江南市議会 > 2020-12-16 >
12月16日-07号

ツイート シェア
  1. 江南市議会 2020-12-16
    12月16日-07号


    取得元: 江南市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-05-02
    令和 2年 12月 定例会令和2年                                第7号          定例江南市議会会議録12月                                 12月16日---------------------------------------               令和2年12月16日(水曜日)議事日程第7号令和2年12月16日(水曜日) 午前9時開議  第1 会議録署名者の指名  第2 諸般の報告  第3 議案第88号 江南市下水道事業経営審議会条例の制定について  第4 議案第89号 江南市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について  第5 議案第90号 江南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について  第6 議案第91号 江南市介護保険条例の一部改正について  第7 議案第92号 江南市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について  第8 議案第93号 江南市児童扶養手当支給条例の一部改正について  第9 議案第94号 江南市老人福祉センター及び江南市中央コミュニティセンターに係る指定管理者の指定について  第10 議案第95号 江南市高齢者生きがい活動センターに係る指定管理者の指定について  第11 議案第96号 江南市心身障害者小規模授産施設に係る指定管理者の指定について  第12 議案第97号 江南市在宅障害者デイ・サービス施設に係る指定管理者の指定について  第13 議案第98号 江南市立学習等供用施設に係る指定管理者の指定について  第14 議案第99号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)  第15 議案第100号 令和2年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)  第16 議案第101号 令和2年度江南市介護保険特別会計補正予算(第2号)  第17 議案第102号 令和2年度江南市水道事業会計補正予算(第4号)  第18 議案第103号 令和2年度江南市下水道事業会計補正予算(第3号)  第19 議案第104号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)---------------------------------------本日の会議に付した案件  日程第1 会議録署名者の指名  日程第2 諸般の報告       (1)例月出納検査の結果報告について       (2)各常任委員会審査報告書の配付について  日程第3 議案第88号 江南市下水道事業経営審議会条例の制定について  日程第4 議案第89号 江南市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について  日程第5 議案第90号 江南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について  日程第6 議案第91号 江南市介護保険条例の一部改正について  日程第7 議案第92号 江南市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について  日程第8 議案第93号 江南市児童扶養手当支給条例の一部改正について  日程第9 議案第94号 江南市老人福祉センター及び江南市中央コミュニティセンターに係る指定管理者の指定について  日程第10 議案第95号 江南市高齢者生きがい活動センターに係る指定管理者の指定について  日程第11 議案第96号 江南市心身障害者小規模授産施設に係る指定管理者の指定について  日程第12 議案第97号 江南市在宅障害者デイ・サービス施設に係る指定管理者の指定について  日程第13 議案第98号 江南市立学習等供用施設に係る指定管理者の指定について  日程第14 議案第99号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)  日程第15 議案第100号 令和2年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)  日程第16 議案第101号 令和2年度江南市介護保険特別会計補正予算(第2号)  日程第17 議案第102号 令和2年度江南市水道事業会計補正予算(第4号)  日程第18 議案第103号 令和2年度江南市下水道事業会計補正予算(第3号)  日程第19 議案第104号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)  日程追加 議員提出意見書案第4号 防災・減災、国土強靱化対策の継続的な推進を求める意見書(案)  日程追加 議員提出意見書案第5号 不妊治療への保険適用の拡大を求める意見書(案)---------------------------------------出席議員(21名)     1番   大薮豊数君         2番   堀  元君     3番   鈴木 貢君         4番   野下達哉君     5番   石原資泰君         6番   三輪陽子君     7番   掛布まち子君        8番   東猴史紘君     9番   尾関 昭君         10番   中野裕二君     11番   田村徳周君         12番   長尾光春君     13番   河合正猛君         14番   伊藤吉弘君     15番   宮田達男君         16番   岡本英明君     17番   稲山明敏君         18番   宮地友治君     19番   古池勝英君         20番   牧野圭佑君     21番   片山裕之---------------------------------------職務のため出席した事務局職員の職、氏名事務局長議事課長    松本朋彦君  副主幹          前田昌彦君主任           岩田智史君  書記           岩本達明君---------------------------------------説明のため出席した者の職、氏名市長           澤田和延君  教育長          村 良弘君経済環境部長       阿部一郎君  健康福祉部長       栗本浩一都市整備部長危機管理監 野田憲一君  水道部長兼        古田義幸君                    水道事業水道部長兼                    水道事業水道部水道課長企画部長         郷原実智雄君 総務部長         本多弘樹君消防長          高島勝則君  教育部長         菱田幹生こども未来部長兼     村井 篤君  高齢者生きがい課長    貝瀬隆志こども未来部保育課長福祉課長兼        倉知江理子君 保険年金課長       相京政樹君基幹相談支援センター長水道部下水道課長     伊藤達也君  秘書政策課長       平松幸夫市民サービス課長兼    向井由美子君 行政経営課長       安達則行消費生活センター所長こども政策課長      稲田 剛君     午前9時00分 開議 ○議長(野下達哉君) 皆様、おはようございます。 ただいまから本日の会議を開きます。--------------------------------------- △日程第1 会議録署名者の指名 ○議長(野下達哉君) 直ちに、議事日程の順序に従い、会議を進めます。 日程第1、会議録署名者には、会議規則第88条の規定により、議長において  2番 堀  元さん  21番 片山裕之さん を指名いたします。--------------------------------------- △日程第2 諸般の報告 ○議長(野下達哉君) 日程第2、この際、諸般の報告をいたします。 監査委員から例月出納検査の結果報告がありましたので、タブレット端末の諸般の報告のフォルダーに配信いたしました。 次に、各常任委員長から委員会審査報告書が提出されましたので、タブレット端末の委員会のフォルダーに配信いたしました。 以上で報告を終わります。--------------------------------------- △日程第3 議案第88号から △日程第19 議案第104号まで ○議長(野下達哉君) 日程第3、議案第88号 江南市下水道事業経営審議会条例の制定についてから日程第19、議案第104号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)までを一括議題といたします。 これより、各委員長から審査結果の報告を求めます。 建設産業委員長、尾関 昭さん。     〔9番 尾関 昭君 登壇〕 ◆9番(尾関昭君) 建設産業委員会に付託されました諸案件について、去る9日に委員会を開催し、審査しましたので、その経過の概要と結果について報告します。 最初に、議案第88号 江南市下水道事業経営審議会条例の制定について審査しました。 第3条各号に掲げる委員の人数の内訳はどのように考えているのかとの質疑があり、市議会議員2名、各種団体代表者4名、学識経験を有する者2名、公募に応じた者2名を予定していますとの答弁がありました。 公募委員の選考はどのように行うのかとの質疑があり、下水道に関する考え方を提示してもらい、その内容により選考を行いますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第90号 江南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について審査しました。 「特例基準割合」が「延滞金特例基準割合」に変わった理由は何かとの質疑があり、地方税法の一部改正により文言を整理する必要があったためですとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第99号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)について、各課ごと歳入歳出一括で審査しました。 最初に、経済環境部環境課について審査しました。 資源ごみ収集運搬事業について、容器包装類商品化合理化拠出金とはどのようなものかとの質疑があり、この拠出金は、容器包装リサイクル法に基づいて、財団法人日本容器包装リサイクル協会が支払うものです。プラスチック製容器包装類の再商品化にかかった費用が想定されていた額を下回った場合に、その差額の2分の1に相当する金額が市町村に配分されるものですとの答弁がありました。 プラスチック製容器包装類の売払い収入は幾らかとの質疑があり、市が収集したプラスチック製容器包装類は、中間処理業者で1次処理し、財団法人日本容器包装リサイクル協会に再商品化の処理委託をしているため、売払い収入はありませんとの答弁がありました。 江南丹羽環境管理組合調整事業について、可燃ごみの減量で江南丹羽環境管理組合負担金を削減し、それを財源に、ごみ出し困難世帯への戸別収集などを実施することを目標とするエコシティ江南行動計画があるが、今回の負担金の減額補正は、それが反映されたものかとの質疑があり、今回の補正は構成市町の令和元年度のごみ搬入量が確定したことなどによるものです。新型コロナウイルス感染症の拡大によるステイホーム、在宅勤務等の影響により可燃ごみの量は増えていますが、エコシティ江南行動計画の目標を達成できるように取り組んでいきますとの答弁がありました。 次に、農政課について審査しましたが、特段の質疑はありませんでした。 次に、都市整備部建築課について審査しました。 市営住宅維持事業の修繕料について、具体的な内容は何かとの質疑があり、入居者の退去に伴う内装等の修繕として7件分及び市営力長住宅浄化槽配電盤等の修繕を行うものですとの答弁がありました。 新型コロナウイルス感染症の影響による入居者の退去はあったのかとの質疑があり、現時点まではありませんとの答弁がありました。 次に、水道部下水道課について審査しましたが、質疑はありませんでした。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第102号 令和2年度江南市水道事業会計補正予算(第4号)について審査しました。 下水道使用料収納事務負担金3万9,000円の内容は何かとの質疑があり、スマートフォン決済を実施するために必要となる上下水道料金システム改修等委託料に係る下水道課の負担額ですとの答弁がありました。 スマートフォン決済について、どのような方法で行うのかとの質疑があり、口座引き落としではない使用者に送付される納付書のバーコードを読み取ることで、料金の支払いができます。また、LINEPay、PayPayについては、事前にクレジットカード等によりチャージする必要があり、PayBについては口座残高があることを確認しておく必要がありますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第103号 令和2年度江南市下水道事業会計補正予算(第3号)について審査しましたが、質疑もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 以上で、建設産業委員会の報告を終わります。 ○議長(野下達哉君) 厚生文教委員長伊藤吉弘さん。     〔14番 伊藤吉弘君 登壇〕 ◆14番(伊藤吉弘君) 厚生文教委員会に付託されました諸案件について、去る10日に委員会を開催し、審査しましたので、その経過の概要と結果について報告します。 最初に、議案第91号 江南市介護保険条例の一部改正について審査しましたが、特段の質疑はありませんでした。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第92号 江南市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について審査しましたが、質疑もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第93号 江南市児童扶養手当支給条例の一部改正について審査しました。 新型コロナウイルス感染症を含め、その他の災害により申請ができない場合を想定しての改正だが、適用される方が何名いるという想定かとの質疑があり、本年4月からの申請において明確な理由がなく1か月以上期間を要した方が5名いましたが、申請時において新型コロナウイルス感染症の影響により申請が遅れたとの申出はありませんでしたとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第94号 江南市老人福祉センター及び江南市中央コミュニティセンターに係る指定管理者の指定について審査しました。 協定書(案)や仕様書(案)の中で前回との変更点はあるのかとの質疑があり、施設利用料収入指定管理者の収入とする規定、市と指定管理者の修繕費に関する取扱いをより明確にする規定を新たに記載していますとの答弁がありました。 施設利用料収入を幾ら見込み、その収入は経費に充当できるのかとの質疑があり、年間で約170万円を見込み、積算した必要経費から利用料収入見込額を差し引いて指定管理料を算出していますとの答弁がありました。 指定期間が令和3年度から5年間となっているが、令和3年度、令和4年度で、更新(複合化)としている江南市公共施設配置計画との整合性はどうなっているのかとの質疑があり、現在、様々な施設との複合化の可能性を含め検討を行っており、現時点では明確な方向性が定まっていないことから5年間の指定期間としていますとの答弁がありました。 複合化の検討の遅れについて、江南市公共施設配置計画の内容に変更が生じた場合は、議会に対して説明してほしいとの要望がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第95号 江南市高齢者生きがい活動センターに係る指定管理者の指定について審査しましたが、特段の質疑はありませんでした。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第96号 江南市心身障害者小規模授産施設に係る指定管理者の指定について審査しました。 指定期間がほかの指定管理施設とは異なり、5年間から3年間へと変更となった理由は何かとの質疑があり、施設については江南市公共施設配置計画の第2期において他施設との複合化の方針が示されており、今後、施設の方向性について具体的に検討を進めていきますが、施設は特定の方が利用されており、利用者の具体的な意向確認ができることから指定期間を短くしていますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第97号 江南市在宅障害者デイ・サービス施設に係る指定管理者の指定について審査しました。 利用料金指定管理者の収入とすることについては、以前から同様の扱いかとの質疑があり、市が直接行っていた利用料金徴収事務を利用者がサービスを受ける指定管理者を窓口として行うよう変更していますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第98号 江南市立学習等供用施設に係る指定管理者の指定について審査しました。 学習等供用施設の譲渡は、地元区が地縁団体の認可を受けていないとできないと思うが、その状況はどうなっているのかとの質疑があり、既に認可を受けている地元区は5団体あるが、認可を受けていない地元区については、譲渡についての協議を進めていく中で認可を受けていただくよう説明を続けていきますとの答弁がありました。 今後の譲渡の見込みについてどのように考えているのかとの質疑があり、学習等供用施設の譲渡の趣旨などを説明し、地元区の理解を得ながら、指定期間の3年をめどに譲渡を進めていきたいと考えていますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第99号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)について、各課ごと歳入歳出一括で審査しました。 最初に、健康福祉部高齢者生きがい課について審査しましたが、特段の質疑はありませんでした。 次に、福祉課について審査しました。 特別障害者手当等支給事業について、どのような症状の障害者が増えたのかとの質疑があり、主に寝たきりなど重度の障害者が増加傾向にありますとの答弁がありました。 重度の障害者が増加した要因は何かとの質疑があり、高齢化による影響もあるかと考えますが、はっきりとした要因については把握していませんとの答弁がありました。 障害者数の増加については、その要因の把握に努めてほしいとの要望がありました。 自立支援給付事業について、事業費が大きく増加しているのは受給者が増えたためかとの質疑があり、障害者自立支援給付事業では、主に居宅介護利用回数が増加し、児童発達支援及び共同生活援助受給者数及び利用回数が増加したこと、また障害者自立支援医療給付事業では、更生医療育成医療の具体的な手術や治療の内容については把握していませんが、全体として医療費が増加したものですとの答弁がありました。 生活困窮者住居確保給付金給付事業で、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で制度上緩和された内容は何かとの質疑があり、65歳未満であった年齢要件の撤廃、離職や廃業を前提とした申請要件の緩和、求職活動に関する要件の緩和の以上3点が大きな変更点ですとの答弁がありました。 次に、保険年金課について審査しましたが、質疑はありませんでした。 次に、健康づくり課について審査しました。 休日急病診療所運営事業について、マイナンバーカードを活用したオンライン資格確認の利点は何かとの質疑があり、医療機関では窓口においてオンラインで直ちに医療保険資格確認ができ、失効した健康保険証による過誤請求の減少などが期待できます。市民にとっては、転職などで保険者が変わっても、新しい保険者が資格情報を登録することで、新たな健康保険証の発行を待たずに医療機関への受診などができますとの答弁がありました。 令和3年3月からオンライン資格確認が開始されることや、マイナンバーカードがなくても健康保険証があれば受診できることを市民にどのように周知するのかとの質疑があり、国から送付されるポスターを休日急病診療所などの公共施設に掲示し、また市ホームページなどで周知していきますとの答弁がありました。 次に、教育部生涯学習課について審査しましたが、質疑はありませんでした。 次に、学校給食課について審査しました。 南部学校給食センター屋上防水工事の期間はどれぐらいか、また調理業務に影響はないのかとの質疑があり、工事期間は令和3年1月から3月にかけての約70日間を予定しています。また、施工箇所は会議室や更衣室で、調理場は関わっていないため、調理業務には影響しませんとの答弁がありました。 次に、こども未来部こども政策課について審査しましたが、質疑はありませんでした。 次に、保育課について審査しました。 古知野北保育園空調設備改修工事は令和3年12月に完了とのことだが、令和3年度の夏はどのように対応するのかとの質疑があり、今年度と同様、必要な部屋に仮設の空調設備を設置して対応しますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第100号 令和2年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について審査しました。 国民健康保険税歳入予算が減額されているが、どのように算定したのかとの質疑があり、主たる生計維持者の令和2年中の収入が、新型コロナウイルス感染症の影響により令和元年中と比べ10分の3以上減少すると見込まれる世帯からの申請を受け、2,577万5,000円の減免を決定しましたが、このうちその時点における未収納額の2,289万2,000円を減額補正するものですとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第101号 令和2年度江南市介護保険特別会計補正予算(第2号)について審査しましたが、質疑もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第104号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)について、各課ごと歳入歳出一括で審査しました。 最初に、教育部教育課について審査しました。 学校再開支援補助金について、各学校はこの補助金を今後どのように活用していくのかとの質疑があり、現時点で各学校に確認しているところでは、消毒液、清掃用モップなどの衛生用品、サーモグラフィー熱検知器、加湿器、自動水栓、滅菌器などを購入する予定となっていますとの答弁がありました。 次に、スポーツ推進課について審査しました。 武道館空調設備整備工事の内訳はどのようなものかとの質疑があり、エアコン及び換気設備の設置をするため、建築、電気、機械等の工事を行います。また、工期は、現在、建築課と総務課において調整中ですが、令和3年2月から6月の工事完了を予定していますとの答弁がありました。 工事中は武道館の利用に制限がかかるのか、また工事の周知はどうするのかとの質疑があり、利用者への影響が大きくならないよう、例えば利用率の高い土・日・祝日や平日の夜間には利用ができるよう、関係者と協議をしていきます。また、12月下旬に行う来年度の江南市スポーツプラザ等利用調整会議において周知を図りますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 以上で、厚生文教委員会の報告を終わります。 ○議長(野下達哉君) 総務委員長掛布まち子さん。     〔7番 掛布まち子君 登壇〕 ◆7番(掛布まち子君) 総務委員会に付託されました諸案件について、去る8日に委員会を開催し、審査しましたので、その経過の概要と結果について報告します。 最初に、議案第89号 江南市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について審査しました。 コンビニ交付サービスにおいて、住民票の写しや印鑑登録証明書交付手数料は窓口での交付手数料と違いはあるのかとの質疑があり、窓口と同額を考えていますとの答弁がありました。 コンビニで交付するに当たり、印鑑登録証明書については条例の一部改正を行うとのことだが、住民票の写しについては条例を改正する必要はないのかとの質疑があり、根拠法令である住民基本台帳法等で交付について定められており、その規定に基づき実施しているため、その必要はありませんとの答弁がありました。 コンビニ交付サービスの実証事業について、スケジュールに変更はないのかとの質疑があり、令和3年2月頃より実証を開始し、4月に本稼働をする予定に変更はありませんとの答弁がありました。 市内にコンビニ交付サービスが利用できる店舗は何店舗あるのかとの質疑があり、市内のコンビニエンスストア33店舗とショッピングセンター1店舗の合計34店舗で利用できますとの答弁がありました。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第99号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)について、各課ごと歳入歳出一括で審査しました。 最初に、総務部行政経営課について審査しました。 森林環境譲与税基金の令和2年度末の見込額は幾らかとの質疑があり、森林環境譲与税の譲与額は、令和元年度が約380万円で全額基金に積み立てており、令和2年度の譲与見込額の約820万円を合計した額から今年度執行予定額を差し引きますと約930万円となる見込みですとの答弁がありました。 財政調整基金の令和2年度末の見込額は幾らかとの質疑があり、市税等の収入状況にもよりますが、約14億7,000万円を見込んでいますとの答弁がありました。 次に、税務課について審査しました。 個人賦課事業のシステム改修の内容であるRPAを導入するきっかけは何かとの質疑があり、市が所有するRPAのソフトウエアを活用し、同じシステム環境である犬山市と共同で実施することができるため、シナリオの作成など必要な改修を行うものですとの答弁がありました。 次に、収納課について審査しました。 市税過誤納還付金等及び還付加算金について、今後の支出見込額は幾らかの質疑があり、過去の還付実績などを基に推計しますと、当初予算に対し約250万円不足することから補正予算を計上するものですとの答弁がありました。 次に、企画部市民サービス課について審査しました。 マイナンバーカードの交付枚数の推移と現状はどうかとの質疑があり、令和2年10月末現在で、人口10万256人に対し交付枚数は1万9,414枚で、その交付率は19.36%です。また、11月末現在の交付枚数は2万809枚で、その1か月間の交付枚数は1,395枚ですとの答弁がありました。 マイナンバーカードの近隣市町の交付率についてはどうかとの質疑があり、近隣市町の交付率については持ち合わせていませんが、10月末現在の県内市町村の平均交付率が20.4%で、県平均と比べて江南市は1%ほど低い状況であり、県内54市町村中、江南市は28位ですとの答弁がありました。 江南市としてマイナンバーカードの交付枚数をどのように増やしていく予定でいるのかとの質疑があり、国が12月下旬より未申請者に対し、QRコードつきの交付申請書を郵送する予定でいることや、今年度内に実証開始を予定しているコンビニ交付サービスについての周知を行い、カードの取得促進を図っていきますとの答弁がありました。 会計年度任用職員の増員は何人で、どのような雇用を予定しているのかとの質疑があり、マイナンバーカードの交付に従事する会計年度任用職員は、1日当たり3人体制から5人体制に増員し、増員する2人工に対して4人の雇用を予定していますとの答弁がありました。 マイナンバーカードの交付枚数が増加する要因の一つとして健康保険証との一体化があるが、その登録手続により市役所を来庁される人が増加するため、会計年度任用職員を増員するのかとの質疑があり、マイナンバーカードの交付の円滑化を図るための増員ですとの答弁がありました。 次に、消防本部消防総務課について審査しましたが、質疑はありませんでした。 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 続いて、議案第104号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)について審査しましたが、質疑もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決しました。 以上で、総務委員会の報告を終わります。 ○議長(野下達哉君) 以上で委員長報告を終わります。                               令和2年12月9日 江南市議会議長  野下達哉様                               建設産業委員長                                   尾関 昭            建設産業委員会審査報告書 本委員会に付託された事件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                 記区分件名結果議案第88号江南市下水道事業経営審議会条例の制定について原案可決議案第90号江南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について原案可決議案第99号令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)  第1条 歳入歳出予算の補正のうち   経済環境部  の所管に属する歳入歳出   都市整備部   水道部
     の所管に属する歳出原案可決議案第102号令和2年度江南市水道事業会計補正予算(第4号)原案可決議案第103号令和2年度江南市下水道事業会計補正予算(第3号)原案可決                               令和2年12月10日 江南市議会議長  野下達哉様                               厚生文教委員長                                   伊藤吉弘            厚生文教委員会審査報告書 本委員会に付託された事件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                 記区分件名結果議案第91号江南市介護保険条例の一部改正について原案可決議案第92号江南市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について原案可決議案第93号江南市児童扶養手当支給条例の一部改正について原案可決議案第94号江南市老人福祉センター及び江南市中央コミュニティセンターに係る指定管理者の指定について原案可決議案第95号江南市高齢者生きがい活動センターに係る指定管理者の指定について原案可決議案第96号江南市心身障害者小規模授産施設に係る指定管理者の指定について原案可決議案第97号江南市在宅障害者デイ・サービス施設に係る指定管理者の指定について原案可決議案第98号江南市立学習等供用施設に係る指定管理者の指定について原案可決議案第99号令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)  第1条 歳入歳出予算の補正のうち   健康福祉部   教育部  の所管に属する歳入歳出   こども未来部  の所管に属する歳出  第2条 繰越明許費  第3条 債務負担行為の補正原案可決議案第100号令和2年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)原案可決議案第101号令和2年度江南市介護保険特別会計補正予算(第2号)原案可決議案第104号令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)  第1条 歳入歳出予算の補正のうち   教育部  の所管に属する歳入歳出  第2条 繰越明許費の補正  第3条 地方債の補正原案可決                               令和2年12月8日 江南市議会議長  野下達哉様                               総務委員長                                  掛布まち子            総務委員会審査報告書 本委員会に付託された事件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第110条の規定により報告します。                 記区分件名結果議案第89号江南市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正について原案可決議案第99号令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)  第1条 歳入歳出予算の補正のうち   企画部   総務部   消防本部  の所管に属する歳入歳出原案可決議案第104号令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)  第1条 歳入歳出予算の補正のうち   総務部  の所管に属する歳入原案可決 ○議長(野下達哉君) ただいまから各委員長の報告に対する質疑に入ります。 質疑はありませんか。     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 質疑もないようですので、これをもって委員長報告に対する質疑を終結いたします。 これより各議案の採決に入ります。 暫時休憩いたします。     午前9時29分 休憩---------------------------------------     午前10時48分 開議 ○議長(野下達哉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 日程第3、議案第88号 江南市下水道事業経営審議会条例の制定について、これより討論に入ります。 反対者の討論を許します。     〔挙手する者あり〕 ○議長(野下達哉君) 掛布まち子さん。     〔7番 掛布まち子君 登壇〕 ◆7番(掛布まち子君) 議案第88号 江南市下水道事業経営審議会条例の制定について、日本共産党議員団を代表し、反対の立場で討論を行います。 反対理由1点目は、あまりにも審議会開催回数が少な過ぎ、十分な審議ができるとは考えられず、形だけになるおそれがあるためです。予定スケジュール案では、来年度に2回、再来年度に1回の3回のみとなっています。3回の審議で、下水道使用料見直しの諮問を受け、パブリックコメント案を決め、使用料の改定案を答申するところまで想定しております。さらに、来年3月末に正式策定となります下水道経営戦略の中身を大前提とする審議会です。このような勇み足のような設置でよいのでしょうか。もっと審議会の運営は慎重に進めるべきではないでしょうか。 反対理由の2点目は、下水道使用料の早期改定に前のめりになっており、早期改定の必要性についてもっと多方面から、特にコロナ禍で市民生活支援が強く求められる折でもありますので、慎重に議論する必要があるからです。 江南市は下水道整備に取りかかるのが他市町に比べて大変遅く、市街化区域の整備が終わっていません。市街化区域の整備完了は、見直し後で令和6年度となっています。下水道整備済み地区で下水道に接続していない家も多く残されており、水洗化率は令和元年度で僅か69.1%と低い現状です。このような中、令和5年4月から下水道使用料改定を想定していますが、下水道接続へのブレーキがかかる懸念が大いにあると思います。 また、最終的には市民の約5割強が下水道ではなく合併浄化槽での汚水・排水処理となる計画です。下水道よりも負担が重い合併浄化槽処理の市民世帯に対する負担軽減措置が、負担の公平性の観点から進められる予定となっています。環境課が進めるこの政策との整合性をしっかり取りながら、下水道料金の今後の在り方を検討し直す必要があるのではないでしょうか。 この点からも、経営戦略を大前提とし、使用料の早期改定ありきで進める審議会ではなく、慎重に議論をし直す審議会とするよう求めて、反対討論とします。     (拍手) ○議長(野下達哉君) 賛成者の討論を許します。     〔挙手する者あり〕 ○議長(野下達哉君) 長尾光春さん。     〔12番 長尾光春君 登壇〕 ◆12番(長尾光春君) 議案第88号 江南市下水道事業経営審議会条例の制定につきまして、江政クラブ、江南クラブ、公明党市議団を代表して、賛成の立場から意見を述べさせていただきます。 下水道事業は、令和2年度から公営企業会計に移行し、より一層の効率的かつ円滑な経営が求められております。また、現在の経営状況としては、企業債や一般会計繰入金に依存しており、資金的には余裕がない状況であることから、持続的な下水道事業の経営を実現するためには、財政状況の改善が急務であると考えております。 公営企業の経営に当たっては、総務省からの通知で、専門家などの知見の活用、地域住民等が参加した上での評価等の必要性が示されていることから、下水道事業の経営に関し、必要な事項について、学識経験者、公募市民等幅広い方に意見を求めることが必要であると考えております。 また、議案書169ページ、江南市下水道事業経営審議会条例(案)にあるとおり、地方自治法第138条の4第3項の規定に基づいたものであります。反対するのであれば、対案の提示をしっかりとしていただきたい。ただやみくもに反対するのはいかがなものであるかと考えております。 この審議会の中で、下水道使用料の改定の必要性をしっかりと審議していただき、近隣市町とのバランス、また新型コロナウイルス感染症の状況等、市民生活への影響も考慮しながら検討していただき、市民の皆様にしっかりと説明していただくことを要望いたしまして、私から江南市下水道事業経営審議会条例の制定についてに対する賛成の討論とさせていただきます。ありがとうございます。     (拍手) ○議長(野下達哉君) ほかに討論はありませんか。     〔「ありません」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 以上で討論を終結いたします。 本案を起立により採決いたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕 ○議長(野下達哉君) 御着席ください。 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第4、議案第89号 江南市印鑑の登録及び証明に関する条例の一部改正についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第5、議案第90号 江南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第6、議案第91号 江南市介護保険条例の一部改正についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第7、議案第92号 江南市後期高齢者医療に関する条例の一部改正についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第8、議案第93号 江南市児童扶養手当支給条例の一部改正についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第9、議案第94号 江南市老人福祉センター及び江南市中央コミュニティセンターに係る指定管理者の指定についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第10、議案第95号 江南市高齢者生きがい活動センターに係る指定管理者の指定についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第11、議案第96号 江南市心身障害者小規模授産施設に係る指定管理者の指定についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第12、議案第97号 江南市在宅障害者デイ・サービス施設に係る指定管理者の指定についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第13、議案第98号 江南市立学習等供用施設に係る指定管理者の指定についてを採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第14、議案第99号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第11号)を採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第15、議案第100号 令和2年度江南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第16、議案第101号 令和2年度江南市介護保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第17、議案第102号 令和2年度江南市水道事業会計補正予算(第4号)を採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第18、議案第103号 令和2年度江南市下水道事業会計補正予算(第3号)を採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。 日程第19、議案第104号 令和2年度江南市一般会計補正予算(第12号)を採決いたします。 お諮りいたします。 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程追加 議員提出意見書案第4号 防災・減災、国土強靱化対策の継続的な推進を求める意見書(案) ○議長(野下達哉君) 河合正猛さんはじめ5名から、令和2年議員提出意見書案第4号 防災・減災、国土強靱化対策の継続的な推進を求める意見書(案)の提出がありました。 お諮りいたします。 本案を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案を日程に追加し、議題とすることに決しました。 本案を議題といたします。 本意見書(案)を朗読させます。 ◎事務局長兼議事課長松本朋彦君) 防災・減災、国土強靱化対策の継続的な推進を求める意見書(案) 近年、全国各地では風水害や地震をはじめとする自然災害が頻繁化・激甚化しており、市民の生命・財産を守る防災・減災、国土強靱化は一層その重要性が増している。 国においては、「経済財政運営と改革の基本方針2020」において、令和2年度までの「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」を集中的に実施するとともに、その実施状況を踏まえ、国土強靱化の取組の加速化・深化を図るとしている。 本市においても、強靱な地域づくりのため、「江南市地域強靱化計画」の策定を進めているところであるが、発生が危惧される南海トラフ地震をはじめ、大規模な自然災害から市民の生命・財産を守るためには、十分な財源を確保し計画的に社会資本整備などを推進することが極めて重要である。 よって、国においては、防災・減災、国土強靱化の継続的な推進を図るため、下記の事項を確実に実現されるよう強く要望する。                 記 1.国土強靱化地域計画に基づく取組を確実かつ継続的に進めるため、「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」終了後も、同様の予算・財源を安定的に確保すること。 2.道路・上下水道などの重要な社会資本の維持管理・長寿命化について、一層の補助採択基準の緩和や補助率の引上げなど国庫補助制度の拡充を図るとともに、地方財政措置の拡充を図ること。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 令和2年12月16日                              江南市議会 提出先  衆議院議長  参議院議長  内閣総理大臣  内閣官房長官  財務大臣  総務大臣  国土交通大臣  国土強靱化担当大臣・内閣府特命担当大臣(防災) ○議長(野下達哉君) 以上で朗読を終わります。 お諮りいたします。 本意見書案のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。---------------------------------------日程追加 議員提出意見書案第5号 不妊治療への保険適用の拡大を求める意見書(案) ○議長(野下達哉君) 河合正猛さんはじめ5名から、令和2年議員提出意見書案第5号 不妊治療への保険適用の拡大を求める意見書(案)の提出がありました。 お諮りいたします。 本案を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本案を日程に追加し、議題とすることに決しました。 本案を議題といたします。 本意見書(案)を朗読させます。 ◎事務局長兼議事課長松本朋彦君) 不妊治療への保険適用の拡大を求める意見書(案) 日本産科婦人科学会のまとめによると、平成30年に不妊治療の一つである体外受精で生まれた子供は5万6,979人となり、前年に続いて過去最高を更新したことが分かった。これは実に16人に1人が体外受精で生まれたことになる。また晩婚化などで妊娠を考える年齢が上がり、不妊に悩む人々が増えていることから、治療件数も45万4,893件と過去最高となった。 国においては平成16年度から、年1回10万円を限度に助成を行う「特定不妊治療費助成事業」が創設され、その後も助成額や所得制限などを段階的に拡充してきている。また、不妊治療への保険適用もなされてきたが、その範囲は不妊の原因調査など一部に限られている。保険適用外の体外受精や顕微授精は、1回当たり数十万円の費用がかかり何度も繰り返すことが多いため、不妊治療を行う人々にとっては過重な経済負担になっている場合が多い。 厚生労働省は、不妊治療の実施件数や費用などの実態調査を10月から始めているが、保険適用の拡大及び所得制限の撤廃も含めた助成制度の拡充は、早急に解決しなければならない喫緊の課題である。 よって、政府においては、不妊治療を行う人々が、今後も安心して治療に取り組むことができるよう、下記の事項について早急に取り組むことを強く求める。                 記 1.不妊治療は一人一人に最適な形で実施することが重要であるため、不妊治療保険適用の拡大に当たっては、治療を受ける人の選択肢を狭めることがないよう十分配慮すること。具体的には、現在、助成対象となっていない「人工授精」をはじめ特定不妊治療である「体外受精」や「顕微授精」さらには「男性に対する治療」についてもその対象として検討すること。 2.不妊治療保険適用の拡大が実施されるまでの間については、その整合性も考慮しながら、所得制限の撤廃や回数制限の緩和など既存の助成制度の拡充を行うことにより、幅広い世帯を対象とした経済的負担の軽減を図ること。 3.不妊治療休暇など不妊治療と仕事の両立できる環境をさらに整備するとともに、相談やカウンセリングなど不妊治療に関する相談体制の拡充を図ること。 4.不育症の治療への保険適用や、事実婚への不妊治療保険適用、助成についても検討すること。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 令和2年12月16日                              江南市議会 提出先  内閣総理大臣  厚生労働大臣 ○議長(野下達哉君) 以上で朗読を終わります。 お諮りいたします。 本意見書案のとおり決することに御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(野下達哉君) 御異議なしと認めます。よって、本意見書案は原案のとおり可決されました。--------------------------------------- ○議長(野下達哉君) 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。 ここに12月定例会に付議されました案件は全部議了いたしました。 閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。 今期定例会は、11月26日の開会以来、本日までの21日間にわたり、議員の皆様には何かと御多用なところ、終始御熱心に御審議をいただき、全ての案件に対し適切な議決をされまして無事閉会できますことを心から御礼申し上げます。 市当局におかれましては、今期中、議員の皆様から述べられました御意見を十分に尊重されまして、市政の運営に一層の御尽力をいただきますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、閉会の御挨拶といたします。     〔市長 澤田和延君 登壇〕 ◎市長(澤田和延君) 閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。 去る11月26日に開会されました12月定例会におきましては、提案いたしました重要案件につきまして慎重に御審議を賜り、いずれも原案のとおり御議決をいただき、誠にありがとうございました。心から厚く御礼を申し上げます。 なお、本会議並びに委員会におきまして議員の皆様方から種々賜りました御意見等に対しましては、十分これを尊重し、対処してまいりたいと存じます。 まだ新型コロナウイルス感染症の拡大が止まっておりません。年末年始、議員の皆さん方も外出する機会が多いかと思いますけれども、十分お気をつけいただきたいと思います。 議員の皆様方におかれましては、今後とも十分御自愛をいただきまして、市民福祉の向上と市政進展のため、なお一層の御高配と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。大変ありがとうございました。 ○議長(野下達哉君) これをもちまして令和2年江南市議会12月定例会を閉会いたします。     午前11時13分 閉会   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。           江南市議会議長    野下達哉           江南市議会議員    堀  元           江南市議会議員    片山裕之...