます。したがいまして、所要の期間は当然必要になるものと考えております。  以上です。 ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆鈴木   今の駒止公園に関係する質問ですけども、資料3の3ページの4の③ですよね。  平面駐車場整備を検討する中で、駅西駅前広場の南側を都市公園に位置づけるということで、稲垣美佐代委員からも今ありましたけども、都市公園を変えるんですよね。その部分において、今理事者側の答弁としては、やはり議会の中できちんとした議決がなければ具体的に手続が進められないから、現在それを待っている状況だと思うんですけども、具体的な手続として何が必要なのか御質問します。 ◎都市政策課長   具体的な手続ということでございます。都市計画公園である駒止公園でございますけれども、都市公園法第16条の規定により、都市公園の区域の全部または一部について、都市公園を廃止してはならないとなっておりますが、ただし、廃止される都市公園に替わるべき都市公園を設置する場合は廃止が可能となっております。  駒止公園を廃止して駅西駅前広場の南側を都市公園に位置づける場合、都市計画法に関する都市計画変更の手続といたしまして、愛知県などの関係行政機関との意見調整や公聴会などを開催し、計画案を作成いたします。その計画案に対しまして縦覧を行い、その後、小牧市都市計画審議会に諮り、愛知県知事との協議を経て都市計画変更の決定の告示をもらうこととなります。  以上です。 ◆鈴木   今の駒止公園の移転に関しては、類似したことを言うと市民病院の横の上切公園も同じですよね。あれを移転するからこそ、あそこに市民病院を新しく建てて、そのかわり今ある交差点の角を都市公園として同じ面積で入れるということですので、これはきちんと手続をしていただければ何ら問題なくできると思うんですけども、その中で、平成30年3月に策定した小牧駅前広場等整備基本構想の中で、たしか28ページに書いてあるんですけれども、整備イメージ図の中に、駒止公園は駅西側の緑の空間として日本庭園を維持しますと書いてあるんですよね。  また、駅西駅前広場の南側は新たなにぎわいを創出するため、民間活用の有効利用を検討すると記載してあるんですけども、今の説明を聞きますと、今回、平成30年3月に我々もいただいておりますけども、決めた基本構想との整合性については若干ずれてくると思うんですけど、この件に関してはどのようにお考えでしょうか。 ◎都市政策課長   小牧駅前広場等整備基本構想との整合性の件でございます。小牧駅西駅前広場の民間活力導入の可能性を検討するにあたり、平成30年度に民間事業者6社と対話を行いました。その対話結果を踏まえまして、民間事業者の参画を募集するための募集要綱(案)を作成するなどして事業性を検討を行ってまいりました。民間活用の導入につきましては、民間事業者の投資に見合う収益性の確保など、事業性の難しさなどが課題となっております。  したがいまして、駅西駅前広場南側の広場スペースにつきましては、基本構想に記載してございます人々が集い、滞在し、交流できる空間として整備することにつきましては変更をしないものの、公園機能をあわせて整備することにより、利用促進を図っていく必要があると考えております。駒止公園の部分とあわせて、今後この小牧駅前広場等整備基本構想の改定が必要になってくると考えております。  以上です。 ◆鈴木   昨年度、基本構想を策定して地元の地域住民からのいろんな要望等があって、改定をしていくことは臨機応変にそれはいいと思うんですけども、ただ、やはり基本構想で決めた限り、それが決定した現時点で一番必要性があるものだということで行っているわけですから、今後は本当に必要な改定を行いながら、きちんと本市の玄関として整備をするように方向性を決めていっていただきたいと思います。  以上です。 ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆稲垣[衿]   今市営駐車場の利用状況と将来推計のお話を伺って、こども未来館、また新図書館の開館の中で、駐車場は余裕が見込まれるという説明がございました。  また、先ほども御説明ありましたけれども、小牧駅周辺の駐車場整備で駒止公園ということで、そのことについては評価して、また推進をしてきた経緯もありますので、改めて平面駐車場を新たに整備するのか、確認の意味も含めてもう少し具体的にお尋ねしたいと思います。 ◎都市政策課長   お手元の資料2ですけれども、この資料にお示しをしている将来推計につきましては、新図書館の開館後であっても駐車場に余裕が見込まれるものとなっておりますが、これにつきましては、あくまでも標準偏差という考え方を採用した推計でございまして、遠い将来にわたって小牧駅周辺において、駐車場不足が発生しないということを結論づけるものではございません。  また、小牧駅周辺の市営駐車場につきましては、分散して配置することとなり、利用状況に偏りが生じることは避けられませんので、駐車場の案内システムなどを導入するとしても、全体の駐車場収容台数については、今後さらに中心市街地の活性化を図るためには、ある程度の余裕を持たせる必要があるものと考えております。  さらに、平面駐車場、いわゆる青空駐車場につきましては、開放感や安心感があって使いやすいとの声があるほか、中心市街地の商業振興の視点から、小牧駅西駐車場にかわる青空駐車場の設置につきまして、お地元から強く御要望をいただいていることから、小牧駅周辺のまちづくりを考える上で青空駐車場の設置に向けて、前向きに検討することとしたものでございます。  以上です。 ◆稲垣[衿]   そうしますと大体どのくらいの台数を見込まれていますか。 ◎都市政策課長   台数でございますが、具体的な台数につきましては、今後実施設計を進める必要がございますけれども、おおむね60台程度と見込んでおります。  以上です。 ◆稲垣[衿]   それから先ほど御説明ありましたけれども、小牧駅地下駐車場エレベーターを設置していただけるということで、非常に助かるのかなと。やはり階段よりはエレベーターだと思うんですけども、大体どのくらいの広さを予定されているんでしょうか。 ◎都市政策課長   駅地下駐車場に設置するエレベーターの広さでございますけれども、奥行きが約1.5メートル、幅が約1.6メートルを予定しております。なお、この大きさにつきましては、市役所東庁舎のエレベーターと同等の大きさとなります。  以上です。 ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆稲垣[美]   駒止公園の移設と平面駐車場建設するのに、まだ詳細な経費はわからないとは思いますけれども、計画を進めようという場合に概算の経費というのはもうわかっているかと思うんですが、概算の経費について教えていただけますでしょうか。 ◎都市政策課長   公園の移設と駐車場の概算の経費というお尋ねでございますが、それぞれの費用につきましては、今後実施設計を行う中で詳細な整備費用を算出する必要があるものと考えております。  以上です。
    ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆稲垣[美]   実施設計を進めていく際に詳細な経費がわかってくるというお答えいただいたんですけれども、私は実施設計の段階でそうだとは思うんですけれども、この計画自体を進めていくというときに、概算としてどれぐらいかかるかわかっていないと、計画を進められないんじゃないかなと思う点で概算の経費をお伺いしたんですけれども、概算の経費はお答えいただけないでしょうか。 ◎都市政策課長   概算とのお尋ねでございますが、先ほどの繰り返しとなりますけれども、実施設計を進める中で費用を算出してまいりたいと考えております。  以上です。 ○委員長   ほかに発言はありませんか。 ◆船引   駐車場の問題は非常に頭が痛くて、地元の説明会が3回済んだところで私もずっと参加させていただいたわけですが、非常に紛糾するわけですね。それでラピオ商店街の皆さんのお話を聞くと、新しくきちんとした平面駐車場を設けることが条件で開発を進めてもらうはずだということで、図書館自体の説明よりもまず駐車場をきちっとしてくれないと死活問題だという話も出て非常に大変だったと思いますが、もともとの話、駐車場はきちんとつくるということで進んだっていうことを言われているところについて、間違いがないのがまず教えてください。 ◎都市政策課長   今、委員のほうから駐車場をつくる約束だったというようなお尋ねでございますが、そういう約束というのはちょっと異なる指摘なのかなと思います。  地元の商店街さんにつきましては、昨年2回の説明会をさせていただいたこと、それから何度か文章でのやりとりもさせていただいております。なおかつ、今月13日の土曜日にはまた改めて説明会をという段取りとなっておりまして、その中で市のほうからは、駅西駐車場の閉鎖にあたってさまざまな対応をさせていただきたいというような説明をする予定となってございます。  以上です。 ○委員長   その前に船引委員、だれと約束したのかということもお伝えしていただいたほうが答えられると思いますんで、その詳細を正確に質問していただいていいですか。 ◆船引   まず、新図書館のところ、駐車場がなくなって図書館ができるということになるときに、図書館の開発についてラピオ商店街の人たちが、自分たちが困るので、それに対してラピオ商店街と市との話の中で、きちんと駐車場をつくるという条件を聞いてくれるなら、開発に対して協力しますよということだったと盛んに言われます。それについて、駐車場がきちんと決まってもいないのに、図書館の話ばかり進めて、自分たちとの約束が違うんじゃないかということを言っておられるということですね。 ○委員長   約束っていうのは誰と誰ですか。ラピオ商店街と市のどこの誰ですか。 ◆船引   担当部署です。 ○委員長   では担当部署、答えられますか。同じことを答えられたと思いますけど、船引委員が言われることをちょっとまとめますと、当時担当部署と商店街がそういう条件の約束をされていると。でも約束したにもかかわらず、船引委員が言うようにしたとするならば、したけれどもっていうことなんですけど、そこら辺について再度答えられますか。 ◎都市政策課長   先ほどの繰り返しになりますけれども、昨年2回説明会をさせていただきました。その中で、商店街様の主張というものは確かにございますが、それに対する市のほうの回答でございますけれども、これにつきましては、市長のほうから平面駐車場については検討していきたいというような形でお答えをさせていただいておりまして、それが約束だったとの御指摘はちょっと正確ではないのかなというふうに考えております。  以上です。 ◆船引   よくわかりました。3回もやって、同じことばかりを、商店街の方、会長さんが言われるもんですから、非常にそこのところの少し解釈の違いがあって、紛糾してしまっているのかなということが確認とれました。  それで、今例えば商店街さんからすると少し駒止公園のほうは遠くなるわけですよね。そういう意味からすると、東春さんの本店が使っている19台停められてるところも含めて、駒止公園と少しその部分を差しかえていただきながら、もちろん60台ほどとまるということですから、ほかにも市民駐車場としても使えると思いますけども、その辺の検討はできるのかできないのか、できたら商店街に近いところに駐車場があれば皆さんも利用価値が高まると思いますので、今後検討していただけたら非常にありがたいと思うんです。少しお考えを聞かせていただけませんでしょうか。 ◎都市建設部長   今、具体的に民有地のことで御質問がありましたけど、現時点で民有地に関することについては、お答えについては差し控えさせていただきたいと思います。  以上です。 ○委員長   ほかに発言はありませんか。 ◆稲垣[衿]   先ほど資料3のところで平面駐車場の整備という中に、駒止公園の庭石などの適切な移転先の検討を行うというお話がございましたけれども、駒止公園の庭石というのは、市が寄贈を受けたものだというふうに伺っております。その方との調整といいますか、状況はどうなのか伺いたいと思います。 ◎都市政策課長   委員御指摘のとおり、駒止公園の庭石などにつきましては寄贈をされたものでございます。駒止公園の庭石につきましては、平成3年に御寄贈いただいておりますが、その折には特に公園への設置を御希望されたとのことでありますので、この御意思につきましては尊重をし、移設先も含めよりよい活用のあり方を検討をして、調整を進めてまいりたいと考えております。  以上です。 ◆稲垣[衿]   ぜひ尊重していただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。  以上です。 ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆副議長[委員]   すいません、今のちょっと関連で駒止公園ですが、多分都市計画法で設置されたということですが、まず駅を整備するときに区画整理を行いまして、多分地元のほうの方たちと公園をどこにするのか、そういったことを話し合いされたと思います。日本庭園にするのか、普通の公園にするのかというところ、そこでワークショップか何かを多分やられたと思いますので、駒止公園を替えるのであれば、そういった話も地元に対してしっかりやっていただきたいということと、それと資料3の2のところの現場着手後に実施するということで、こちらの①として、東春の臨時駐車場で、こちら土日祝ということで、協議が整い次第ということでありますが、その辺の状況と、あと③のところで回数駐車券配布により減免いたしますということで出ております。こちらの減免ですが、駅西駐車場で使ってみえた料金と、どのように減免されて商店の還元ということで考えておりますか、ちょっと3点をお願いしたいと思います。  すいません、最初の1点目は地元との協議をしっかりやっていただきたいということでお願いするということで、あと2点の説明をいただきたいと思います。 ◎都市政策課長   まず、1点目でございますけれども、東春信用金庫の職員駐車場の一部を土日祝日に限り約19台使用できるように協議をしていますという件でございますが、こちらにつきましては、今現在の状況ですけれども、引き続き詳しい具体的な部分につきまして協議をさせていただいている最中ということでございます。  それから、2点目の浦田駐車場の回数駐車券の配布による減免をどのようにということでございますが、現在浦田駐車場につきましては、入庫から60分が無料という状況でございます。これを商店街のお客様などにつきましては、回数駐車券でさらに駐車の減免でということでございますが、原則といたしましては、ラピオ地下駐車場などと同等で3時間までの無料ということで、今後商店街様などと協議を進めていきたいと考えております。  以上です。 ◆副議長[委員]   先ほどからいろいろありましたラピオ商店街につきまして、そういった駐車場の整備をされているということでお聞きいたしました。  また3番のほうですが、減免の回数駐車券ということでありますが、こちらはまだ今商店街のほうと協議中ということで書いてありますが、これは早々に実現ということでよろしいでしょうか。 ◎都市政策課長   資料に記載してございますが、利用期間につきましては、駅西臨時駐車場の閉鎖日以降、協議が整い次第ということでございますので、この利用期間でできるだけ速やかに協議を進めてまいりたいと考えております。  以上です。 ○委員長   ほかに発言はありませんか。 ◆稲垣[美]   以前に駒止公園駐車場にする件は中止になったように、いろいろ問題があると思うんですね。それで、駒止公園のほかには代替駐車場の候補地というのはなかったのでしょうか、質問いたします。 ◎都市政策課長   駐車場の設置場所でございますが、小牧駅西駐車場に替わる駐車場であること、 新図書館のオープンまでに整備が可能であることなどの条件がございます。そうしたことを前提に設置場所の検討を行いました。  その前提を踏まえまして、設置場所の条件は小牧駅西駐車場の近傍であること、小牧市が所有する土地であることとし、駒止公園あるいは駅西駅前広場について検討をいたしました。  以上でございます。 ◆稲垣[美]   今、市の所有地としてはその2地点ということでお話があったかと思うんですけれども、例えば、市営駐車場の浦田駐車場、狭いんですけれども、そこは商店街も近いということもありますし、建設において立体駐車場にすることは可能なんでしょうか、お聞きいたします。 ◎都市政策課長   現在の浦田駐車場の場所に立体駐車場建築することが可能かということでございますが、可能でございます。  以上です。 ◆稲垣[美]   浦田駐車場を立体駐車場にするということは、建設においては可能だというふうに御答弁いただいたかと思うんですけれども、では、浦田駐車場は先ほども言いましたように商店街からも近いということもありますし、経費においても立体駐車場にするのにそんなに大きな経費はかからないと思いますが、この件については検討はされましたでしょうか。 ◎都市政策課長   浦田駐車場を立体駐車場とすることにつきましては、駐車場の収容台数を増加させるという意味においては当然選択肢の一つでございます。しかしながら、今回につきましては、特に平面駐車場ということの中で検討を進めさせていただいたものでございます。  以上です。 ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆船引   土曜日にまた説明会をされるという話が出ましたので、早くきちんと落ちつくところへ落ちついて進めていきたいところだと思いますから、それに対してどういう段取りを組んでおられるのか、早く我々も進めてほしいので少し聞かせていただけませんか。 ○委員長   今後のスケジュールについてというほうがいいかもしれないですね。  船引委員が質問されたことを答えられるようでしたら、答えていただきたいんですけど。 ◎都市政策課長   今後のスケジュールということでございますが、お手元にお配りをさせていただきました資料3のとおり、駐車場についてはスケジュールを考えてございます。  以上であります。 ○委員長   ほかに発言はありませんか。 ◆稲垣[美]   じゃあ意見としてちょっと申し上げます。  青空駐車場がなくなることについて、代替駐車場平面敷地としてつくってほしいという市民の方々の意見が多いということで、今検討されていると思うんですね。それで、駒止公園を移転して平面駐車場を南側、カリヨン広場のほうに移転するというような計画が進んでいるかと思うんですけれども、元来この駒止公園の敷地というのは、建設計画当時、緊急災害避難場所として建物は建てられないとか、一旦は駒止公園駐車場にする計画も中止になったことの経緯もありますし、また駒止公園というのは、平成5年に辻 静夫氏から330個の庭石や樹木が寄贈されて、そして面積も多々あり、このような環境が壊されないことを市民の方も強く望んでいると思うんですね。  そういったことを考えますと、この移転には多大な費用も、きょう概算費用はわかりませんでしたけれども、また追加予算がかかってくることだと思うんですね。でしたら、新たに平面駐車場をつくるのに費用をかけるというよりも、青空駐車場を残したほうがいいというふうには思います。これは意見でございますけれども、今青空駐車場を残してほしいなと思います。どのような形であるかは別としまして。 ◆舟橋   今ちょっと青空駐車場ってわかりませんけど、稲垣美佐代委員が言われたように、元来公園法でいう公園災害避難場所だと言われれば、それはそのとおりですし、ただ、今の駒止公園はどちらかというと日本庭園風な公園なので、これからの基本構想で変えていくとすれば、今の新しい都市公園法に基づいた都市公園が新たなところにつくるということになれば、そこが恐らく日本庭園風ではなくて、災害避難場所としても有効に使っていただけるような公園になろうかと思いますし、ラピオ商店街の方たちも平面駐車場に非常にこだわってみえたということを考えますと、市の土地であった駒止公園をそういうふうに利用して、駐車場をつくるっていうことは大変いいアイデアだなというふうに考えて賛成する意見でございます。 ○委員長   ほかに発言ありませんか。 ◆鈴木   先ほど、稲垣美佐代委員が言われた青空駐車場を残せばいいというのは、きっとA街区図書館を建てずに青空駐車場にしておいたほうがいいということを暗に言われているのかなと思いますけども、まず最初に、新図書館建設位置の議論については、もう何度も私も意見を言わせてもらいましたけども、議会で何回も議論されて、改めて住民投票後には審議会を設置して、答申の中での意見を尊重するならば、多くの意見がA街区であったと。反対派の意見も少数あったということは併記をされていますけども、その中でもA街区に建てるということで計画をされ、ここを2年ぐらい基本計画、実施計画と進んできているわけですので、新図書館建設実施に対して青空駐車場にしとけばいいという議論は、もはやあり得ない話ですよね。
     その中において、ただ商店街の方の御意見として青空駐車場がいいということであるので、今回先ほど私質問しましたけども、小牧駅前広場等整備基本構想を策定してから1年ぐらいしかたってないのに改定をすると、それは決めた事業をそのまま進めるのではなくて地域住民の皆さんの意見を聞いて、できる限りそれに合うように駒止公園を移設することによって、あそこに平面駐車場をつくるということですよね。  先ほど、稲垣美佐代委員が浦田駐車場を立体駐車場にしたらいいかと言いますけど、立体駐車場にすると1階部分というのは暗くなるので、結局これも犯罪とか皆さん嫌がると思うんですよね。となるならば、浦田駐車場はやはり平面駐車場として使うべきであるし、ラピオ商店街道路から見ますと、距離的なものをみても浦田駐車場が近いとはいえ、多くの台数を確保しようと思えば駒止公園駐車場にすることは、ラピオ商店街の方にとってはいいことであると思います。  ただ、駅前の開発でありますので多くの賛成意見、反対意見があるとは思うんですけども、小牧駅前の玄関口としてきちんとした整備をしていただくということと、住民の皆さんが使いやすい場所にしていくという部分を、きちんと理事者側に鋭意努力をしていただいて進めていかなければいけないことだと思います。  意見です。 ○委員長   ほかに発言はありませんか。               (「なし」の声)  なければ終了いたします。  以上で議題1、小牧駅周辺の市営駐車場についてを終わります。  せっかくの機会でありますので、委員の方から、その他で何かありましたら発言を許します。発言はありませんか。               (「なし」の声)  ほかにないということですので、以上をもって文教建設委員会を終了いたします。お疲れさまでした。              < 閉会12:02 >  上記の模様を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名します。                          令和元年7月10日  文教建設委員会      委員長...